FC2ブログ
浅草演芸ホール 1月下席 昼~夜の部
- 2010/01/30(Sat) -
お久しぶりになってしまった落語です。
昼の部の仲入りから出かけてきました。

いきなりお目当ての橘家文左衛門師匠で「手紙無筆」。
これまで見た文左衛門師匠の中では、一番あっさりしていたような。
いつもの力技的な豪快さがちょっと足りない印象でした。

続いては曲芸の翁家和楽社中。

柳亭左龍師匠は、「家見舞い」。
美味しそうにご飯を食べるんだなぁ。
表情の豊かさに笑わせてもらいました。

三遊亭歌司師匠は、ダジャレを織り交ぜた小噺連発。
ところどころ他の噺家さんの裏話も織り交ぜながら。
ドカンドカンと気持ちよく笑えました。

続いて、粋曲の柳家小菊師匠。

昼の部の主任は五街道雲助師匠でした。
「妾馬」は、三太夫と八五郎のやりとりが笑えますね。
そして、ポーンと入ってくるお殿様のふんわりツッコミ(笑)。

夜の部は、前座の林家まめ平さん。
ちょっと慌てた感じが伝わってきて、忙しなかったです。

そして本日のお目当て2人目の柳亭こみちさん。
火曜会で見てから気にいなっている噺家さんです。
今回は、新作落語「都都逸親子」。
お色気のある都都逸を繰り出す小学生に爆笑。会場も良く笑ってました。

古今亭菊志ん師匠は、ネタのタイトルがわかりません。
太平記をどもりながら読む噺でしたが、「手紙無筆」とちょっと被ってましたね。
でも、お客さんをいじって、盛り返してました。

ギター漫談は結城たかしさん。

桂藤兵衛師匠は「時そば」。
この有名な噺を初めて聞きましたが、そばを食べる描写が本当に上手い!

川柳川柳師匠は、いつもの「ガーコン」。
今まで聞いた中で一番盛り上がってたかな。
80歳間近であの毒々しさは笑えますね。100歳まで生きそうです。

漫才はホームラン。
見たことあるつもりでいたら、お初でした(苦笑)。貧しい記憶力。
勢い良い漫才で爆笑。

桂南喬師匠は「けいこ屋」。
モテる男の十カ条、たしかに、世間的にはこの10個かなぁ。

今日は、ここで疲れたので、失礼させてもらいました。


関連記事
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<SMA2&RT | メイン | S革&Q>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1801-cf4440a7
| メイン |