『風の男 白洲次郎』
- 2009/01/08(Thu) -
青柳恵介 『風の男 白洲次郎』(新潮文庫)、読了。

またもや気になって買ってしまった白洲本。
何の思い入れも思い出も無い人物なのに、なぜか興味が湧いてしまいます。

以前読んだ作品は、
白洲氏への期待値が高すぎたのか、
面白さを読み切れない部分があったのですが、
本作は文句なしに面白かったです。

エピソードの選び方と、
そのエピソードに誘導するまでの話の持っていき方が上手いです。

そして、本作では、ふんだんに写真が盛り込まれているのですが、
なんとまぁ、魅力的な表情をする方なのでしょうか。
大正生まれとは思えない現代的な表情をしています。
これは、人が集まってくるタイプの大人物だろうなぁと思わせるものがあります。

最後も、紳士のスポーツ・ゴルフをめぐるエピソードで締めくくって、
非常に読後感の良い爽やかな作品でした。



風の男 白洲次郎 (新潮文庫)
風の男 白洲次郎 (新潮文庫)青柳 恵介

おすすめ平均
starsGHQ占領下、時代に役割を果した規格外の男の物語
stars天下一の傾奇者
stars白洲次郎をいろんな側面から見ることができます
starsまさに風の男白洲次郎!!
stars本物のかっこよさ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)
プリンシプルのない日本 (新潮文庫)白洲 次郎

おすすめ平均
stars伝説になった男の残した諸稿
stars原則を貫く難しさ
stars本来の読み方は?
stars歯切れのよいプリンシプル
stars難しいけれど、面白い。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<CHAGE&ASKA! | メイン | 『十三番目の人格』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1207-2a9f7be4
| メイン |