FC2ブログ
『ぼくの短歌ノート』
- 2020/04/30(Thu) -
穂村弘 『ぼくの短歌ノート』(講談社文庫)、読了。

著者の作品には、最初にエッセイから入ったので、
どうでも良いことを深刻に考える人だなぁ・・・・という感想を持ち、
詩集を読んだ時には、「感情が溢れすぎててしんどいな」と思ってしまったので、
私の中で、「ちょっと面倒な人」というカテゴリに入れてしまってました(苦笑)。

で、素直なタイトルの本作は、著者による短歌(主に現代のもの)の解説です。
ライバルの歌人の歌から、新聞紙上で選者を務めているアマチュアの歌まで幅広く扱い、
「素直な歌」「ミクロな世界」などとテーマを定めて、
様々な切り口で、一口解説をしてくれています。

各歌に対して、数行程度の解説なのですが、その短い中で、歌の本質というか
見るべきポイントをズバッと指摘しているので、面白く読めました。
それほど短歌に親しくない私でも、なんだか短歌をじっくり味わえている気分に浸れます。

しかも、テーマ設定が、先ほど書いた一般的なものだけでなく、
「賞味期限の歌」とか「ゼムクリップの歌」とか、そんなテーマで括れるのか?!と驚くような
ニッチなものも出てきます。
でも、「ゼムクリップの歌」って、いくつもあるんですねー。
それだけの歌を知っている著者もすごいですが、
なぜ「ゼムクリップ」という些細な小物が短歌に読まれやすいかという考察も興味深かったです。

著者の解説は、短歌世界に対する目の付けどころが面白いなと思います。
そして、そのユニークな視点から、ズバッと本質を短い言葉で押さえるので
「おおお、そういうことか!」と膝を叩いてしまいます。

いろんな短歌を読むことができたのも面白かったですし、
短歌って身近なものなんだなと改めて思わせてくれたことに感謝。

著者の今まで読んだ本の中で、一番面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  穂村弘 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『いまさら入門 太宰治』
- 2020/04/29(Wed) -
木村綾子 『いまさら入門 太宰治』(講談社+α文庫)、読了。

先日たまたま父と太宰治の話になり、
「そういえば積読に太宰本があったなぁ・・・・」と取り出してきました。

古風な感じの著者名だったので、文芸評論家が初心者向けに解説します的な本かと思ったら、
なんだかとっても軽いノリで文章が始まったので、「!?」とプロフィール欄を見たら
カッコイイ風な若い女の人の写真が載ってて、雑誌の読者モデル出身だとのこと。
あー、若い女の子が同世代向けに太宰を語る本かぁ・・・・と思ったら
私の1こ下で、結構いいお年でした(苦笑)。

ということで、最初は、内容云々よりも、言葉の軽さというか、
自分の思いが前面に出過ぎている文章に、「年の割に青すぎないか・・・・」と
ちょっと引いたところからスタートしてしまいました。

ただ、「太宰が好き」の根底にある「本が好き」という感覚には共感できて、
だんだんと文章の軽さは気にならなくなってきました。慣れたのかな。

さて、本題の太宰ですが、著者も指摘する通り、
文章のリズム感が良いんですよねー。
ダラダラと一文が長く続くのに、句読点のおかげで、なぜかスラスラ読めちゃうんですよね。
さすがの才能。

本作で、1~2行が引用されているだけでも、文章にメリハリがって
面白さが伝わってきます。
特に、私が、太宰のユーモアあふれる作品が好きなので、
中盤で紹介されている作品たちには興味を惹かれました。

一方で、終盤で紹介されていた「斜陽」「人間失格」は、代表作ということもあって、
引用される文章のボリュームが大きいのですが、
ちょっと長すぎじゃない?と思ってしまうほどで、解説を読んでいるんだか
太宰の作品を読んでいるんだか分からなくなってしまうほど。

もうちょっと構成のバランスを取ったら、もっと共感しやすい本になっただろうになぁと
思ってしまった読後感でした。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  太宰治 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『本の話 絵の話』
- 2020/04/28(Tue) -
山本容子 『本の話 絵の話』(文春文庫)、読了。

