fc2ブログ
『寝ぼけ署長』
- 2009/12/23(Wed) -
山本周五郎 『寝ぼけ署長』(新潮文庫)、読了。

この作家さんの作品はお初です。
この作品から入るのは邪道のような気もしますが、
たまたま100円で見つけたので買ってみました。

というわけで、作家さんに強い思い入れも思い込みもない状態で読んだのですが、
あまり自分には刺さりませんでした。

探偵小説というには犯人探しのドキドキ感がいまいちですし、
署長のケリのつけ方が、今の感覚からすると
ちょっとアンバランスに感じてしまうからでしょうか。

ただ、たぶん、一番の原因は、
自分が時代背景をよくつかめなかったからでしょう。
戦後、少し経ったあたりだと思うのですが、
地方都市の様子や、物価の感覚なんかの実感が湧きませんでした。

自分の知識不足のせいかな。


寝ぼけ署長 (新潮文庫)
寝ぼけ署長 (新潮文庫)
おすすめ平均
stars現代物でも探偵物でも気にするな
stars現代風周五郎
stars周五郎が描く現代小説の傑作
stars人情ミステリ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  山本周五郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『モンテーニュ通りのカフェ』 | メイン | 年の瀬に・・・>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1744-da0d35eb
| メイン |