FC2ブログ
『はじまりの島』
- 2008/10/02(Thu) -
柳広司 『はじまりの島』(創元推理文庫)、読了。

お初の作家さんでしたが、面白かったです。
ダーウィンが種の起源を着想した船旅で連続殺人事件が起こっていた!?

孤島ものの本格ミステリーで、ちょっと軽めの文体ということで、
出だしは「あれっ?失敗したかな??」と思ったのですが、
キリスト教世界の人々 vs ダーウィンの言葉が面白くて、
ハマってしまいました。

そういう点ではミステリーとしてではなく、
社会科学的な要素に惹かれて読み進んでいった感じです。

動機も、まさに文明の衝突が引き起こした結果で、
なかなかにセンセーショナル。

解説を読むと、この手の作品を得意とする作家さんのようですので、
次も期待して読んでみようかな。


はじまりの島 (創元推理文庫)
はじまりの島 (創元推理文庫)柳 広司

東京創元社 2006-09-30
売り上げランキング : 47484

おすすめ平均 star
starチャールズ・ダーウィンが探偵役の本格ミステリ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新版・図説 種の起源
新版・図説 種の起源リャード リーキー Charles Darwin Richard Leakey

東京書籍 1997-11
売り上げランキング : 93142

おすすめ平均 star
starわたしたちはどこから来て、どこへ行こうとしているのか
star「種」を定義しない『種の起源』は根源的に誤り!
star現代の視点から再評価した「種の起源」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  柳広司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @本栖湖 | メイン | 『閉鎖病棟』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1067-b1ddf48e
| メイン |