『うつくしい子ども』
- 2008/12/07(Sun) -
石田衣良 『うつくしい子ども』(文春文庫)、読了。

もう、少年犯罪というのもは、
小説の一ジャンルとして出来上がってしまったようですね。

なので、最初は、「また少年犯罪パターンか・・・・・」と
ちょいと食傷気味な感じの印象を受けてしまったのですが、
やっぱり、ちゃんと描いている作品は面白いです。

特に、長沢くんとはるきが具体的に関わるようになってきてからの
展開が面白かったです。

まぁ、コトの真相のところは、
ちょっと作りすぎなんじゃない?という感もありますが、
主人公の決意のほどが見どころの作品だったと思うので、
そこは瑣末な話でしょう。

新聞記者のボーイくんは、あまりキャラが活きてなくて残念でした。
完全に、ジャガに食われちゃってましたね。


うつくしい子ども (文春文庫)
うつくしい子ども (文春文庫)石田 衣良

おすすめ平均
starsニュータウンを騒がす殺人事件
starsうつくしいジャガイモ
starsイキナリ犯人をバラすミステリーが書ける作家
starsうつくしい子ども
starsもどかしい思い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エイジ (新潮文庫)
エイジ (新潮文庫)重松 清

おすすめ平均
stars『ナイフ』とセットでお読み下さい
starsエイジ、実は私の理想とする息子像
stars中学時代をリアルに思い出させる一冊
stars懐かしい!
stars青春文学の傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  石田衣良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『アクアリウム』 | メイン | 高野健一10周年記念ライブパーティ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1176-ac4719bf
| メイン |