FC2ブログ
『かそけき音の』
- 2005/08/18(Thu) -
藤堂志津子 『かそけき音の』(集英社文庫)、読了。

前回のお堅い小松左京作品の反動。

この作家の作品は初めて読んだ。

暖かみの薄い話が多かったが、
女性の頭の中がしっかりと描かれているため、
さほど悲しい気持ちにはならなかった。

直木賞受賞作を読んでみようかな。

かそけき音の
かそけき音の藤堂 志津子

集英社 1992-11
売り上げランキング : 492,017

おすすめ平均 star
starたった数十ページの説得力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  藤堂志津子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『にぎやかな未来』 | メイン | 『空から堕ちてきた歴史』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/16-189c0631
| メイン |