FC2ブログ
『転生』
- 2009/09/03(Thu) -
貫井徳郎 『転生』(幻冬舎文庫)、読了。

これは一気読みでした。

「心臓移植手術を受けた患者に、心臓提供者の記憶が移る」という
言ってしまえば荒唐無稽というか、オカルト的な要素を
思いの外上手く扱っているように感じました。
なんとか現実と折り合いを付けているというか。

「移った記憶」の部分をむやみに広げなかったのが良かったのかなと思うのと、
やはり登場人物たちの魅力で読ませたということでしょうか。

主人公はさほど特徴的でもないのですが(苦笑)、
その母親、親友の如月、隣人の雅明、夢に出てきた恵梨子・・・・・・
みんな会話が上手いんですよね。
彼らに乗せられて、サクサク読めました。

また、ことの真相についても、
突飛な事件性の高いものに仕上げるのではなく、
「心臓移植」というテーマにふさわしい「悪」だったという印象です。
真相に落ち着きがあったと言いましょうか、大人びた真相だったと言いましょうか。

おもしろい作品でした。


転生 (幻冬舎文庫)
転生 (幻冬舎文庫)
おすすめ平均
stars「こころ」はどこに在るの?
starsさわやかな読後感。
starsミステリー?
stars読後感が良すぎ
stars似ている・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  貫井徳郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Pavilionが起きてくれない・・・・ | メイン | 『知性の磨きかた』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1579-2e2f5aae
| メイン |