fc2ブログ
『東大が倒産する日』
- 2023/09/17(Sun) -
森毅 『東大が倒産する日』(ちくま文庫)、読了。

タイトルから、国立大学の独立法人化という局面において、
東大をはじめとする京大、阪大などの有力な国立大学の経営のあり方について
物申す的な本かなと思って買ってきたのですが、
その話もありつつ、学生の質の変化とか、試験の採点作業に対する思いとか、
いろんな話が語られているので、ちょっとタイトルは編集者が釣り過ぎな感じがします。

内容としては京大の話なのに、タイトルに東大を付けてしまうのは、
編集者の売らんかな根性だと思いますが、著者はきっと望んでないことだと思いますし、
森毅ファンだったり京大ファンだったりも望んでないことだと思いますし、
タイトル通りの内容を期待して買った人も裏切られてしまうという点で、
あんまり良い編集方針ではないと思ってしまいます。
祖父は森毅ファンかつ京大ファンだったので、本作のタイトルを知ったら憤慨しそうです(苦笑)。

さて、内容ですが、豊田充氏がインタビュアーとなって
著者のざっくばらんな飾らない言葉で、大学教育にかける思いが記録されています。

祖父が京大ファンだった理由は、日本一の東大の真面目さやお堅さ(立場が立場なので仕方ないですが)
に対して、個性を尊重するユニークな大学の方針で、ノーベル賞受賞者の輩出など
素晴らしい業績を出しているという点でした。
そして、森毅先生は、その京大の良い面、もしかすると悪い面も含めて
一人の教育者として体現しているというところに祖父は感銘を受けていたのだと思います。
もちろん祖父が数学マニアだったというところもあります。

本作で、京大の入学試験における採点基準を設けているものの、
実際に答案を採点し始めて、採点基準には無かった要素が答案から見えてきた場合は
基準を事後変更して、もう一度最初から採点をし直すというエピソードは、
京大の個性重視のユニークさ、教授陣が学生の意見も尊重している精神性を
象徴的にあらわしているのかなと感じました。
当初の予測とは外れた反応が返ってくることを、嬉しがってるようにさえ思えます。

そして、「ニセ学」のススメ。
「ニセ学」とは、受講申請していない授業を黙って見に行くこと、
京大生以外にも、学外から無断で授業に参加することを指す言葉だそうで、
私の母校には無かった言葉です。
時代のせいかも知れませんが、一橋大は、他学部の授業を取ることを視野を広げるという点で
推奨されていたようなところがあり、正式な単位もくれました。
なので、私は社会学部でしたが、法学部、商学部の授業は取ってました。
経済学部は、わたくし経済学オンチなので取る勇気が出なかったですが(苦笑)。

ただ、森先生が指摘するように、こうやって制度化してしまうと、
逆に単位取得が認められた他学部の授業は取りますが、
認められない授業(専門性の高い授業や、一定の授業の単位取得後でないと受けられない授業とか)は
最初から関心の外に置いてしまっていた気がします。
単位くれなくても、黙って覗きに行くことはできたのに、したことがなかったです。
世間的に有名な教授の授業は、単位関係なく、1回でも聞いておけばよかったなと後悔してます。
その分、卒業後にOB会で行われる人気教授陣の講座には良く通いましたが。

森毅先生みたいな、ご意見番的な大学教授って、今、誰がその座を引き継いでるんですかね?
山中伸弥先生ですかね?内田樹先生ですかね?
前者はまだまだ研究者としてバリバリですし、後者はSNSでの左翼傾倒が強すぎて
世間的にウケが悪いような気もしますし・・・・・。
ちょっと大学教育もこじんまりしちゃってる感じがありますね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本人のためのピケティ入門』
- 2023/09/15(Fri) -
池田信夫 『日本人のためのピケティ入門』(東洋経済新報社)、読了。

一躍時の人となった感のあるピケティですが、
経済学オンチの私には、そもそも多くの人が脱落しているという『21世紀の資本』は
とても読めそうにないので、この薄ーい本で挑戦。

サブタイトルに「60分でわかる」とある通り、サクサク読めます。
前半はQ&A形式で『21世紀の資本』の中身を解説し、
後半は、著者なりに日本社会について考察したものなので、
ピケティの話は、実質的には前半の数十ぺージのみです。

