FC2ブログ
僕のらくご道
- 2009/06/13(Sat) -
火曜日にらくごカフェに行けなくなって、
ちょっと落語頻度が落ちてしまいましたが、本日は天どんさんの独演会です。

なかの芸能小劇場、良い施設ですね。
先日の春日神社は畳に座布団で足がしびれてしましましたので(苦笑)。
ゆったり椅子に座って見られるのはありがたいです。

さて、いつもどおりに飄々と登場された天どんさん。
入りから自虐ネタ満載で笑わせてくれます。
そうか、”CATCH&RELEASE”の会なのね・・・。

1席目は「スイカ泥棒」のお噺。
佐藤錦の樹の下から50両が出てきたり、
果てはお千代ちゃんが土中に埋もれていたりと、
かなり強引な展開ではあるのですが、
自由奔放かつ自虐的なツッコミを挟まれると
笑えてしまうんですよねー。

続いては、前座の三遊亭玉々丈さんによる「穴子でから抜け」。
与太さんの生きが良かったです。

中トリは、天どんさんによる「手足ひっくりかえり病」のお噺。
(これじゃぁ、何の事だか分りませんが)
まー、極端な舞台設定をするものだと驚き。
そう、最初の設定についていけないと話がわからなくなるんです。
当人が「リスキーな噺」と断って演じてるんですから、世話ないです。
途中、まるで早口言葉のようになっていき、
これを演じきれたら気持ちいいだろうなぁと観ながら感じてました。
こういう作品を作って演じてしまう天どんさんが好きですねー。

中入り後はゲストの柳亭左龍師匠による「粗忽長屋」。
粗忽者の熊さん八っぁんのキャラクターが良いんです。
引き込まれるような間の取り方、面白かったです。

トリは天どんさんの「船徳」。
かなりオリジナルのネタを混ぜ込んであったのでしょうか?
元を知っているわけではないのですが、なんとなくそんな気がしました。

というわけで、本日の回は、私にとっては”CATCH&RELEASE”ではなく
「また来よう!」の会となりました。


使ってみたいイキでイナセな江戸ことば
使ってみたいイキでイナセな江戸ことば柳亭 左龍

小学館 2008-09
売り上げランキング : 411093


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<内P&番宣 | メイン | ゴールドラッシュ2008>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1434-5ec72e6e
| メイン |