FC2ブログ
『六番目の小夜子』
- 2009/12/11(Fri) -
恩田陸 『六番目の小夜子』(新潮文庫)、読了。

これは面白かったです。

「サヨコ伝説」の設定が秀逸。
そして、地方の進学校という舞台設定も、
インテリの排他性による伝説継承という物語の下地をリアルにしていて
納得性が高かったです。

かなりホラーな感じで中盤は進んでいくのですが、
意外な爽やかさでエンディングとなったので、びっくり。

でも、伝説って、みんなが信じるからこそ出来上がる世界観というか、
集団心理の賜物のようなところがありますよね。

作中劇での集団心理の描写は凄く怖かったです。

でも、こういうのが、青春時代の一番の思い出になるんでしょうね。

あと、恩田さんの文章は自分に合わなくて、いつも読みづらさを感じてしまうのですが、
本作では物語が動き始めたら、気にせず読めるようになりました。
「春の章」の勿体ぶりな感じの文章は、相変わらず苦手だったのですが・・・。


六番目の小夜子 (新潮文庫)
六番目の小夜子 (新潮文庫)
おすすめ平均
starsたくさんの引き出し
stars雰囲気は良し
stars最後になって現実世界に強引に引き戻された
stars夢見心地になれる一作
stars描写力はさすが。物語としては?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  恩田陸 | CM(2) | TB(4) | ▲ top
<<『世界の終り、あるいは始まり』 | メイン | 『天下り酒場』>>
コメント
--
こんにちは。
TBさせていただきました。
恩田陸さん、ごぶさたしていますね。
私も彼女に苦手意識をもっていたんですが、時間もたったことだし、何か読んでみようかな、という気になりました。
2010/01/17 14:51  | URL | 時折 #-[ 編集] |  ▲ top

--
時折さま

CM&TBありがとうございます。

恩田さんの文章は、時々、読んでいて前後がわからなくなってしまうことがあって、
どうにも苦手意識を持っているのですが、
こういう面白い作品に出会ってしまうと、
「やっぱり、いろいろ挑戦したほうが良いかなぁ」などと感じてしまいます。
2010/01/17 15:44  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1725-deecaf62
-六番目の小夜子 恩田陸-
津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。 高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。 三年に... …
2009/12/19 01:22  粋な提案 ▲ top

-恩田陸『六番目の小夜子』-
六番目の小夜子 (新潮文庫)著者:恩田 陸販売元:新潮社発売日:2001-01おすすめ度:クチコミを見る 伝説のデビュー作、とか。 内容(「BOOK」データベースより) 津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲー... …
2010/01/17 14:49  時折書房 ▲ top

-「六番目の小夜子」 恩田陸-
ミステリーといふ縱絲を通した、質の良い青春小説 …
2010/05/05 18:42  仙丈亭日乘 ▲ top

-六番目の小夜子-
著者:恩田 陸 出版社:新潮文庫 紹介文: livedoorさんでYouTubeの動画が使えるようになったらしく、いろいろ遊んでいるうちに「六番目の小夜子」の動画を見つけました。2000年頃、NHKでテレビドラマ化されていたようですね。 恩田さんの初読みは「三月は深き紅の淵を …
2010/05/07 23:39  どくしょ。るーむ。 ▲ top

| メイン |