FC2ブログ
『風味絶佳』
- 2009/12/29(Tue) -
山田詠美 『風味絶佳』(文春文庫)、読了。

気がつけば、Amy作品から1年半も離れてしまっていました。
何の意図もなかったのですが。

で、復帰作は『風味絶佳』。
この本は、結構前から探していて、やっと100円で見つけられたのでした。

が、ちょっと期待が大きすぎたのでしょうか?
収録作6作品で、自分に合うもの、合わないものの振れ幅が大きかったです。

「アトリエ」や「春眠」に出てくる女の子は、苦手でした。
一線を大きくまたは小さく超えちゃっているところに、
読んでいて、痛い感じがしてしまいます。

一方、表題作の「風味絶佳」は面白かったです。
グランマが素敵です。
そして乃里子の人生の選び方にも、なんだか感嘆してしまいました。
普通なら、ああいうのを選んでしまうことには反対なのですが。

あと、「夕餉」が思いのほか面白かったです。
ここに登場する女性も、普通の感覚からはちょっとずれているのですが、
ずれていることを当人がちゃんと自覚しているので、
安心して読めるんですよね。

突き抜けて面白いとまではいかなかったのですが、
久々にAmyも良いですね。


風味絶佳 (文春文庫)
風味絶佳 (文春文庫)
おすすめ平均
stars滋養豊富。風味絶佳。
stars舐めつくしたい
stars陳腐な男女の物語
starsエゴの魅力
stars読ませるが、狙いすぎ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  山田詠美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『となり町戦争』 | メイン | 『築地魚河岸三代目』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1754-eec84076
| メイン |