で、その前半の解説ですが、真正面からピケティの著作を解説するのではなく、
むしろ、「データ分析に基づく経験則の発表であり、体系的な理論ではない」とか
「各国の長期的なデータの解析を行いその比較を文章に落とし込んでいるのでとにかく長い」とか
内容よりも、読んだ人がひっかる部分について、それはこういうことなんだよとフォローしており、
そこが分かりやすさの秘訣かなと思いました。

ピケティの著作を読んで、しかも相応に内容を理解している人からすれば、
いくらなんでも端折り過ぎだとか、単純化し過ぎだという批判はあるえしょうけれど、
著作を読んでもたぶんチンプンカンプンに終わってしまうであろう私からすると、
こういうレベルの解説が一番ありがたいです。

少なくとも、”Occupy Wall Street!”において、どういう役割を果たした著作なのかは、
ニュース解説レベルで理解できました。

ひとつ気にすべきとしたら、本作の著者の池田信夫氏は、Twitterでの発言とかを見ていると
自分の思想信条がハッキリとした人で、それに対立する思想信条を持つ人には
厳しい言葉で糾弾したり、皮肉な物言いをしたりする人なので、
本作においても、ポジショントーク的な部分はあるんだろうなぁ・・・・と思います。
どこがどうポジショントークなのかは、私の能力では説明できないですが(苦笑)。
鵜呑みにせずに、こういうピケティ解説もあるよ・・・というぐらいで受け止めたらよいのかなと
思っています。






にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  池田信夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』
- 2023/09/14(Thu) -
三戸政和 『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』(講談社+α新書)、読了。

タイトルだけだとピンと来ないサラリーマンが多いかもしれませんが、
実際に脱サラして起業した経験がある私からすると、大納得。

私は会社を買ったわけではないのですが、任意団体がボランティア的にやっていた活動を
引き受けて事業化して会社設立したので、事業の基礎となる人的資源や取引関係(未熟ですが)を
任意団体から引き継いだので、ゼロから構築することを思うと、かなり効率的に初期過程を
ワープできた実感があります。

そして、著者が指摘する通り、いわゆる大企業で新卒入社から数年いれば経験できる
会社の仕組みとか、人事労務管理の考え方、内部統制システムなどを適用すれば、
一気に事業のスリム化や効率化、またダメな部分の排除ができて、
財務状況や損益状況を好転させることができました。

その好転ぶりは、取引先の急拡大という形で目に見えて現れ、
また決算内容もあからさまに改善されるので、周囲の人からは「どんなスゴ技を使ったんだ!?」と
聞かれることがありましたが、私の感覚としては、前の勤め先で学んだこと、自分がやってきたことを
素直に着実に適用実行しただけです・・・・・という感じです。

ウルトラCの手法なんて必要ないし、専門知識が必要な技能も技術も関係ないです。
経営管理の教科書に載っていることを、ただ、素直にしっかりと実行する、それだけです。

会社勤めの頃とひとつだけ違うとすれば、それは会社員から経営者に立場が変わるので
労務管理がゆるゆるになったこと。
今が頑張りどき!と判断すれば、睡眠時間を削って長時間労働で一気にコトを進められるし、
逆に、今週はお客様と会う予定がほとんど入ってないなぁ・・・・というときは、
昼まで布団の中でうだうだ読書して過ごし、1~2時間事務仕事したら、
日が暮れる前から晩酌タイムに突入です(苦笑)。

特に前者の、目的や成果や時宜は関係なくとにかく一律で残業不可!みたいな網が
かからなくなっただけでもストレスフリーです。

ただ、これって、自分の脱サラ起業が、今のところ上手く回ってるから納得感高く読めるだけで、
もし今もサラリーマンを続けていたら「こんなうまい話はないよー」と妄想扱いしてたでしょうし、
脱サラ後の事業に失敗していたら「キレイゴトばっかり書きやがって」と批判してたと思います。

結局、同じような経験をした人だけが共感できる、
もしくは、この本に後押しされて飛び込んでやろうと決断できた極一部の勇気ある人にしか
伝わらないような気もします。

また、1回経験してみると、起業とか事業承継とかは、自分の最初の見極めとその後の頑張りで
意外となんとかなるもんだなー、と腹が括れるので、2つ目の起業とか、
もしくは多角化していくとか、新しいチャレンジへのハードルはどんどん低くなり、
成功した人に、どんどん成功体験が追加されていくという、
成功体験格差は広がりそうだなと感じました。