たまたまブックオフで目に止まった本。
著者もタイトルも全く知らなかったのですが、
本の話らしい・・・・ということと、表紙絵がなんだかユニークで、
パラパラっと見たら、本作の中にも同じタッチの挿絵がたくさんあったので
試しに買ってみました。

本文を読んでみてから分かったのは、著者は銅版画家さん。
冒頭のエッセイで、学生の時に最初の個展を開くときの、
どんな思いで、どういうテーマ設定をして個展に臨んだのかということが描かれており、
著者がどういう人物なのかを知るには、とても分かりやすい自己紹介でした。

学生の分際で、自分はピカソを超られると信じて、
必死になって個展のテーマ設定を見出そうと格闘する様子を、
大人になってから文章に書けるというのは凄いなぁと。
自分だったら恥ずかしくて書けないです(苦笑)。
でも、著者が書けてしまうというのは、自分にとって、その時期の努力が意味あるものだったと
肯定してるからだと思います。

確かに、テーマ設定を見出すまでの知恵の絞り方とか、結構さらっと書いてますが、
とてつもないプレッシャー出たのではないかなと思います。
その苦労があってこその、今のポジションなのかなと。

冒頭のエッセイで、2回目の個展から、
村上春樹氏が訳したカポーティ作品の挿絵を担当するという流れがわかり、
で、本作の中心となる、作家とその肖像画という作品集の位置づけが良く分かりました。
挿絵を担当するというポジションで、本や作家に深く関わっていくことで
『本の話 絵の話』というタイトルにも納得。

構成がすごく上手いなと思わせる作品でした。
吉本ばなな氏の『TSUGUMI』には、著者の挿絵が大きな意味を持っているというのもわかり、
そちらの作品も読んでみなければ!と思いました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『死を招く料理店』
- 2020/04/27(Mon) -
ベルンハルト・ヤウマン 『死を招く料理店』(扶桑社ミステリー)、通読。

翻訳もののミステリを自分で選んで買うのは極稀なので、
たぶん何かの書評で紹介されていたものを「読みたい本リスト」に追加して、
ブックオフで見つけて買ってきたまま積読になっていたものと思われます。

STAY HOME!ということで、読書時間に余裕が出てきたので
挑戦してみました。

・・・・・が、読みづらい!

最初の1ページ目からして、全然文章が頭に入ってきません。
描写している情景が頭の中で像を結ばないような感じです。
文体が自分の趣味に合わないとかではなく、言葉が理解できない感覚です。

最初は、翻訳者の文章力の問題かなと思っていたのですが、
文章力であれば、読む方が頑張れば、さすがに情景ぐらいは思い描けるのではないかと懸念し、
訳者あとがきを読んでみても、翻訳者の日本語文章は普通に読みやすかったので、
「こりゃ、原文の問題だ!」ということで、理解をあきらめました・・・・・。

ドイツ人作家とのことですが、ドイツ語の文章構造なりドイツ人の文章思考が
日本人のそれと懸け離れているのではないかと思うようになりました。
まぁ、大学の授業でもドイツ語には一切タッチしなかったので、完全に想像の世界ですが。
本作の訳文からすると、ドイツ語の文章というのは、堅苦しい説明調で、行間のないものなのではないかと
勝手に推測しました。
ドイツ語を習ったことのある皆さん、いかがでしょうか?

イタリア人の名前が、日本人には馴染みがなくて、
たくさん出てくる登場人物の名前が覚えられないということも理解できない原因の一端かと思います。

しかも本作では、サスペンス小説化が主人公で、その小説家が書く作中作での殺人事件と
小説家が生活する現実世界での殺人事件とが複雑に交差していくことになり、
話のプロットも非常に難解です。

その難解な構造が評価されて、グラウザー賞とやらを受賞したのだと思いますが、
翻訳サスペンス初心者には、ハードルが高かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一日江戸人』
- 2020/04/26(Sun) -
杉浦日向子 『一日江戸人』(新潮文庫)、読了。

