FC2ブログ
『たそがれ清兵衛』
- 2009/11/18(Wed) -
藤沢周平 『たそがれ清兵衛』(新潮文庫)、読了。

表題作は大ヒット映画になりましたが、
原作は短編だったのですね。

本作は、他にも「うらなり与右衛門」「ごますり甚内」など
8人の武士のお話が収録されています。

いずれも、傾きかけた藩で整斉と日々のお役目を勤めている
静かな武士たちが主人公です。

ややもすれば他人から嘲りの対象となるような渾名をつけられ、
それでも黙々と仕事をしているのに、
ある日突然厄介事に巻き込まれ、敵陣に攻め込まれると
知る人ぞ知る剣術で難所を切り抜ける・・・・・。

一つの作品としては面白いのですが、
8作揃うとワンパターンで飽きてしまいますね。

一人ぐらいは、語学の能力でどんでん返しとか、
そういう変化球があっても良かったかなと思います。

「かが泣き半平」が、ストーリー、殺陣の描写とも
面白かったと思います。


たそがれ清兵衛 (新潮文庫)
たそがれ清兵衛 (新潮文庫)
おすすめ平均
starsこんなふうに、強く優しくそして精一杯の人生を送ってみたい
stars藤沢さんらしい1冊
stars胸を打たれる時代小説短編集
stars人の生き様、人生とは…
stars若い人でも読んで楽しめる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

たそがれ清兵衛 [DVD]
たそがれ清兵衛 [DVD]山田洋次

おすすめ平均
stars岸恵子のナレーション必要なし!
stars武士道とは
stars名作
stars良かった〜
starsいい映画です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  藤沢周平 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<TOEIC結果発表 | メイン | 『スリー・キングス』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1693-760bef89
| メイン |