FC2ブログ
大琳派展
- 2008/10/26(Sun) -
『大琳派展 継承と変奏』

またまた上野に行って参りました。
夏に俵屋宗達と尾形光琳の「風神雷神図」を見て、
「やっぱりこの系列は江戸文化というだけではなく日本文化の一つの柱だ」
と感じましたが、その一派の展覧会となれば、逃している場合ではありません。

本日の展示物では、
光琳・抱一・其一3者の「風神雷神図」が並べて展示されており、
その迫力は素晴らしかったです。
個人的には、絹面を広々と使って描かれた其一の「風神雷神図」が
ユニークで気に入りました。

しかし、宗達も光琳もそうですが、
絵画一つとっても様々な手法を凝らし、油絵のようなタッチから水墨画まで幅広いです。
さらには、扇、蒔絵、小袖と、何でも来いの姿勢。
この貪欲さには頭が下がります。

また、これまであんまり興味がなかった「蒔絵」も、
あれだけの技巧を凝らした作品を見ると、引き込まれますね。
永田友治の作品たちが見事でした。


大琳派展
関連記事
この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『フラット化する世界』 | メイン | イッテQ&NEO番宣>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1136-5d234042
| メイン |