FC2ブログ
『覇王の家』
- 2009/11/27(Fri) -
司馬遼太郎 『覇王の家』(新潮文庫)、読了。

徳川家康の生涯を描いた長編大作。
これは、読み応えがありました。

信長や秀吉といった武将に比べて華やかさに欠ける家康ですが、
そのルーツを「三河ぶり」に求め、
家康を筆頭とする三河武士の心の在り様を描いています。

家臣一人一人まで丹念に描写し、
「人に恵まれた三河殿」の様子がよくわかりました。

しかし、それは三河の心根の問題だけではなく、
三河ぶりをいかに徳川家康が上手に使いこなしたかという
人心掌握術の表れだと思います。

その人心掌握術も、秀吉との対比が興味深く、
これらの傑物が多数出てきた戦国の世の面白さを堪能できました。

また、信長や秀吉の存命時は、彼らのほうの目線で歴史をとらえがちで、
家康目線で戦国の世を眺めた歴史というものは
本作で初めて触れたように思います。

そのため、意外と、徳川家康という人物を知らなかったのだと
思い知らされました。

そして、家康の天下取りの大一番と考えがちな
関ヶ原の戦い~大阪の陣をバッサリと切り落とした構成は非常に斬新でしたが、
三河ぶりを描くには、長久手の戦いまでで十分なのかもしれませんね。
ここを蛇足とみなす思い切りのよさにも感嘆しました。


覇王の家〈上〉 (新潮文庫)
覇王の家〈上〉 (新潮文庫)
おすすめ平均
stars司馬史観の原点・・・・。
stars「関ヶ原」「城塞」の後に。
stars小説というより
stars日本人に多大な影響を残した家康の生涯。
stars本当にタフな男

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

覇王の家〈下〉 (新潮文庫)
覇王の家〈下〉 (新潮文庫)
おすすめ平均
stars家康
stars三河という家
stars問題の多い作品
stars徳川家康の最期
stars家康と現代日本人

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  司馬遼太郎 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『ブレードランナー』 | メイン | 『最後に恋に勝つルール』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1704-3b29f150
-『覇王の家』-
覇王の家〈上〉 (新潮文庫)司馬 遼太郎 by G-Tools 司馬遼太郎。 徳川家康の生涯を通して三河人の気質に触れている。 家康が天下を取り、... …
2010/08/20 19:41  月の歴史講座 ▲ top

| メイン |