『どんどん橋、落ちた』
- 2009/08/22(Sat) -
綾辻行人 『どんどん橋、落ちた』(講談社文庫)、読了。

2年ぶりとなった綾辻作品。
これまで「館シリーズ」しか読んだことが無かったのですが、
本作は短編集です。
しかも、綾辻先生ご本人が探偵役として登場するという異色もの。

かなりユーモア寄りの作りになっているので、気軽に楽しめました。

作者自身は、「本格ミステリ」への偏見の目や自分に対する批評への
回答というか、斬り返しというか、挑戦状というか、
いろんな思いが込められていたようですが、
わたくし、素人読者なので、そういう裏の意味は無関心で・・・・。

なんせ、最近まで「本格ミステリ」の定義がわかってなかった人間ですから(爆)。
むしろ、本格ミステリのルールの勉強になりました(苦笑)。

内容的には、「イソノ家」の衝撃作だけで、十分面白かったです。
(謎の真相はあんまり好みではありませんでしたが)

登場人物的には、「フェラーリは見ていた」の皆さんが
オモシロキャラで良かったですねー。


どんどん橋、落ちた (講談社文庫)
どんどん橋、落ちた (講談社文庫)
おすすめ平均
stars潔いよさがあればなぁと
stars疲れます・・・。
stars自身に対する批評に対して、居直ってみせたとも、自虐的に書いたともいえる作品集
stars額縁構造の短篇ミステリの連作集
starsタイトルであったりシチュエーションは大変良いのですが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  綾辻行人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『幸せになるための27のドレス』 | メイン | 『覆面作家の夢の家』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1561-83601b92
| メイン |