FC2ブログ
『人質カノン』
- 2008/11/07(Fri) -
宮部みゆき 『人質カノン』(文春文庫)、読了。

なんだかんだ言いながらも
読みたいものが見つからない時に手にしてしまう宮部短篇。

本作を読んでいて、
「時々読み辛く感じるのは会話のせいか~」と気付きました。
軽いタッチの会話の文章が、どうも自分には合わないようです。
で、短編になると会話でつなぐ個所が増えて、
読み辛く感じてしまうんだな・・・・・と。

なので、主人公が一人で考えていくような作品の方が
読みやすいし、面白いと感じるようです。

本作では「八月の雪」が、
「人生で思わぬ躓きをしてしまった後に生きていく意味、価値」ということを
少年の言葉で突きつけられたので、なかなかに感慨深いものでした。

短篇集として見ると、
後半、「いじめ」をテーマにしたものが固まっていて、
しかも、いじめられている少年と偶然出会った主人公という枠組みも似ていたので、
ちょっとバランス悪いなぁと残念に感じました。


人質カノン (文春文庫)
人質カノン (文春文庫)宮部 みゆき

おすすめ平均
stars読みやすい都市ミステリ7編
stars素晴らしいの一言に尽きる。
stars手持ち無沙汰な時に、どうぞ。
stars身近な場所で事件は起こる
stars痛快さがない!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  宮部みゆき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『銀行人事部』 | メイン | 『ウエハースの椅子』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1152-35e6e891
| メイン |