FC2ブログ
末廣亭 8月上席 夜の部
- 2009/08/08(Sat) -
人生初の寄席に行って参りました。
新宿末廣亭でございます。

入口を入ったらすぐに客席で、なかなか迫力のある雰囲気です。
そういえば、かなり昔のウンナンさんの正月番組でコンビごとに漫才をやる企画が、
たしか末廣亭だったような・・・と記憶を辿りながら。

前座さんは柳家花いちさんで、「たらちね」。
前座だとこんなに簡潔な噺になっちゃうのね・・・。

さてさて、台所鬼〆さんの「狸の鯉」でスタート。
なかなか愛嬌のある子狸の登場でした。

続いて、伊藤夢葉さんの手品。
マジックショーではなく手品という名の漫談、結構好きです。

桃月庵白酒師匠は、やっぱり真打ち登場となると風格があるといいますか、
お初にお目にかかりますという状況でも、なんとなく伝わるものがありますね。
おサルの飲酒運転、バカバカしすぎ(爆笑)。
「ざる屋」もテンポが良くって面白かったです。

橘家二三蔵師匠は、子供のお客さんをいじって童話ダジャレ連発(笑)。
漫談にあたるのかしら?こういう展開もありなのねー。寄席って不思議。

昭和のいる・こいる師匠は、出演者一覧を見た時に「あっ見たい!」と
思ったのですが、残念ながら本日は代演でした。
その代演が笑組さん。桂子・好江師匠の話を始めたので、
「えっ?マセキの人?」と思いましたが、数年前にマセキは辞められたようです。
かずおさんの方の相槌の多さがちょっと邪魔な気がして気になりましたが、
安定した漫才ぶりでネタは面白かったです。

本日、一番面白かったのが三遊亭歌武蔵師匠。
「ただいまの協議について説明いたします」のつかみに爆笑。
ところが、本当にお相撲さんだったんですね。家に帰ってからビックリ。
さて、演目は新作のようでタイトルが分かりませんが、
「しょうゆです」のくだり、サイコーに面白かったです。

そして、本日のお目当て川柳川柳師匠。
ほんとは8月15日の「超特大ガーコンの会」で初遭遇するつもりだったのですが
行けなくなってしまったので、末廣亭にて。
鈴々舎わか馬さんの「ガーコン」を聞いて、「元祖が聞きたい!」と思っていたんです。
で、まさにその「ガーコン」だったのですが、なんだか客席が急にクールダウン。
歌武蔵師匠の噺でエネルギー切れでしょうか??
北朝鮮ネタとか面白かったのになー。
歌ネタは、客席との一体感があってこそですよねぇ。
そして、わか馬さんのときよりも、時間の都合で大分端折られていたのも残念。
ますます「超特大ガーコンの会」に行きたくなってしまいました。
しかし、78歳であの歌声は素晴らしい、芸人ここにあり!

近藤志げるさんのアコーディオン漫談は野口雨情。
しんみり童謡ですね。
そういえば、「赤い靴」のモデルを追ったドキュメンタリーだか本だか
新聞記事だかが騒がれた時がありましたね。

柳家喜多八師匠は代演での登場。
けだるい登場の仕方に笑ってしまいましたが、
演目「代書」は緩急の付け方が良くて、パリッとしたネタが面白かったです。

中入り前は三遊亭金馬師匠です。
・・・・・・・あんなに笑ったのに、何に笑ったのか記憶が・・・・・・。
(後日思い出しました。「紙入れ」でございました。)

どうやら私の集中力は2時間が限度のようです。
ということで、本日は中入りにて失礼しました。

天下御免の極落語―平成の爆笑王による“ガーコン”的自叙伝
天下御免の極落語―平成の爆笑王による“ガーコン”的自叙伝
彩流社 2004-06
売り上げランキング : 25304

おすすめ平均 star
star「ガーコン」誕生のいきさつがないのが残念
star寄席に行こう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本の叙情 アコーディオン歌語り 野口雨情・西条八十の世界
日本の叙情 アコーディオン歌語り 野口雨情・西条八十の世界近藤志げる

オーマガトキ 2007-11-21
売り上げランキング : 192478


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『寝取られ男のラブ・バカンス』 | メイン | 『思い出トランプ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1540-cf1891ac
| メイン |