で、結局、300万で買えるオイシイ会社はどうやって見つけて、どうやって買えばいいのよ?という
ノウハウ部分は公開されておりませんが、著者に相談すればいいことだし、
今なら事業承継のためのプラットフォームも結構オンライン上で充実してきているので、
勇希のある人には、チャンスだと思います。

インボイス制度スタート等で、「もういろいろ面倒だから事業やめるわ」という高齢者も増えそうなので、
狙い目だと思いますねー。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『FACTを基に日本を正しく読み解く方法』
- 2023/09/13(Wed) -
高橋洋一 『FACTを基に日本を正しく読み解く方法』(扶桑社新書)、読了。

高橋センセは、身も蓋もない表現をするし、
たぶん日本人のうち9割ぐらいをバカだと思っている印象なので(爆)、
時々炎上していますが、分析している内容は興味深いです。

本作は、「最低賃金引き上げで貧困は解決可能か」
「ベーシックインカムを導入すべきか」「日本の高齢化率は2065年に何%になるのか」
こういう、まさに現在の日本社会の大きな課題とされている問題について
多くの日本人がなんとなく思い込んでいることについて、バッサリ斬っていきます。

本作で面白かったのは、ただ単に、思い込みを事実で斬るだけでなく、
どういう視点で考えるべきなのか、どこで思い込みにブレーキが掛けられるのかを
簡潔に解説している部分です。

大蔵省の「川を上り、海を渡れ」もシンプルで分かりやすいですね。

会社で、経営企画部に居たとき、異動直後は部内での議論についていけないというか、
なんでみんな、こんなにもいろんな角度で分析ができて、議論が一つの方向に流れそうなのを
流れを止めたり方向を変えたりして、議論に深水や奥行きを出せるのだろうかと、
自信喪失した時期がありました。

しかし、しばらく議論を聞く日々を過ごしていたら、段々と、各発言者の癖というか、
こういう視点で論点整理したがる人だな、とか、こういうひっくり返し方が好きな人だなとか、
思考のパターンのようなものが見えてきました。

たぶん、それが、高橋センセが本作で指摘している「正しく読み解く方法」であり、
各自が自分の使いやすい方法論をもっているから、自信をもって議論に参加してるんだなと
気づくことができました。

かといって、すぐに自分自身の思考法を固めることはできないので、
周囲の先輩の思考パターンを盗んで、自分にも使えそうなものから借用することで、
少しずつ議論に加われるようになりました。

この思考法は、一度身に付けたらたぶん忘れはしないと思うのですが、
しかし、白熱した議論という場から、あまりに長時間離れてしまうと
思考法を使って分析して意見するスピードが格段に落ちてしまうと思うので、
本を読んでいるだけではダメで、コンスタントに議論に参加しないとダメだなと、
今のぬるま湯状態の自分を反省。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  高橋洋一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『高杉晋作』
- 2023/09/12(Tue) -
村上元三 『高杉晋作』(桃源社)、読了。

近所のおっちゃんにもらった本。
タイトルから、明治維新における高杉晋作の功績を追った本かと思いましたが、
幕府の目付け役が尊王攘夷の機運を高めるために全国を駆け回る高杉晋作を
追いかけ回すという、チャンバラ劇要素の強い作品で、
歴史物としてはちょっと物足りない感じでした。

時間軸も、上海渡航前後の数年で、確かに高杉晋作が世界を知り日本の未来に対して
見識を高めていくには重要な時代だったとは思いますが、
でも、そこだけで終わりか―、と、最後まで読んで思ってしまいました。

幕府の目付けや、謎の女スパイのシーンも多く、
その視点で高杉晋作の日常が語られるおかげで、女好きだったり、酒癖が悪かったり、
金遣いが荒かったり、上司や先輩を屁とも思っていないような傍若無人さだったり、
そういう、よく言えば人間的な一面が強調されているところがありますが、
私自身は、あんまり私生活がだらしない人は信用しきれないと思っているところがあるので、
それほど共感できない作品でした。

