FC2ブログ
『永遠も半ばを過ぎて』
- 2009/02/28(Sat) -
中島らも 『永遠も半ばを過ぎて』(文春文庫)、読了。

降霊、写植、詐欺、酔いどれ、三色頭、姫さざえ・・・・・・
らも小説の真骨頂です。

偉いさんのお医者連中を前に
堂々たるプレゼンをぶちかます詐欺師のくだりは
読んでいてスカッとするほどの気持ち良さです。

一方、大ヒットとなってしまったペイシェンス・ワースの作品ですが、
それよりも、写植屋の朦朧とした意識の中で繰り広げられた
ダイエット広告ならぬ肥満しようぜ広告の描写が凄かった。
皮膚が割れて、黄色い脂肪の塊が流れ出てくるところなんて、
その画を頭に描いてしまったら、しばらくフリーズしてしまいました。

この真・善・美トリオは、シリーズ化してもいいと思うぐらい
面白かったです。


永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)
永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)中島 らも

おすすめ平均
stars一瞬と永遠の真っ最中
stars結局全部中島らも
starsラリパット・アミーゴ!
starsらもファン必読!
stars真・善・美

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  中島らも | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『経営計画作成マニュアル』 | メイン | 『百年の恋』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1267-03a35a51
| メイン |