fc2ブログ
『モルヒネ』
- 2009/07/27(Mon) -
安達千夏 『モルヒネ』(祥伝社文庫)、読了。

またまた会社の先輩に貸してもらいました。
「えっ!恋愛小説!?またそんなジャンルを・・・・・」と苦笑しつつ
ちょっと積読だったのですが、
いざ読んでみると、恋愛小説というよりは、生と死の小説でした。

一つ一つの文章は、
「なるほどねぇ」「面白い視点だね」と思わせるものがあったのですが、
時々、場面転換が分かりにくいところがあり、小説として読みづらかったです。

敢えて、分りやすい文章の配列を崩して、
まるで倒置法のような、作為的な感じの唐突感のある一文がやってくるんです。
作為的なのか、自然体でそういう文章を書く方なのかは分かりませんが、
もし意図的だとすると、私には合いませんでした。

あと、主人公の周辺をここまで不幸な出来事で固める必要はあるのかねぇ?
という疑問もチラホラ。
なんだか、小説3作品分ぐらいの不幸を背負いかつ直面している感のある
主人公の女の子を思うと、このエンディングは消化不良ですね。


モルヒネ (祥伝社文庫)
モルヒネ (祥伝社文庫)
おすすめ平均
stars期待していたが…
starsなんだこれは?
stars過去の痛みにつまづく時
starsサバイバー必読の良書。傷のない人には解せない言語のため、批判の資格なし。
stars登場人物の行動が醒めている

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イロモ&Q | メイン | 『アマルフィ 女神の報酬』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1524-0b6992d7
| メイン |