著者の作品は、アニメ映画で見たことがあるのですが、
著作は初めてです。
本業は漫画家さんで、エッセイも書いているという位置づけでしょうかね。

江戸の庶民の暮らしぶりについて、
食事、衣装、流行りもの、エンタメ、慣習など、様々な切り口で紹介しています。
あくまで庶民の暮らしというところがポイントで、
江戸の暮らしがどんなにお気楽だったのかが良くわかります。
あんまり働かなくても食べていけたというのは、国家としての豊かさの現れですよね。

文章は結構読みやすかったのですが、
漫画というか、挿絵のページが、文庫本では細かすぎて非常に読みにくいです。
小さい字でゴチャゴチャと書き込まれていて、本業の方の魅力が損なわれているのは残念。

漫画の内容についても、双六のような形で表現する等
工夫しているのは分かるのですが、もう少しすっきり描いてくれないと
演出よりも読みにくさの方が勝ってしまってるんじゃないかと思いました。

本作を読んでいて思ったのは、
サイバラ画伯の漫画は、文字がたくさんあっても、読みづらいとはあまり感じないのは
なんでだろう?ということでした。
慣れ?
それとも、やっぱり文字の大きさとか余白の広さとか、物理的な問題なのでしょうか?




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『コレキヨの恋文』
- 2020/04/25(Sat) -
三橋貴明、さかき漣 『コレキヨの恋文』(小学館)、読了。

ヒットしていたので気にはなっていたのですが、
著者が三橋氏とは知りませんでした。

小説仕立てになっているので、プロットを三橋氏が書いて、
さかき漣さんという共著者が小説に書き上げたのかな?と予想して
さかき漣さんでググってみたら、なんと三橋さんの元嫁であると出てきました。
えっ、あのDV被害の人!?とビックリしたら、この人はその前の嫁さんだったみたいで、
なんだか複雑な三橋家の内情を覗いてしまいました(苦笑)。

さてさて本題ですが、民主党政権から自民党政権に戻った頃が舞台で、
元総理大臣の朝生に担ぎ出されて神輿に乗せられた総理は、なんと30代の若手女性議員。
とにかく国民の人気取り最優先という人選でしたが、
首相公邸の庭で高橋是清と時空を超えて経済についての教えを乞うたことで
デフレ脱却の積極経済政策に開眼していく様子が描かれています。

高橋是清が大蔵大臣を務めていた第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の時期と
現代の失われた10年との、あまりにも類似点が多いことには驚きました。
歴史上の話なら、整理して、理屈で理解し、評価もできるのに、
現在進行形の話だと、いろんな情報が錯綜したり、様々な主張がこんがらがったりして
冷静に議論できないところが難しいんだなと。

100年前に、このような同じ状況に陥り、失敗を重ねた記録があるならば、
同じ過ちを犯さないように、別の政策に賭けてみるというのは分かりやすいなと思いました。
(三橋氏は、「賭け」ではなく「正解」と主張しているのだとは思いますが)

まぁ、私は、政策というのは、全て社会実験に過ぎないと思っているので、
正解があるわけではなく、仮説を立てて、いろいろ試して上手くいかないところを適宜調整して、
PDCAを回していくことが一番効率的なのかなと思っています。
その柔軟性が時の政権にあるか、また忍耐力が時の国民にあるかという点がポイントなのかなと。

経済の解説に関しては、国民経済と個人経済についての話が一番興味深かったです。
そして、「貯蓄」というものの意味も。
お金を動かしていく、回していくということの大切さがよくわかりました。

そして、政治の役割という点では、就任から丸1年を迎えたときに女性首相が行った
自分の「無知」を認め、国民の「義務」を突き付ける迫力が印象に残りました。
まさにそうだなと。
「政治家を落選させ、責任を取らせることは、有権者の権利ではなく義務」
これは、すごいメッセージだなと思いました。
政治のレベルは有権者のレベル以上にはならない、まさにその通りだと思います。
一人の社会人として、これは肝に銘じないといけないことですね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  三橋貴明 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『にっぽん海風魚旅3 小魚びゅんびゅん荒波編』
- 2020/04/24(Fri) -
椎名誠 『にっぽん海風魚旅3 小魚びゅんびゅん荒波編』(講談社文庫)、読了。

