fc2ブログ
『ああ言えばこう食う』
- 2008/10/31(Fri) -
阿川佐和子、壇ふみ 『ああ言えばこう食う』(集英社文庫)、読了。

アガワ女史は『TVタックル』などでお馴染みだったのですが、
ダンフミさんは、「名前は知っている女優さん」という程度でした。

ところがどっこい、この往復エッセイはダンフミさんから始まるのですが、
まー、アガワ女史を貶めてます。
それを返す刀でバッサリのアガワ女史。
見事な試合です(笑)。

お互いのお父様が文壇で地位を築いた方ということで、
バックボーンが似ているところも気が合う一要素なのでしょうが、
それより何より、お二人とも食べることが大好き。

しかも、高級グルメばかりではなく、
毎日の朝ごはんや、飲んだ後の小腹埋め等、
庶民にも「わかるーっ!」と頷けるエッセイなので、より笑えます。

仲間に入れてほしいわ、と思わせるほど。
(相当エネルギーが要りそうですが)

他の往復エッセイも読みたくなりました。


ああ言えばこう食う (集英社文庫)
ああ言えばこう食う (集英社文庫)阿川 佐和子

おすすめ平均
starsこれくらい軽い気持ちでいるのがいい
starsここまで言って大丈夫?
stars味わうということは、食べることである・・・
starsあははw
stars理想論

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  阿川佐和子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<ダイビング @伊豆大島 | メイン | 『苺をつぶしながら』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1143-be9f3d27
-ああ言えばこう食う-
ああ言えばこう食う 阿川佐和子 第15回(1999年) 講談社エッセイ賞受賞 「口から生まれた双子座」のダンフミと「天然の饒舌」アガワサワコ。二人の才女がくりひろげる、辛辣でセキララでユーモア溢れるやりとりの数々。「食」をテーマに始まった往復エッセイはどんどん脱線し、人生の森羅万象を抱腹絶倒の喜劇に変える。女同士の友情に満ちた罵倒のなんと心地良いことか。第十五回講談社エッ... …
2016/01/29 23:36  こんな世界だからこそ本音を ▲ top

| メイン |