明治維新に関しては、高杉晋作に代表されるような、20代30代の血気盛んな若者が
日本の開国に合わせて活躍して、一気に近代的な国づくりが進んだ・・・・という風にまとめると
すごく神がかった時代だったように思えますが、
冷静に考えてみると、成功と失敗は紙一重だったんじゃないかなとも思えます。
田舎の視野が狭い若者が暴走して日本が滅びる・・・・なんて展開の可能性も
そこそこあったのではないかと思えてしまいます。

むしろ、高杉晋作もそうですが、勝海舟とか伊藤博文とか渋沢栄一とか
幕末の混乱期に海外渡航をして見識を広げたことが、日本の道を誤らせず
過剰な尊王攘夷ではなく開国という適切な方向に向かえたように思います。
そうすると、本当に先が読めていたのは、部下の若造を海外にやろうと考えた
各藩主や幕府首脳だったのではないかと思います。

長い江戸時代において、幕府が弱体化したり、地方の各藩の能力が低下したりという
悪い部分は当然あったと思いますが、そんな中でも、先が見えている人物がきちんといたことが
日本の支配制度だったり教育制度だったりが相応に機能していたのかなと感じます。

というわけで、立派な藩主が居たから、高杉晋作が多少ルーズな私生活を送っていても
大丈夫だったんだろうなー、と、変な感想で終わりました(苦笑)。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『新・階級闘争論』
- 2023/09/10(Sun) -
門田隆将 『新・階級闘争論 暴走するメディア・SNS』(WAC)、読了。

大仰なタイトルだったので、メディアの偏向報道により世論が歪められて政治が迷走するとか
トランプ大統領のようななぜか富豪が下層の白人層に支持されるような現象だとか、
そういう現代の課題を論じた本なのかな?と思いきや、雑誌コラムをまとめたものでした(苦笑)。

『WiLL』の連載だそうで、分量は普通の週刊誌コラムよりは多いので、
その分、情報量や著者の主張もあってよかったのですが、
やはり1コラム1コラムが別の話になっていくので、迫力に欠けるんですよね・・・・・。

ただ、著者は、自分でかなり突っ込んだ取材をして、きちんとルポルタージュ作品を
発表しているので、言葉には重みがあります。

また、政策への批判とか、行政への批判とか、著者自身の判断軸がはっきりしていて、
主体が同じでも、良いことは良いと褒め、悪いことは悪いと批判するので、読みやすいです。

最近、SNSとかでの発信は、若干陰謀論的なエッセンスが見え隠れするようで
ちょっと警戒しながら発言を追いかけているのですが、
著作だと安定しているので、他の本も読んでみたいと思います。
コラムよりも長編ルポを。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ニホンミツバチ』
- 2023/09/09(Sat) -
佐々木正己 『ニホンミツバチ』(海遊舎)、通読。

こちらも図書館本。

『写録~』に比べると文量が豊富でしたが、こちらも前半は写真がふんだんに使われていて
ニホンミツバチの生態を解説しています。

閉館まで時間がなく、かなり飛ばし読みになってしまい、
特に後半の文章はかなり端折ったので理解不十分ですが、
先に『写録~』の方を読んでいたので、なんとなく中身は理解できたつもり。
読んだ順番が正解でした。

特に印象に残ったのが、表紙の写真にもなっている、ランの一種であるキンリョウヘンが、
花蜜も花粉もミツバチに渡さないのに、なぜか強く誘引することができるというトピックス。
ミツバチに効くフェロモンを出すようなのですが、これがセイヨウミツバチには効かず
ニホンミツバチのみに効くというのが、これまた不思議で面白いです。

植物とかは、動的な行動が人間の目には見えにくいから、
動物に比べて進化というものが想像しにくいような印象がありますが、
植物も独自の進化を遂げていて面白いですね。
一体、動物の頭脳に相当する機能は、どこに備わってるんでしょうかね。

全然、仕事の目的とは関係のない、純粋な生物の不思議に関心が高まりました(苦笑)。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『写録ニホンミツバチ』
- 2023/09/08(Fri) -
藤井英美 『写録ニホンミツバチ』(新樹社)、読了。

仕事でハチミツのことを調べる必要が出てきたので、図書館で効率よく情報収集。

写真が中心で、二ホンミツバチの生態について解説した本。
ミツバチの一生だったり、ミツバチコロニーの役割分担だったりという話に加えて、
セイヨウミツバチとの違いも要所要所でコメントされていて分かりやすかったです。

