fc2ブログ
『学校では教えてくれない日本史の授業 天皇論』
- 2021/08/09(Mon) -
井沢元彦 『学校では教えてくれない日本史の授業 天皇論』(PHP文庫)、読了。

今まで読んできた井沢作品の中で一番面白かったです。
「あ、日本の歴史って、こういう軸で読み解くと、きちんと2000年前から現在まで筋が通って見えるんだ!」
という気づきがありました。

日本の特殊な社会構造というか、日本人の精神構造について、
「忍耐力がある」「助け合う」「礼儀正しい」「温厚」「自己主張しない」というような部分は、
実感としては持てていますが、「なぜこんな社会が成立してるの?」というのは
実はあんまり腑に落ちていないところがありました。

特に、現在、東京オリンピックが開催されている状況下で、各国のアスリートやマスコミ記者が
「日本人のホスピタリティが素晴らしい」「他国の選手も分け隔てなく応援するのは特殊な民族だ」
というような日本人論がいろんな角度で展開されていて、
「なんで、こんな国民性をもった社会が、世界の中で継続出来ているんだろう?」という疑問が
自分の中に蓄積されていっていたまさにその最中でした。

で、本作を読んで、「穢れ」「怨霊」という原始的な発想が、
どの時代においても思想の核というか、もうどうにも身に染みて逃れることのできない
本質的な畏怖が国民全体の底流に存在しているため、
封建社会になったり、立憲社会になったり、民主社会になったり、
社会の制度は先に進んでいるように見えて、却ってプリミティブな恐れが思考の内側に
どんどん澱みのように蓄積されていっているのではないかと感じました。
だから、内面と制度のギャップを埋めるために、なんとか制度を無理やりいじって
日本人の畏怖感に合わせられるようにしているので、
外から見てユニークというか、変な社会に見えてしまうのでしょうね。

わたくし、大学受験は日本史で受けたのですが、他の教科に比べて
全く自信がない状態でした。過去問とかで、「荘園制度の成り立ちについて説明せよ」
みたいなものが出てくると、「あー、もー、無理、捨てよ」ってな感じでした。

ところが、本作で「荘園制度は脱税の仕組み」とズバッと解説されると、
「あ、そういうことなのか!!」とすんなり納得できました。
なんで急に荘園制度なんてものが全国に広まったのかわからなかったのですが、
そりゃ脱税できるならみんな活用しますよね(苦笑)。

本作は、「天皇論」となっていますが、私の受け止めとしては、
本作は「日本人論」であり「日本社会論」です。
その日本社会のまさしく象徴となる存在が天皇なんだなというのが、
戦後だけではなく、昔からそうだったんっだということも理解できました。
この流れをもしGHQが理解したうえで「象徴天皇制」を導入させたのだとしたら
恐るべしアメリカ合衆国・・・・ですね。

本作はシリーズになっているようですし、
『逆説の日本史』シリーズも積読になっているので、早く読まないと!!




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  井沢元彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『母の国から来た殺人者』
- 2021/08/08(Sun) -
西村京太郎 『母の国から来た殺人者』(ジョイノベルス)、読了。

とある会社の社長が飲み屋でカラオケを楽しんでいる最中に毒物で殺害された。
その場に居合わせた一見の女が怪しい・・・・しかし女の誰も素性を知らず、
カラオケで「母恋し」というフレーズを「ぼこいし」と歌ったことだけが特徴として残った・・・・。

なかなか強引な導入部だなと感じましたが(苦笑)、
この怪しい女が犯人と思われる殺人事件が次々と起きていきますが、
テンポよく読み進められます。

一方で、裏表紙に掲載されている「大臣を乗せた新幹線に届いた恐るべき爆破予告!」という
展開がなかなか出てこなくて、「ここから急展開するのかな?」とモヤモヤしながら読みました。
途中から、これはネタバレレベルの下手なあらすじ紹介なのじゃないかと危惧。
なんでここをあらすじに載せたのかな?と読んだ後でも疑問でした。

最後、新幹線の爆破予告という大掛かりな犯行の内容と
犯人像とがうまく結びつきませんでしたが、母の死を恨む気持ちがあれば
こういう大胆な犯行もできてしまうのかな。

全般的に面白く読めた作品でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『文豪ナビ 太宰治』
- 2021/08/07(Sat) -
新潮文庫編 『文豪ナビ 太宰治』(新潮文庫)、読了。

ブックオフの店頭で見て、「どういう意味のタイトルなんだろう?」と気になり買ってみました。
ナイフが使われた事件と太宰作品が何か関係するようなことってありましたっけ?みたいな。

正直、読んでもよくわからなかったのですが、
ただ、太宰文学の初心者向け解説本としては面白かったです。

自分の太宰履歴を振り返ると、意外と代表作とされるものを読んでいません(苦笑)。
自殺未遂や心中事件など、暗いイメージが私の中で根付いちゃってるせいかもしれません。

