FC2ブログ
『アクアリウム』
- 2008/12/07(Sun) -
篠田節子 『アクアリウム』(新潮文庫)、読了。

篠田作品2つ目です。
「サスペンス・ファンタジー」という紹介文だったので
「合わないかもなー」と思いつつも、
ダイビングが軸に置かれているようだったので、挑戦してみました。

結果、う~ん・・・・・。

ファンタジー世界にのめり込んでいく主人公に引いてしまいました(苦笑)。

というよりも、計画性が無く、情熱だけで突き進んでしまう主人公が
どうも性に合わないようです。
冷静さを欠いている人の行動って、
物語が盛り上がるよりも先に破綻しちゃうんですよね。

また、ダイビングも、海ではなく、山岳の地下水脈が舞台だったので、
よく知らない・・・というよりも苦手なジャンルでした。
淡水、閉塞感、暗闇、洞窟性生物、どれも「苦しみ」「過酷」に繋がっていくようで
読んでいてしんどかったです。
しかも、描写が結構グロテスク。

ただ、市民団体の本性のような部分を描いているのは
読んでいて面白かったです。


アクアリウム (新潮文庫)
アクアリウム (新潮文庫)篠田 節子

おすすめ平均
stars盛り下がり
starsこんな三面等価、成立たない!
stars不思議な雰囲気
stars自然環境の生と死
stars自然保護を叫ぶだけではない小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  篠田節子 | CM(1) | TB(2) | ▲ top
<<『君たちに明日はない』 | メイン | 『うつくしい子ども』>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/08 23:49  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1177-57da6092
-アクアリウムRSS-
アクアリウムについて考えていると面白い妄想が出来ちゃいました。電車の中でも一人... …
2008/12/12 22:16  アクアリウムのアレやコレ。。 ▲ top

-アクアリウムについて-
車の前のシートになぜか土汚れ・・・犯人はあいつだな。。。ムッ 『アクアリウム』... …
2008/12/13 01:22  アクアリウムのアレやコレ。。 ▲ top

| メイン |