FC2ブログ
『パフューム ある人殺しの物語』
- 2008/09/03(Wed) -
『パフューム ある人殺しの物語』

「臭い」「匂い」「香り」という、
映像作品では最も表現しにくいと思われるものを
可能な限り感じさせてくれる映画でした。

パリの街の臭い、果物の匂い、香水の香り、
最もリアルだったのが「悪臭」でした。
市井の人々の服装、表情、立ち振る舞いから
生活臭が立ち昇っているようです。

そして、主人公ジャン=バティストの特異さが
ベン・ウィショーの演技力、演出の見事さ、映像の美しさで
恐ろしいほどに感じられました。
赤ちゃんグルヌイユ、怖いよ・・・・・。
(あの赤ちゃんって、特撮?ホンモノ??)

出だし、主人公の生い立ちを駆け足でみせる演出が非常にテンポよく、
頭から引き込まれました。
重ーい演出の中に、ふっとユーモアが盛り込まれていて、
監督の力量が感じられます。

話題になったというラストシーン。
確かに映像で見せられると強烈なシーンでしたが、
ジャン=バティストの作った香水の「効果」そのものについては、
意外とありきたりな内容で、ちょっとガッカリ。

それでも、十分に楽しめる作品でした。


パフューム ある人殺しの物語
パフューム ある人殺しの物語レイチェル・ハード=ウッド, アラン・リックマン, ダスティン・ホフマン, ベン・ウィショー, トム・ティクヴァ

おすすめ平均
stars これは近年の最高傑作かも
starsMovie: 3.75/5 Picture Quality: 4/5 Sound Quality: 4/5
stars理解できません
stars完璧な映像化
stars画質音質面は驚く程の出来、内容はかなり好みが別れそう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  ダスティン・ホフマン | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『悪魔の辞典』 | メイン | 『葉桜の季節に君を想うということ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/1027-9bf9422e
-究極の香りを求めて~『パフューム/ある人殺しの物語』-
「香りを捉えたい!」18世紀、悪臭漂うパリで生まれ落ちたジャン=バティスト・ グルヌイユは、どんな匂いも嗅ぎ分ける嗅覚の持ち主。その... …
2008/12/05 09:43  真紅のthinkingdays ▲ top

| メイン |