FC2ブログ
『陰の季節』
- 2010/02/13(Sat) -
横山秀夫 『陰の季節』(文春文庫)、読了。

これは面白かったです。
以前読んだ『動機』よりも、はるかにドキドキしながら読みました。

県警の管理部門で出世を目指す人間たちの生き方、モノの考え方、
そのあたりが非常に丁寧に描かれていて、興味深かったです。

会社の管理部門となんら変わらない。
人事部長がお酒を飲みながらこそっと話をしてくれる
過去の人事のゴタゴタ話とおんなじなんです。

標題作「陰の季節」は、
犯人と被害者の父とをつなぐ線が弱いというか、
あまりに偶然に頼った設定だったので、
真相の重みが少し薄れてしまったように感じましたが、
警察OBの天下りという事象を考えるには、面白い事件でした。

他の作品は、「仲間に仕掛けられた罠」というものの恐ろしさを
存分に感じられるものばかりでした。


陰の季節 (文春文庫)
陰の季節 (文春文庫)
おすすめ平均
stars著者の技術の向上が垣間見える本
stars長編小説並の密度の濃さ、内容の深さを持った短編の書き手、横山秀雄の代表作の一つ
starsD県警の管理部門を主役に立てた4篇の短編集
stars素晴らしいです。
starsリアリティに共感した

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動機 (文春文庫)
動機 (文春文庫)
おすすめ平均
stars素敵な描写
starsどの短編もクオリティが高く、それぞれに苦悩する人間(主人公)が描かれています。
starsテレビドラマも必見!
stars短編作家横山秀夫の名人芸
starsクライマーズ・ハイの著者

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  横山秀夫 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<僕のらくご道 | メイン | RT&S革>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1832-7a493403
-「陰の季節」 横山秀夫-
「陰の季節」 横山秀夫 お薦め度:☆☆☆☆ 2006年3月24日 讀了 …
2010/05/05 18:43  仙丈亭日乘 ▲ top

| メイン |