FC2ブログ
『漂泊の牙』
- 2009/06/23(Tue) -
熊谷達也 『漂泊の牙』(集英社文庫)、読了。

犯人像がわかるところまで、昨夜一晩で一気読みでした。
寝るに眠れず・・・夜3時まで (;一_一)

オオカミの躍動感や生態についての解説が面白くて、
ぐーっと引き込まれました。

新田次郎賞は納得!

ニホンオオカミかどうかの謎解きは
『凍える牙』を先に読んでしまっていたので、衝撃度は大きくなかったというか、
ちょっと先が読めちゃったところもありましたが、
町の人間と、山の人間と、山奥の獣という組み合わせが上手く作用していて面白かったです。

犯人の動機面は、
あんまり頭で考えても仕方がないのかもしれませんが、
「狂気」で済まされてしまうのも、ちょっと人間の描写としては味気ない・・・。

でも、犯人捜しよりもオオカミ探しがメインだと思えば、
さして気にすることでもないのかな。

そして、物語とは関係ないのですが、

 それとなく男をコントロールしようとする癖。
 自分では言わずに、男の口からこうしますと言わせようとするところ。
 そういうところ、直した方がいいぞ。


この台詞は、結構刺さりました。


漂泊の牙 (集英社文庫)
漂泊の牙 (集英社文庫)熊谷 達也

おすすめ平均
stars熊谷達也にはずれなし
starsニホンオオカミは存在するのか?
stars結末は・・・?
stars一気読み!
stars動物小説としては秀逸

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

凍える牙
凍える牙乃南 アサ

新潮社 2007-11
売り上げランキング : 388856

おすすめ平均 star
star名作は…いつ読んでも素晴らしい…
star10年の時を感じさせない面白さ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  熊谷達也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<一橋フォーラム21 | メイン | TOEICハイスコア更新!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1464-3b5a82f4
| メイン |