警戒感が強いため人に慣れず、養蜂には向いていないため野生のものの巣を
いかに取り込むかが大事であり、一方で、ほとんど刺すことはないため安全という
なんだか日本人らしさを感じてしまう生態です(苦笑)。

虫は、苦手な人も多いと思いますが、ミツバチはいがいと可愛い雰囲気を残しているので
大きな写真で見せられても、嫌だな・・・・と思う写真は少なかったです。
幼虫でさえ、真っ白で美しく見えてしまうほど。
ただ、ミツバチの天敵の虫たちは、あんまり拡大してほしくないものもありましたが・・・・。

ハチミツ製造の話は、中心のトピックスではありませんでしたが、
とりあえずミツバチというものを手っ取り早く理解するには良い本でした。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『相場師』
- 2023/09/07(Thu) -
清水一行 『相場師』(角川文庫)、読了。

積読解消のため読書。

城山三郎作品とか高杉良作品とかは、昔のものを読んでもそんなに古さを感じないのですが、
清水一行作品は、なんだか時代の違いを明らかに感じてしまいます。
株式相場の話が多いからですかね・・・・。

私はロスジェネ世代なので、テレビのニュースで証券取引所の場立ちの
粗っぽいエネルギーの爆発のようなシーンは、子供心に印象に残ってますが、
バブルが崩壊し、またシステム化も進んで、社会に出るときには日本から消滅してたので、
株屋の物語はやっぱり過去を強く感じてしまうのかもしれません。

「相場師」というタイトルなので、そういう、場立ちなり場外取引なりを活用して
株式相場をいかにコントロールして相手をだまして自分の利益を勝ち取るかという
そういう物語かと思いきや、いきなり「金がない」という話から始まり、
物語の大半が金策と、社内の不正経理の追求、そして社長の不正追求への抵抗という、
ダメな企業の内幕を延々と読んでいる感じで、あまりワクワク感を覚えられませんでした。

大阪証券取引所のある北浜という場所をあまりに特異なところに見せようとして
読者の私は置いてきぼりになった印象です。
同世代を大人として生きていた人たちには、理解できる世界なんですかね。

取締役会の統制も効かず、社内風紀は乱れまくりで正そうとせず、
会社のカネと社長の個人のカネが混在していて、とても金融機関とは思えません。

途中、社長は自主廃業をして、一人の個人投資家に戻ろうとしますが、
正直、この人は社長の器じゃないので、そうした方がみんなの幸せだろうにと
思えてしまいました。

というわけで、ロスジェネ世代にはついていけない作品でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水一行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『新しい幸福論』
- 2023/09/06(Wed) -
橘木俊詔 『新しい幸福論』(岩波新書)、通読。

うーん、論理展開がなんだかフワフワしてて、文章が頭に入ってきませんでした。
著者の個人的な思いで話が進んでいくので、説得力が足りないというか・・・・・。

そもそも「幸福」って人それぞれで、論じるのって難しいテーマですよね。
基本的に著者は、脱経済成長論なので、伸びなくなった経済を
残った人間でどう配分して享受するかという話になると、
私は古い人間なのかどうしても閉塞感を覚えてしまって、
シュリンクした幸福しかなくなっちゃうんじゃないかと不安があります。

例え日本経済の全体の力は大きくならなかったとしても、
現状維持ではなく、新しい産業が伸びて、古く将来性のない産業が潰れていく、
結果として総量は横ばいというか、微増・・・・みたいな世界ならまだ想定できます。
その時、自分は、伸びていく新しい産業に関わっていたいです。
そうやって成長過程にある産業に自分の身を置こうと思ったら、
やぱり経済成長前提での教育や経験が重要になるのではないかと思ちゃうのですが。

まぁ、でも、日本人全員が成長を求めてギラギラするのも疲弊すると思うので、
世の中の2割が成長追求タイプのギラギラ族、
6割がそんな無理に成長しなくても十分日常が幸せと感じられる穏やか派、
残り2割はそもそも世間の成長とは別次元に生きている人・・・・みたいな感じで、
経済成長全体はギラギラ族が牽引しつつ、実はそのエネルギーの原資は
穏やか派がまじめに働いてくれるから実現できるというような社会が
ギスギスせずに穏やかに成長できるような気がします。
理想論かなぁ・・・・。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  橘木俊詔 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