FC2ブログ
『リビング』
- 2008/10/28(Tue) -
重松清 『リビング』(中公文庫)、読了。

やっぱ、重松さん、いいわー。

人物の描き方に、とても納得感があるんです。

しっかり描き込むような文章ではなく、
むしろあっさりとしたタッチという印象を持ってしまうのに、
「この人がこの立場に居たらこうするんだろうな」というふうに
さらっと納得させる文章。

また、お洒落な生活を送る夫婦の姿も
決して浮足立った人たちのようには感じさせず、
「あぁ、東京の郊外にはこういう夫婦もいるだろうな」とか
「そのお隣にはこんな困った奥さんが住んでいるんだろうな」とか
イメージがさらさらと湧いてきます。

「生きている」小説を書く作家さんだと思います。


リビング (中公文庫)
リビング (中公文庫)重松 清

おすすめ平均
stars設定、描写、いつも以上に生き生きしていておもしろい・・・
stars普通の家族、普通の夫婦をテーマにした短編集
stars「いらかの波」がお気に入り
stars家族っていったいなんだろうと感じさせてくれる短編集
stars女性向の生活感のある短編集です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  重松清 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『苺をつぶしながら』 | メイン | 一橋フォーラム>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1141-e7d48579
| メイン |