FC2ブログ
『エクセレント・カンパニー』
- 2005/12/31(Sat) -
T・J・ピーターズ、R・H・ウォーターズ 『エクセレント・カンパニー』(講談社)、読了。

ずーっと探してたこの本が、ブックオフにて100円で売られているのを発見したときには、
思わず小躍りしてしまいました。

20年以上前に書かれたものとは言え、内容はいまでも生き生きとしています。

うちの会社は、いま、分社だとか、新たな事業スタイルに変革するだとか、
いろんなことを親会社に言われて取り組んでいるのですが、
そんな会社の右往左往ぶりを眺めている身からすると、
この本の指摘が痛いほどよくわかります。

そして、会社の変革の動きについていけていないウチの部長には、
ぜひこの本を読んでいただきたい!
(最近、モノの考えや言動がおかしいんですよね~)

数多くの具体的なエピソードも魅力あふれるものでしたし、
そこから引き出される教訓も、地に足のついた内容で、納得のいくものでした。
経営学に無知な自分でも、興味深く読み進められた一冊です。

もちろん、この本では経営側の視点から各会社を評価していますので、
労働者側や顧客側からみた企業評価とは違う点もあるでしょう。
メアリー・スキアヴォ『危ない飛行機が今日も飛んでいる』を読んだ後では
米国の航空業界を手放しでは誉めようとは思いませんし、
成功しているメーカーの営業担当や工場労働者の労働量や環境を知ってしまえば、
誰かの犠牲の上にある繁栄とも感じます。

ただ、それは、企業という一つの事象を、
経営側から分析するか、労働者側から分析するか、顧客側から分析するかの違いであり、
どちらかの視点や分析が「間違っている」ということにはなりません。
経営学が「いかに工場労働者を効率よく働かせるか」と考えるのと、
社会学が「どれだけ工場労働者が重労働を強いられているか」と考えるのは、
結局のところ、同じものを分析し、同じ結果が出てるのだと思います。
ただ、その結果に対する意見の切り口が違うだけで。

私は、大学で社会学を学び、「搾取」「疎外」なんて言葉にも触れてきましたが、
だからといって、経営に関する本を毛嫌いする気にはなりません。
むしろ、すばらしいマネジメント本は、下らない社会学の啓発本よりも、
「企業での労働」というものを正確に映し出しているように思います。

というわけで(?)、来年も、乱読を続けていきたいと思います。

ところで、この本の内容が正しいとするならば、
うちの会社に未来は無いな・・・・・・

エクセレント・カンパニー (Eijipress business classics)
エクセレント・カンパニー (Eijipress business classics)大前 研一

おすすめ平均
starsエクセレント・カンパニーのKSFを定義
stars時代を超えた、現代にも通用する名著
stars「日本の優良企業の良さ」をも浮き彫りにする本
stars考えさせられる一冊
starsアメリカ的ビジネス書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  トム・ピーターズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あけましておめでとうございます | メイン | 『説得・交渉力を高める』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/124-a65d506d
| メイン |