fc2ブログ
『犯人に告ぐ』
- 2009/09/12(Sat) -
雫井脩介 『犯人に告ぐ』(双葉文庫)、読了。

上下巻2冊を2日でイッキ読み!
仕事が詰まってた週だったのに、夜中3時まで読んでました。
それぐらい、次の展開が知りたくて仕方がなくなる小説です。
何よりもテンポがよく、そのテンポの中で登場人物たちが生きているんです。

次々と起こる事件の動きの中で、
主人公・巻島の判断力や行動力が、吉と出るか凶と出るか。
読んでいてハラハラします。

ただ、途中でページを割いていた
植草-未央子のラインの展開は要らなかったんじゃないか?と思いました。
なんだか、そこだけ締りがない話になって、読み心地が悪かったです。

犯人探しという点でも、
捜査の進み方や犯人への迫り方に納得性があって、
後半1/4は、特に読み止めることができませんでした。

ちょっと犯人の印象が弱いかなという思いもしましたが、
エンディングは見事に決めてくれたと思います。

大満足の作品でした。


犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)
犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫)
おすすめ平均
stars確かに面白いが・・・
stars人物の書き込み加減が絶妙
stars犯人の描き方が中途半端で魅力が感じられない
stars劇場型捜査は拍子抜け?
starsおもしろかったです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫)
犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫)
おすすめ平均
starsおすすめ
stars劇的なストーリーに魅せられる
starsどこがおもしろい?
stars読みやすかったです
stars私に告ぐ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  雫井脩介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『たみおのしあわせ』 | メイン | 『幸せの1ページ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1587-958ed7b5
| メイン |