このシリーズを読むのは10年ぶりでした。
最近は、雑魚釣り隊などの大人数のキャンプ話を読むことが多かったので、
シーナさんの1人旅(または控えめな数人の仕事仲間との旅)を読むのは新鮮な感じがありました。

しかも、雑魚釣り隊のスケジュールを見ていると、
キャンプ地に24時間も居ないときさえあり、なんて忙しいキャンプをする人なんだと思ってました。
シーナさんの日常は、日記的エッセイで読んだことがあるので、
その忙しさは理解しているのですが、
逆に、本作の旅で、何日も千葉にいたり、北海道に居たり、小笠原に2週間も居たりするのを読むと、
「こんなにゆったりしてて大丈夫なのか?他の仕事がエライことになってるんじゃないか?」と
不安になってしまうほど、本作の中では時間が緩やかに流れてます。

特に取材目的も定めず、行き当たりばったりのドライブ旅。
宿は事前に決めているようですが、特にこだわりがないのか、結構失敗してます(爆)。
食事の店も、宿の人に教えてもらったり、出会った人に教えてもらったりで、
目茶苦茶美味しそうな店が登場することもあれば、
「まずい!」とバッサリ斬られる店も。
シーナさんが凄いと思うのは、「まずい!」と書いた店の写真を載せちゃうこと(苦笑)。
どこまで毒舌なんだか。

冒頭、千葉の旅が出てきましたが、
ちょうど読んだばっかりの館山周辺の漁師生活エッセイと舞台が被っていて、
「あらま、シーナさんもそこへ行ったのか!」と、自分自身は行ったことないのに
なんだかすごく親近感を覚えました(笑)。

そして、私が一番興味をもって読んだのは、小笠原の旅。
私自身、何度か父島にダイビング旅で訪問しているので、
すごく親近感をもって読んだのですが、
シーナさんの「大島や八丈島に比べて都会的」という指摘に大いに納得。
小笠原ってオシャレなんですよね。
日本というよりグアムやサイパンに近いイメージ。
アメリカ統治の影響でしょうかね。

アメリカ文化と島文化が不思議と融合し、そこに移住者の持ち込む若さが重なって
独特な文化を形成していると思います。
また行きたいなぁ。
でも、1週間も時間が作れない(悲)。
サラリーマンの時って、会社の命令で1週間の9連休が取れたので、
今思うと幸せな宮仕え生活だったなと。
脱サラして起業しちゃうと、細かい時間はいくらでも作れるけど、
大きな時間が自由になりにくいという悲しみ。
ダイビング自体、2年近くできてないし。
まずは足元でのダイビングを復活しないとダメですね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  椎名誠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『異議あり日本史』
- 2020/04/23(Thu) -
永井路子 『異議あり日本史』(文春文庫)、読了。

一般的に知られている歴史のヒトコマについて、
著者の視点で異論を唱える歴史エッセイ。

そんなに思い入れもなく読み始めたのですが、
著者の力強い文章に、一気に引き込まれていきました。
著者のことはあまり知らないのですが、
男性っぽい迫力を感じる文章だと思いました。

1つ1つのテーマに充てている文章量は短いので、
そんなに深掘りしているわけではないと思うのですが、
ズンズン話が進んでいくので、テンポの良さと文章の強さをもって
「こんな歴史の解釈があっても面白いな」と思えてきます。

歴史の題材って、同じテーマをいろんな作家さんが扱いますが、
同じものを語っていても、ワクワクドキドキするものもあれば、つまんないものもありますよね。
結局、歴史は物語なので、歴史解釈という点での大局観の構成力と、
ストーリーテラーとしての筆力次第ということなのかなと。

新井白石とか光厳天皇とか、目の付け所も面白かったです。
新井白石なんて、印象は教科書の「正徳の治」ぐらいしかなく、
理念重視で頭でっかち政策を実行したというイメージです。

何か新井白石の本って読んだことあったっけ?と本Blogを検索したら
藤沢周平さんが書いた本を読んでました。その本では、白石は有能な政治家として描かれており
永井評とは異なります。
この作家による歴史上の人物への評価の違いというのも、歴史の面白さですね。
人間というのは、本当に多面的なんだなと思います。

