FC2ブログ
イッテQ
- 2008/09/23(Tue) -
『イッテQ』(2007年4月29日放送)
今回は、ベッキーの24時間で何カ国に行けるか一本です。
いやー見ごたえありました。
スケジュールの過酷さ、トラブルの発生など、山あり谷ありでしたが、
なんといっても、ベッキーが24時間フル稼働で、
力を抜かずに全力でお仕事している姿勢が素晴らしい!!
何かあれば直ぐにツッコムし、
些細なことでも自らダッシュするし、
弱音を吐かずに常に前向き。
あわただしい中でも礼儀を忘れません。
ほんとうに、素晴らしいタレントさんだと思います。
そして、今回、あぁ、ベッキーって英語普通にしゃべれるんだなと再認識(失礼!)。
7カ国達成、おめでとうございます。
シリーズ化しても面白いかも。

『イッテQSP』(2007年5月6日放送)
GWのSPでございます。
でも、企画のレベル感はいつもと同じ・・・・・
というか、むしろ、いつも内容凄すぎなんだな、きっと。
最初の極真空手vs少林寺拳法は、見てて痛かったです。
頭と手にガードをつけているとはいえ、ほぼ丸腰です。
それを11歳の男の子たちが殴り合い、蹴り合いとは、
武術の世界は厳しいですね。
一応、イッテQルールでは少林寺が勝ちましたが、
これはもうルールによりけりな気がします。
11歳なのに回し蹴りのキレが凄くてびっくり。
人喰いザメは、暴れているサメと格闘するブルース、すご過ぎ。
出川さん完全に食われてます。
でも、指令VTRで内村さんにいいようにあしらわれていて面白かったので良し。
(『ワーレコ』ぐらい指令VTRに力入れてくれると嬉しいんだけどなぁ・・・・)
世界三大美女アジア編は、やっぱインドはクオリティ高いよねー。
ホリが深い!
途中、脱線気味でしたが、頭とお尻は美人揃いでした。
最後の人、前回のヨーロッパ編の最初の方に、似たような感じの人居なかった?
最後、マイナスイオン世界一の場所は、手越くんがイッテQ。
自由創くんが一緒に行ったので、変わった昆虫の紹介とかあるかなー?と
本筋とは別のところで期待していたのですが、残念ながら。
大変な旅の最後は、計画通りに滝つぼに降りられず、
スタッフ以上に爽やかゴリ押しの手越くんの力で
なんとかマイナスイオン測定に成功。
やっぱ、現地に行くと、良い成果をあげなきゃっていう
プレッシャーが凄いんだろうね。
次は、内村さんが裸で空??

関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『コカ・コーラの英断と誤算』 | メイン | イロモネア&イッテQ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1062-119397cc
| メイン |