FC2ブログ
『バッテリーⅤ』
- 2010/02/06(Sat) -
あさのあつこ 『バッテリーⅤ』(角川文庫)、読了。

Ⅳ巻は敗戦をひきずった重い内容でしたが、
Ⅴ巻では再試合に向けて前向きなところが出てきたので、
読んでいてしんどいと思うところは少なくなりました。

が、バッテリーの関係が完全修復されたわけでもなく、
どこかチグハグな感じが残っています。

これは、巧が、キャッチャーではなく、豪という人間のことを考え始めたから。
ものすごい内面の変化だと思います。

そして、その豪はというと、
自分の軸をブラさないだけの強さを備えて、
本当に信頼できる男に育っているなと、頼もしいです。

特に、巧に説教するシーン。
ものすごく納得。

吉貞、東谷、沢口といった仲間や、
海音寺という包容力のある先輩、横手二中の面々に囲まれ、
2人の変化していくさまが良く描かれています。

端垣のキャラクターが、少し暴走させすぎかなと思う面もありましたが、
おかげで次の試合の楽しみが膨らみました。


バッテリー〈5〉 (角川文庫)
バッテリー〈5〉 (角川文庫)
おすすめ平均
stars読ませる力はあるが
stars児童文学ならそれらしくあってほしい
stars巻末の横手2中のバッテリーの物語がいい
stars個人的にすごく好き
stars瑞垣の本音

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『本田式サバイバル・キャリア術』 | メイン | 『五十四万石の嘘』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1814-620cc362
| メイン |