著者の小説は1冊しか読んだことがないので、
他の作品も読んでみたいと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  永井路子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『マンボウの刺身』
- 2020/04/22(Wed) -
岩本隼 『マンボウの刺身』(文春文庫)、読了。

マスコミ出身の人が房総半島の先っちょで漁業と農業を営んでいるという著者プロフィールを見て、
もしかすると意識高い系の田舎暮らし通信かもしれないという懸念も持ちつつ買ってきたのですが、
予想と違って、ガッツリ漁師の生活の話で、非常に面白かったです。
偏見の目で見ててスミマセン m(_ _)m。

千葉の館山の「香(こうやつ)」という地域に住み込んだ著者が、
地元漁師の指導のもとで、様々な漁の経験を積んでいった経験が語られています。

いきなり脱サラ&移住して田舎暮らしをするのではなく、
最初は海水浴場に遊びに来た客として香の地域に接して、
その次は夏場の漁師手伝いとして季節労働者として関り、
それから移住してガッツリ漁業に取り組むというステップを踏んでいます。

その過程で、地元の漁師との信頼関係を築いて、
次第に指導してくれるお師匠さん筋の人が増えてきたんだろうなと想像できます。
その地元に溶け込んでいくプロセスを、あえて詳しく描いていないことが憎いです。
たぶん、移住者にとっては、そこが一番苦労するところであり、泣き言を言いたいところだろうから。
そこをあっさり描写で済ませて、あくまで香の地域の漁師たちがどんな生活を送っているのかを
さらっとした描写で描いていくところが、すごく格好良いなぁと思いました。

文章には書かれていない、移住者としての苦労がきっとあっただろうなと思うのですが、
そこは書かずに、あくまで漁師目線で日常を描いているとことが憎いです。
地元の方々との信頼関係が出来上がっているからこそのエッセイですね。

自分の好きな海で、思う存分、魚やエビカニ、イカタコ、貝類を獲って、
市場で売り、自分達も食べ、居酒屋でくいっと一杯。
最高の日々ですね。
羨ましい。

自分が思いっきり打ち込める仕事に
毎日精一杯取り組めるというのは、幸せな人生ですね。
自分もそうありたいと思う読後感でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『飛びすぎる教室』
- 2020/04/21(Tue) -
清水義範、西原理恵子 『飛びすぎる教室』(講談社文庫)、読了。

シミズ博士とサイバラ画伯のコンビで送るお勉強シリーズの最終巻・・・・ということでしたが
その後もシリーズは続いているようなので閉店商法ですね(苦笑)。

それまでは、国語、算数、理科、社会の教科に対応した作品でしたが、
本作は、授業中に先生が脱線してしゃべる雑談を意識したと著者が言うように、
特定の教科と結びつくものではありません。

天使の話から、アメリカ人の宗教観の話に広がり、具体的にはハリウッド映画で検証したり、
暦の各国文化における違いから、支配者層が国家統治をどのように行ったかを見て行ったり、
外国に旅行することで気づくこと、気づかないことを比較し、バイアスについて考察したり。
雑談が多面的、多層的に広がっていくので興味深かったです。
小学校の教科というより、社会学の世の中の眺め方に近いのかなと思いました。

サイバラ画伯の方は、相変わらず文章とリンクしない漫画で押し切ってますが、
久々にサイバラ画伯の本職の漫画作品も読んでみたくなりました。
まさに、シミズ博士からサイバラ画伯に流れた1人である私(笑)。
サイバラ画伯からシミズ博士に流れてくる人は、確かに想像しにくい(爆)。

私はキリスト教についての初心者向けの本を何冊読んでも
キリスト教についての理解が深まった気が全然湧いてこないのですが(苦笑)、
本作でシミズ博士が端折りながらも解説してくれた聖書の話が
要点を押さえやすいと感じました。
教義についてはよくわかりませんが、誰と誰が身内でつながってて、
誰が誰を殺したとか、いじめたとか・・・・・・・愛のない要約ですみません。

シミズ博士は、宗教をネタにした作品もたくさん書かれているので
もう1回読み直してみても良いのかなと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