FC2ブログ
『床下仙人』
- 2009/08/07(Fri) -
原宏一 『床下仙人』(祥伝社文庫)、読了。

作品のことも著者のこともよく知らないまま読み始めたのですが、
これは面白かったです。

マイルドな筒井康隆という印象を受けました。

何よりも、物語の設定が斬新です。
床下に男が住みついているなんて・・・・・。

その不思議な状況を、あんまり違和感をもたないままに
「こんな世界もあるのかな・・・」と読ませてしまうのは
この作家さんの力かなと思います。

他の作品も是非読んでみたいですね。


床下仙人 (祥伝社文庫)
床下仙人 (祥伝社文庫)
おすすめ平均
starsさすが本屋の店員さんオススメの本!
stars現代版星新一ショートショート
starsサラリーマンならイタ面白く読むことのできる本。独特の読後感。
stars完成度が低い
stars評価は割れるだろうな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最後の伝令 (新潮文庫)
最後の伝令 (新潮文庫)
新潮社 1995-12
売り上げランキング : 524227

おすすめ平均 star
star死ぬのって,やっぱり怖い・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  原宏一 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『思い出トランプ』 | メイン | 『他人を見下す若者たち』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1537-0aefba2b
-おのぞみの箱-
むか~しむかし、正直爺さんが、一人つつましゅう暮らしておりました。ある日、爺さんが畑を耕しておりますと、鍬に何やら硬いものがカチン!掘り返してみると大きな箱です。「いったい何が入っとるんじゃろう?」茶箱ほどの箱のフタをとると、中から婆さん登場です。正直... …
2009/09/26 22:50  虎犇秘宝館 ▲ top

| メイン |