FC2ブログ
『旅のラゴス』
- 2008/09/20(Sat) -
筒井康隆 『旅のラゴス』(徳間文庫)、読了。

筒井節炸裂のSFかと思いきや、
正統派のファンタジー小説で、びっくり。
とても面白かったです。

ラゴスが旅の間に出会う人々との交流。
別れのシーンはいつも悲しいものです。

そして、旅の過程で少しづつ明らかになっていく
この星の歴史とラゴスの旅の目的。

なんだか、ほんとうにこのような世界がありそうで、
畏怖を感じてしまいました。

彼らなりに幸せな生活を営んできたと思うのですが、
ラゴスが歴史の壁を破ったことで、
また悲惨な未来が巻き起こりそうな気がします。

そして、北の果てへと旅立ったラゴス。
急激な世界の進歩を見ずに済んだのは、
ある意味幸せかもしれません。


旅のラゴス (新潮文庫)
旅のラゴス (新潮文庫)筒井 康隆

おすすめ平均
stars正統派SFファンタジーの傑作
stars「アルケミスト」より優れた名作だと思う
stars日本語で書かれたことが奇跡とも言える傑作
stars人生に関する考察と思考実験のたまもの?
starsとにかく面白い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  筒井康隆 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<『海の向こうで戦争が始まる』 | メイン | 『崖の上のポニョ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1050-283d10e7
-筒井康隆  旅のラゴス-
大崎梢『平台がおまちかね』にオススメ本として、この本が登場していました。とても評判がいいらしいし、それ以来気になってしまったので今回思い切って手に取ってみました。 実は、筒井作品を読むのは初めてではありません。中学生の頃に本を読みたい気持ちはあるけれど …
2009/02/12 08:25  マロンカフェ ~のんびり読書~ ▲ top

-旅のラゴス  筒井康隆  うなぎ∈(゚◎゚)∋-
旅のラゴス (新潮文庫)筒井 康隆新潮社 昔に読んだ好きな作品について、うな的殿堂コレクションみたいな感じでちょくちょく書いていこうかな、と以前から思っていたのだが、好きな作品であればあるほど語ることが難しく、なかなか書き出せずにいたのだが、最上を求めて... …
2009/04/23 10:47  うな風呂 ▲ top

| メイン |