改めて解説を読んでみて、『ヴィヨンの妻』とか読んでみるべきかなと反省。

本作の構成は、冒頭でカラフルでポップな若者向けのページがあり、
そしてかわいいイラストで太宰作品の超入門コース紹介があり、
重松清氏や田口ランディ氏による太宰愛のエッセイがあり、
新潮社の編集部が力を入れている様子が伝わってくる構成となっており、
読み物としても面白かったです。

自死を選んでしまう人に対して、
どうしても私の中で生理的に遠ざけてしまいたいと思う部分があり
距離を置いてしまいがちですが、
太宰作品にたくさん触れることで、そういう生理的な拒否反応が少しでも薄くなって、
共感できるところを何か探そうという気持ちになれるでしょうかね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  太宰治 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『新神戸 愛と野望の殺人』
- 2021/08/05(Thu) -
西村京太郎 『新神戸 愛と野望の殺人』(新潮社)、読了。

毎週、自分のブランドショップの大阪店と神戸店を視察に行く女性デザイナーが
大阪-神戸間のこだま車内で刺殺された。
浮気していた夫の犯行が疑われるが・・・・・。

非常に単純明快な「不倫と殺人事件」というテーマで、ある種、安心して読めます(笑)。

この手の作品を読むたびに思うのは、
「妻が死んだ、そのとき自分は不倫相手と過ごしてて殺人は不可能だった」というときに
果たして、現実世界では、不倫の事実を隠そうとするのか、不倫相手と一緒にいたとアリバイを主張するのか
どっちの戦法を選択する人が多いのだろうか?ということ。
まぁ、サンプルは少ないでしょうけれど(苦笑)。

明らかに自分のアリバイを不倫の状況が証明してくれる場合なら、
素直にアリバイを主張する方が得ではないかと私は考えてしまいます。
まぁ、アリバイを証明するのが不倫相手でしかない場合は微妙ですけど、
例えばホテルマンが不倫現場を見ていたとか、どこかで食事したレシートがあるとか
そういう第三者の証明が得られそうなときは、アリバイ主張した方が良いのではないかと思います。
不倫を隠して、あとでバレた時の方が、心証が悪くて不利になりそうな気がします。

でも、いざそういう状況に陥ったら、冷静な判断ができずに
とりあえず社会的に悪と判断されている不倫関係を隠そうとするんですかね?

そんなこんなを感じながら読んだ、不倫関係満載の作品でした。
ちょっとみんな不倫しすぎじゃない?(爆)。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『出雲殺意の一畑電車』
- 2021/08/03(Tue) -
西村京太郎 『出雲殺意の一畑電車』(双葉社)、読了。

地方の小さな鉄道会社が、観光PRのために無人駅に駅長を一般募集。
そこに応募してきた落ち目の俳優を採用し、仕事を始めてもらうが、
ある日、彼が駅のホームで殺されてしまう・・・・・。

死体が握っていた名刺には「くたばれ、一畑電車」の走り書きの文字が。
このくだりを読んだとき、「あ、一畑電車って、想像の産物なのか・・・」と思い、
念のため検索してみたら、実在していました。
え・・・・この扱い、大丈夫なの?と不安を感じる展開です(苦笑)。

地方の小さな鉄道会社が、一生懸命経営努力をする姿には共感しましたが、
この殺人事件でさえ、追悼客を呼び込むようなイベントに利用したり、
その後も、亡くなった俳優の写真などを使ってどんどんPRを展開していきます。
一度は駅長をお願いした、ある意味、身内の人が駅の構内で亡くなっているのに
それをとことん商売に利用しまくるという商魂たくましい会社として描いており、
こんな描き方をして一畑電車からクレーム来なかったのかしら?とビックリ。

肝心の殺人事件の方は、過去のエピソードが動機になっており
そこは興味深く読みましたが、死体が握っていた名刺の意味が最後まで説明されず、
「くたばれ、一畑電車」というフレーズの異様さも相まって、モヤモヤが非常に残った読後感でした。

娘が、父の敵を討とうとしている割には
父の俳優としての経歴をあんまり知らないという設定もなんだか不自然。
最後、この娘になにかどんでん返し的な裏があるんじゃないかと疑ってしまいました(爆)。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『仏像』
- 2021/08/01(Sun) -
入江泰吉、青山茂 『仏像』(カラーブックス)、読了。

近所のおっちゃんにもらった本。
たくさんの写真とともに、名だたる仏像が紹介されています。

日本史の授業で時代ごとの仏像彫刻の特徴を学び、
副読本で写真を眺め、大人になってから美術展で実物を鑑賞し、
自分の中で「平安時代の仏像が柔らかい表情で美しい、鎌倉時代の仏像が力強くて圧倒的」と
イメージが出来上がってしまっていたのですが、
本作で改めていろんな仏像の写真を眺めてみると、
他の時代でも、その表情の穏やかさに惹かれる仏像があります。

あんまり画一的なイメージで捉えてはいけないんだなと反省。

東京を離れてしまい、すっかり美術展から遠ざかってしまったので
実物を目にする機会が減ってしまい残念です。
早くコロナが収束して、仕事で東京に行ける日々が戻ってきてほしいです。
半日ぐらい時間を空けて、トーハクとか行きたいなぁ。




にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |