FC2ブログ
『放送禁止歌』
- 2019/07/19(Fri) -
森達也 『放送禁止歌』(知恵の森文庫)、読了。

ブックオフで本を物色中、本作のタイトルを見て、「なんか変な本があるなぁ」と手に取ったら
森達也作品と分かり即買い。
こりゃ骨のある本になってそうだ!と思って。
本作を読んでみたら、著者の出世作のようですね。
そこまでは知らなかった(苦笑)。

さて、そもそも「放送禁止歌」というものがあること自体を知りませんでした。
オンエアに乗せにくい歌詞の歌があった場合、日本では自主規制という名の
業界ルールができて一律規制されるという流れになるのは良く理解できます。
でも、そういうルールに抵触するような歌が、ヒット曲・歌謡曲の中に存在しているというのが
ピンとこなかったというのが正直なところです。
それは自分が、フォークソングというジャンルに無知だからだと思います。
どういう世界観を歌っているのかが分かってないから、ピンとこなかったのかなと。

本作では、放送禁止とされている歌詞の数々が紹介されており、
じっくり読むことができます。
こんな厳しい情景、寂しい情景を歌にしていたのかと改めて驚きました。
一方で、「自主規制するほどの歌詞なのかな?」という疑問を覚えたのも事実です。

この流れに部落解放同盟が登場してきて、複雑な様相を呈してきます。
同和問題で読んだ本は一冊しかないので、偏った知識しかないのですが、
本作に登場してくる解放同盟の人々は、モノゴトの本質を冷静に見ている感じで
私が持っていた恫喝グループの印象とは大違い。

同和問題って掴みどころがないなぁと改めて感じました。
私が通っていた中学校では、同和教育に熱心で、しかも熱が入った頃でした。
定期的に同和問題について話を聞く時間があったのですが、
一番印象に残っているのは、同和問題そのものについての中身ではなく、
先生が「わが校は県内で先駆けて同和問題に取り組んでいる」と誇らしげに語っていたこと。
難しい問題に自主的に取り組んでますよ!というようなポーズが
子ども心に違和感を覚えました。

そういう歪んだ意味を持つテーマなので、
マスコミ人は、基本的に自主規制したくなるんでしょうね。
その心情は良く分かります。
本作では、マスコミ人に気概はないのか!というような糾弾トーンがありますが、
正直、私は、マスコミ人とはいえ企業に属したら、自主規制には従いますわよと
テレビ局の人を擁護してしまうような気持ちになってました。
私、元金融マンなので、自主規制という業界ルールに馴染んでいて
それを一社員が跳ねのけるのは無理だと感覚的に理解できます。
著者の立場だからこそ、この問題提起ができたのだろうなと。

あと、本作では、後半にデーブ・スペクター氏との対談が収録されており、
アメリカにおける放送禁止歌の概念との比較で、日本における問題がより鮮明に描かれており
とても理解しやすかったです。

取材期間中、著者自身の心の揺れや、
部落の関係者に向けた自分の質問や視線、口から飛び出してしまった言葉など
そのまま収録し、その際に自分がどう感じていたのか、どの点に無意識だったのかも書いており、
同和問題を知識としてしか持っていない私自身がその場面に居合わせたら
どう感じるだろう、どう行動するだろうかという想像が膨らんでいき、
いろいろと多方向に思索が広がっていく読書となりました。

こんなテーマに時間をかけてガッツリ取り組んだ著者は、
やはり社会に問題を提起していく人物として、しっかり追っていかねばならないなと再認識しました。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  森達也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『怒涛の虫』
- 2019/07/18(Thu) -
西原理恵子 『怒涛の虫』(双葉文庫)、読了。

著者の名前だけで気軽に買ってきたのですが、
なんとご自身初のエッセイ作品だったようで、
そんな若い時の作品だったのか!とびっくり。

確かに、編集者とのやり取りが多く描かれていたり、
自分の文章の出来を気にかけているような心情描写があったり、
なんだか初々しいです(笑)。

エロなネタはエロなんですけど、
でも、自分の子供のころの思い出にも浸ってたりして、
私の好きなサイバラ女史の人生観が垣間見えます。

あんまりエロネタ漬けのサイバラ作品は好みじゃないので、
適度にサイバラ哲学を感じさせてくれる作品にうまく出会いたいものです。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  西原理恵子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中日×阪神
- 2019/07/17(Wed) -
年に1度の阪神戦観戦。
今年も昨年に続き、ナゴヤドームにやってきました。

オールスターを挟んで、阪神は4連敗中、中日は5連勝中
そして鬼門のナゴヤドーム。
なんだか始まる前から不安でいっぱいです(苦笑)。

先発は、阪神が岩田、中日はなんと1軍復帰の松坂。
凄い歓声でした。
そして、ナゴヤドームも、いつもスカスカの席が結構埋まってて、さすが松坂効果。

DSC_0047.jpg

初回、投球練習している松坂のボールが、思ったよりも勢いがあったので、
「あら、結構手ごわいのかしら」と思いきや、
先頭の近本、そして糸原と連続ヒット。
糸井の犠牲フライで早くも1点先制です。
こりゃ嬉し~いと思っていたら、大山、陽川と簡単に打ちとられて終了。
相変わらず、クリーンナップが機能しておりません。

一方の岩田の方も、立ち上がりはグダグダ。
ポコポコ打たれてすぐに2点を失います。

再び糸井のタイムリーで追いつきましたが、4番、5番が続けず、同点どまり。
イライラの募る展開です。

幸い、岩田が立ち直ってくれたので、その後は比較的落ち着いて見ていられましたが、
打線の方は中盤から全く打てなくなり、夢も希望もありません。
9回裏まで2対2で進んだところで、阪神の投手は小野に。
えっ!小野!?という感じ(苦笑)。
こんな緊迫した場面に使って良いのかと思ってたら、
案の定、四球とヒットで一気にピンチに。
そこで、なんとヒット1本の大島を申告敬遠して、4回とも塁に出てるアルモンテ勝負。
なんでぇーーーーーー。
小野の制球難はみんなわかってるはずなのに!

この超プレッシャーがかかる場面で小野の制球はますます乱れ、
ベースの超手前でバウンドするボールや、暴投に近いような大外れのボールを投げており、
アルモンテは楽々と押し出し四球を選びました。

なんじゃ、この展開はー!(怒)
でもね、小野のせいじゃないと思う。
9回に小野を登板させ、さらに申告敬遠で満塁策をとったベンチの失敗ですよ。

今日は、前日の負傷退場でマルテは不在。
ドリスも温存されて、出てきた外国人はPJのみ。
見たかった選手を見られなかったのも、不満の種となりました。

この記事のURL | スポーツ観戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『猫怪々』
- 2019/07/16(Tue) -
加門七海 『猫怪々』(集英社文庫)、読了。

ホラー作家による愛猫エッセイとうことで、
猫との生活を綴った本かな?ぐらいのお気楽な気持ちで買ってきたのですが、
かなり「怪」寄りの内容でした。

そもそも猫を飼い始める前の話からスタートするのですが、
なんだか凄く理屈っぽい。
どんな条件で街を選んだのか、実際に街を見て何を感じたのか
事細かに書いているのですが、ずいぶん堅苦しいなぁ・・・・・と思ってました。

それが、猫が家にやってきてから起きる出来事の数々で
なんでこんなに理屈っぽく始まったのか理解できました。
猫から黒い虫の影が飛び出したり、家の中に死にかけの犬が出てきたり、
これでもかというぐらい怪現象が起きまくります。
時々起きるのではなく、もう毎日、というか毎場面ごとに。

著者が体験した実話という態になっているので、
怪現象が現実に起きたということに説得力を持たせるために、
著者が「私は理知的にモノゴトを考えてますよ」というポーズが必要だったのかなと。

正直、これだけの怪現象が起きたら、
こんな猫と一緒に暮らすのは、私は嫌です(苦笑)。
まぁ、ここまで立て続けに変なことが起きると、
猫を捨てたりしたら祟りや呪いがかかるかも・・・という恐怖で、
捨てるに捨てられないかもしれませんが。

私は霊感とか全く感じないので、怖い目に遭ったり、不気味な思いをしたりは経験ないのですが
だからといって、霊の存在を否定するつもりはありません。
ただ、本作では、あまりに怪現象が立て続けに起こるので、
正直、途中からは作り物の小説だと思って読んでました。
現実の話だと思うと、霊媒師的な人まで呼んびつけての騒動ぶりに、ちょっと引いちゃいます。

というわけで、なんだか微妙な読書となってしまいました。
好きな人はドはまりする作品なんでしょうね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『笑われるかもしれないが』
- 2019/07/15(Mon) -
原田宗典 『笑われるかもしれないが』(幻冬舎文庫)、読了。

ムネリンのエッセイ本。
事件以降、ムネリンのエッセイを上手く読めなくなってしまってますが、
時間も経過したので、大丈夫かな?と恐る恐るチャレンジ。

いろんな雑誌に掲載されたエッセイの寄せ集めということで、
分量もテーマも結構バラツキがありますが、
ムネリン節のへらへらした感じで何となくまとまってる感。

この手の軽~い感じが心地よいなぁと思っていたところ、
カミサンや、息子が登場してくると、やっぱり頭は事件に戻ってしまって、
「あの時、この人たちはどんな思いをしたのだろう?」と余計なところに
気持ちが分散してしまいます。

あぁ、この人の本をきちんと読めなくなったというのは、まことに残念だなぁ。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  原田宗典 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『一橋ビジネスレビュー2019春』
- 2019/07/15(Mon) -
『一橋ビジネスレビュー2019春』

積読状態になっている号がいくつかありますが
とりあえず目についたので手に取りました。

特集は「NEXTユニコーン」ということで、
急成長したベンチャー企業を事例に、次のユニコーンを探すというモノでしたが、
事例として出てくる企業が、freeeやラクスルであり、
「あれ、ちょっと情報古くない?」と感じてしまいました。
ラクスルなんて設立して10年経ってるし。

まぁ、一定の成果を上げていないと評価しづらいという面もあるでしょうし、
そもそも日本にはユニコーン企業が少ないという点もあるので、
知ってる企業の話に収斂してしまうのは仕方が無いと思いますが、
あまり新鮮味がなかったなぁというのが本音。

ただ、事業設立や成長の経緯を追うだけでなく、
経営者の生い立ちにも迫っているのは興味深く読みました。

また、製造業の事例は、やはり技術的な土台が最も重要ということで、
いかに技術を社内に蓄積していくか、逃げないように囲っておくか、
つまりは人材の確保が大事なんだなと実感しました。

後半の記事は、正直あまり刺さってくるものがなく、
流し読みとなりました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  一橋ビジネスレビュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『むかしの味』
- 2019/07/14(Sun) -
池波正太郎 『むかしの味』(新潮文庫)、読了。

剣豪小説家による食べ物エッセイ。
この著者の作品は、そういうエッセイしか読んだことがありません(苦笑)。
でも、美味しそうなんですよね~。描写が。

本作の発表が昭和63年。
その時点で振り返っている「昔」なので、戦前の味を、昭和63年の時点で伝える店の紹介です。

私が行ったことのある店は1軒もありませんでした。
なにせ、どこもお高そう。
老舗洋食屋とか寿司屋とか、パーラーとか。
なんでこんな店に10代の子供が食べに行けるのか!?と思いきや、
株屋に奉公に出て、正規の給料以外にチップなどの報酬で稼いでいたようで、
当時の証券会社なんて、結構グレーな仕事だったのではないかと推察します。

しかし、その稼いだ金を、高い店で美味しいものを食べたり、
劇場で良い作品を見たりして、自分の財産として身につけられるよう投資するというのは
なかなか若い人にはできないことだと思います。
まぁ、当時、どれだけ意識してお金をそういうところに使っていたのかは知りませんが、
あとになって、それで作品が書けるだけの経験として自分の中に当時の感動や感想を残しているのは
流石だなと思います。

あと、挿絵として使われている著者の手によるイラストも
味があって素敵です。

この作品が書かれた時点から、平成という時代を飛び越え、
もう令和の時代になってしまいましたが、
紹介されている個々の店は、今も「むかしの味」で残っているのでしょうか。
食べに行きたいけど、どこもお高そうなので、ちょっと二の足を踏んじゃうなぁ。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  池波正太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本地下経済白書』
- 2019/07/13(Sat) -
門倉貴史 『日本地下経済白書』(祥伝社黄金文庫)、読了。

吉本興業の闇営業問題が騒がれていますが、
税務署が捕捉できていないアングラマネーの市場規模を解説した本。

違法薬物や風俗、ギャンブルなど、
様々なアングラ市場が取り上げられており、
その市場規模に驚く半面、解説の内容はワンパターンで、
読み進むにつれて段々と興味が薄れていってしまいました(苦笑)。

公式の統計で、事業者数が何社となっているかを基礎に、
著者が聞いて回った範囲での平均的な1日の売上や利用者数を掛けて
市場規模を類推するというもの。
単純計算の試算で終わっていて、その類推が正しいかの二重チェックというか
別角度からの検証がされていないので、
表面的な考察で終わってしまっている印象です。

もうちょっと突っ込んだ解説が欲しいですねぇ。

週刊誌の連載コラムで読む程度なら興味深く読めるでしょうが、
一冊にまとめてしまうと、物足りなさが強調されてしまいます。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  門倉貴史 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『9割がバイトでも最高の感動が生まれるディズニーのホスピタリティ』
- 2019/07/12(Fri) -
『9割がバイトでも最高の感動が生まれるディズニーのホスピタリティ』(中経出版)、読了。

先日読んだディズニーランド啓蒙本がイマイチだったので、
手元にあった別のディズニー啓蒙本を読んでみました。
この著者のシリーズは一冊読んでいるので、それほど不安なく読めました。

まず、先日の本で消化不良な印象を受けた部分については、
本作で素直に整理されて書かれていたので、なるほど!と納得。
やっぱり、変に創作話で説明しようとするよりも、
ストレートに考え方と実際のエピソードで解説した方が分かりやすいですよね。

そして、舞台であるディズニーランドという職場を見た時に、
本作を通して、やっぱり特殊な職場環境だなぁと思います。
「特殊」という表現に誤解があるなら、徹底した従業員教育で突出したホスピタリティマインドを
醸成するのに成功した企業ということになるでしょうか。
マニュアルを実行させるだけの強制的なサービスの実施ではなく、
当人に考えさせて自主的に行動させるという精神面での教育が徹底しています。
ある種、サービス企業体としての理想が現実のものにできているから、
そこで働きたいと思うスペックの高い従業員が集まってきて、
さらに人材レベルが高まっていくという好循環になているのでしょうね。

という好意的な評価はここまでにしまして(笑)。
本シリーズが世の中に登場してきたときに、
きっと「9割がバイトでも、あんな素敵なサービスが実現できるんだ、さすがディズニーの教育!」と
積極的に評価するスタンスだったと思うのですが、
私が今回本作を読んで感じたのは、「9割がバイトだって暴露しても責められない企業ブランドは凄いな」
というものでした。

かつての不況期に、正社員をリストラして、
比較的低コストで雇える派遣社員など非正規雇用が増えたことについては、
基本的に批判の声が多いわけですよ。
正社員に登用せよ!みたいな。

本作が出版された2011年は、年越し派遣村の騒動から然程時間が経っていないわけで、
デフレ真っただ中の時期ですから、当然アルバイトのような非正規雇用者は
苦しい生活をしていた時だと思います。
そんな中で、「うちの労働者は9割が非正規雇用です!」と言い切る潔さ。
それだけ自分たちの事業体制に自信があるということなんでしょうね。

著者は既にディズニーを退社している人だから好きに書ける・・・・・という反論もあるかもしれませんが、
退社後もディズニーで食っていこうとしたら、ディズニーに睨まれるようなことは慎むべきであり、
つまりは、このタイトルはディズニー黙認ということだと思うんですよね。

世論の流れに反して、ここまで自我を打ち出せるというのは、
やっぱりディズニー凄いなと、結局は素直に読んだ人と同じ結論になりました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『童話集 風の又三郎』
- 2019/07/10(Wed) -
宮沢賢治 『童話集 風の又三郎』(岩波文庫)、通読。

実は、宮沢賢治の作品って、全くと言っていいほど読んだことがありませんでした。
映画では『銀河鉄道の夜』を小学校に上がるかどうかぐらいの時に見て、
ジョバンニとカムパネルラの友情と旅路に感動した思い出が。
今回は、「童話集」として18編が収められている本作を読んでみました。

最初に出てきたのは「風の又三郎」。
タイトルはもちろん知っていましたが、あらすじさえ知らなかったお話。
東北(?)の山間の村の学校に転校してきた男の子と、村の子たちとの短い交流。
物語のストーリー展開よりも、子どもたちが交わす会話や言葉の表現が
面白いなあと興味を引きました。

続く「セロひきのゴーシュ」も、タイトルだけ知っていた作品。
本作の収録作の中では、一番好きなお話でした。
交響楽団の中で一番下手っぴなゴーシュ。
それが、夜な夜な動物たちと交流しているうちに、みるみる腕前が・・・・。
交響楽団の中での人間関係というか、人間同士の気の使い合いの描写がリアルで、
一方、動物が登場してくる場面ではファンタジーさい溢れており、
このバランス感覚が絶妙でした。

この後、16編のお話が詰め込まれていましたが、
童話って、一気に読むものじゃないですね。
途中から疲れてしまいました(苦笑)。

訓話じみたところのない、ある種とらえどころのない話もあって、
後半は流し読みになってしまいました。





にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