FC2ブログ
『螢・納屋を焼く・その他の短編』
- 2009/09/27(Sun) -
村上春樹 『螢・納屋を焼く・その他の短編』(新潮文庫)、読了。

村上春樹の短編というものを、実は、今まで読んだことがありませんでした。
「蛍」「納屋を焼く」「踊る小人」「めくらやなぎと眠る女」ともに面白かったです。

特に、主人公の男が、出会った女の子との間に保っている距離感が
なんとも言い表しにくい、心地よさというか、安定感というか、
とにかく読み手を誘うような感覚を持っていて、
面白く読めました。

「三つのドイツ幻想」まで空想的なところへ行ってしまうと、
ちょっと私には苦手でした。


螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)
螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)
おすすめ平均
stars蛍しか読んでないですけど
stars私小説の終わりと、その後のワン・ディケイド。更に、それから。
starsやはり納屋を焼くが良い!
stars納屋を焼くがいい
starsこれもいいですよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  村上春樹 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『かけひきは、恋のはじまり』 | メイン | 『57人の死刑囚』>>
コメント
-ありがとうございます。-
初めまして。
どうも、私の拙い文章の記事にTBして頂きありがとうございます。
TBして頂いたお蔭で、こうして他の方の本の感想を読むことができ、嬉しかったです。
2011/07/24 17:40  | URL | nudibranch #-[ 編集] |  ▲ top

--
nudibranchさま

CMありがとうございます。
わたくしの方も、自由気ままに思ったことを書き連ねているだけなので、大層なことないのですが、お越しいただきありがとうございました。
2011/07/24 20:51  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1612-104d5c69
| メイン |