FC2ブログ
『カノン』
- 2009/06/09(Tue) -
篠田節子 『カノン』(文春文庫)、読了。

「ホラー長編」という触れ込みだったので、
あまり期待せずに「どんなもんかいな?」というぐらいの心づもりで読んだのですが、
結構はまってしまいました。

確かに起きている現象は幽霊モノなのかもしれませんが、
それに直面している主人公自身が
「疲れや精神不安定によるものなのかも」というような半信半疑の状況で、
意外と冷静に状況をとらえようとしているので、
変なドタバタ感が出ることもなく、
また自分の内面をみつめるようなしっかりとした心理描写もあり、
読ませてくれる内容でした。

最後も、映像として考えると劇的なのかもしれませんが、
ホラー作品として見ると、現実の世界の中で何とか結末をつけようとしていて、
キョーレツな摩訶不思議現象でエンディングにしてしまおうという
感じではなかったので、それなりの納得感をもって読み終えました。

自殺の原因探しのところは謎解きの要素もあって、
読み物として面白かったです。


カノン (文春文庫)
カノン (文春文庫)篠田 節子

おすすめ平均
starsぼやけている
stars心の深層にひっかかる作品
stars状況描写が素晴らしい
stars音楽の追求
stars小説版「フーガの技法」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  篠田節子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @井田 | メイン | 一橋フォーラム21>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1427-b1cc3e46
| メイン |