FC2ブログ
『アップル 薄氷の500日』
- 2006/01/22(Sun) -
ギル・アメリオ 『アップル 薄氷の500日』(ソフトバンク)

読んでいて、アイアコッカのような興奮が無かったのはなんでだろう。
私がWINDOWSユーザーでMacを全く知らないから?
当時はまだ子供で、Mac身売り話なんて全く知らなかったから?
否。
重大な局面におけるギル・アメリオの判断について、
最も大事な部分を詳細に描いていないからだと思う。
アップルの組織や企業文化に端を発する様々な障害、
取締役や幹部からの様々な意見や対立を述べ、
それに対するアメリオの意見を披露しながら、
何故、アメリオが自分の意見を貫かずに、
他の取締役の意見を受け入れることにしたのかという点での
最終判断の根拠の描写が抜けている。
そのため、「他の者の意見を受け入れてしまったがために失敗した」という
言い逃れをしているように思えてしまう。
たとえ、他者の意見を受け入れたことについて、
アメリオ自身の反省の弁が述べられていても。
結果が思うように出なくても、
なぜそう判断したのかという根拠が理論的に示されていれば、
こちらは、ナルホドと思って読み進めることができる。
また、アップルの不思議な人間関係についても、中途半端な記述が目立った。
各人、物語性に富んでいそうな雰囲気は醸し出ているが、
断片的にしか触れられていない。
「アップル幹部の人となり」みたいなテーマに絞ってもよかったのではないだろうか。

アップル薄氷の500日
アップル薄氷の500日ギル・アメリオ ウィリアム・L・サイモン

ソフトバンククリエイティブ 1998-08
売り上げランキング : 940,489

おすすめ平均 star
starあの頃のアップルへの疑問が解決される一冊
star事実は小説より奇なり
star貴重な手記

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ワーレコ&細木数子 | メイン | ウンナンタイム>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/143-7ec81b7f
| メイン |