FC2ブログ
『家族趣味』
- 2008/09/23(Tue) -
乃南アサ 『家族趣味』(新潮文庫)、読了。

うーん、イマイチ乗り切れなかったです。
冒頭の作品「魅惑の輝き」のオチがありきたりなものだったからでしょうか?

「彫刻する人」の結末も、あんまりスマートな感じじゃなかったし。
最後の数行でどんでん返しをさせるなら、
私はやっぱり阿刀田作品のセンスが好きですね。

「忘れ物」は、途中でカラクリがわかってしまったのが残念。
気付かなかったら最後まで楽しめたと思うのですが。
でも、会社の会議中に上司が発狂したら
とんでもないホラー体験だろうな・・・。

「デジ・ボウイ」が、一番好みでした。
やっぱ、少年ものに弱い私。
直樹だけじゃなく、変人扱いの彰文も登場人物として十分魅力的。
変人だけど彼なりの筋が通った考え方をしていますから。
でも、読後感が悪かった・・・・・。

「家族趣味」も、いろんな総括の仕方があるのでしょうが、
「自信満々の主人公が崩壊していく過程」と捉えてしまうと、
なんだか読後感がつらいです。

まぁ、乃南作品に爽やかな読後感なんて無いのかもしれませんが(苦笑)。
短篇集なだけに、ダークな感じを消化する時間がないままに
話が終わってしまうのが辛いのかもしれません。

どれもこれも、人間の狂気の部分を描いていて、
恐ろしかったです。


家族趣味 (新潮文庫)
家族趣味 (新潮文庫)乃南 アサ

おすすめ平均
stars『デジ・ボウイ』考
stars安易な考え、ご用心
starsおもしろくて一気に読みました
stars心の隙間

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  乃南アサ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イロモネア&イッテQ | メイン | イッテQ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1058-fd3c11c5
| メイン |