FC2ブログ
『椰子・椰子』
- 2019/05/19(Sun) -
川上弘美 『椰子・椰子』(新潮文庫)、読了。

ブックオフの50円ワゴンにあったので、
内容は特に確認せず、「川上弘美が50円だー!」という、それだけで買ってきました。
そして、特に考えずに、「さっくっと読めそうなものを・・・・」と思って手に取ったのですが、
図らずも、川上弘美2連発となりました。

でも、正直なところ、途中まで、川上弘美2連発になっていることを気付いていませんでした。
それほど、作品のタッチが別物だったので。
『真鶴』が情念の世界なら、『椰子・椰子』は観念の世界。
いきなり冒頭に、モグラと一緒に写真を撮っちゃったりしてるのですが、
「あれ?動物界の擬人話法??」とか悩む暇もなく、
隣にはランドセルを背負ったもぐら(らしき)すらっとした生物のイラストが。
もう、ぶっ飛んでます。

モグラとの日常生活の話なのかと思いきや、
次の日には原っぱに怪物が住み着いたという話になり、
「ランドセルを背負ったモグラは怪物じゃないのか!?」と突っ込もうと思ったけど、
次から次へと異次元の話が出てきて、
しかも各エピソードが繋がってたり、ぶっ飛んでたりで、
なんとも捉えどころのない物語です。

でも、空気感がポップだから、
不快な感じや不穏な感じを覚えずに、読み進めていきことができます。

真鶴での不倫話とは、ぜーんぜん違う世界観で、
これが同じ作者から生まれてきたのか!とビックリ。

タイトルの「椰子・椰子」は、著者のお子様が幼かったときに
「おやすみなさい」がうまく言えずに「やし、やし」になっていたというエピソードから。
あぁ、夢の中の世界なのか・・・・と、ようやく納得。

あとがきに行くまで、「夢の中の話を描いている」ということすら思い至らなような
独特の世界観が出来上がってました。
私的には、『真鶴』より面白かったです。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  川上弘美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『真鶴』
- 2019/05/18(Sat) -
川上弘美 『真鶴』(文春文庫)、読了。

真鶴半島というと、私の中では、ダイビングで通った場所です。
リゾートというよりは、講習の場所。
ちょっと地味なイメージがあるので、「真鶴」というタイトルからは、
「そんな場所が小説の舞台になるのか!」と驚きを覚えました。

そんな地味な場所なのに、小説はヒットしていた、という記憶から、
なんとなく私の中では、『真鶴』=川上弘美の代表作という公式が出来上がってました。

で、読んでみたのですが、情念の世界というか、怨念の世界というか、
なんとも濃厚な感情の世界が広がっていました。
正直言うと、私の苦手なジャンル・・・・。

でも、その描写の細やかさから、
「こんな繊細な感覚をもって生きている人おいるんだなぁ」と
なんだか勉強になりました。
私自身は、芯がガサツなので、ちょっとやそっとの周辺の変化は、
たとえ気づいても意図的に無視してしまう気がするんですよね。
でも、主人公は違う。

娘がそっけない態度を取った一瞬の表情を捉え、
それをフォローするような母の言動を捉え、
恋人=不倫相手の些細な振る舞いに神経をとがらせる。

私の感覚では、私の3倍ぐらいの濃さで、
日常生活を感じているのではないかと思われるほどの神経質さ。
そうなりたいわけじゃないけど、ここまで濃い描写を読んでしまうと、
自分自身、いろんなことを気付かずに捨ててしまっているような喪失感を覚えます。

ストーリー自体は、ガサツな私からすると
「はっきりせい!」と喝を入れたくなってしまうほどウジウジしている印象を持ってしまいますが、
女(霊?)が付いてきちゃう(憑いてきちゃう?)なら、
こんな風にウジウジ考えた末に、女(霊?)と対話しちゃったり出かけちゃったり
しちゃうんでしょうかね・・・・・・いや、やっぱり、それは壊れてるな。

世界観を堪能するまではいかなかったですが、
こんな世界もあるのね・・・・と思える程度には濃い作品でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  川上弘美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『「法令順守」が日本を滅ぼす』
- 2019/05/16(Thu) -
郷原信郎 『「法令順守」が日本を滅ぼす』(新潮新書)、読了。

タイトルに惹かれて手に取ったものの、
著者の名前を見て、「う~ん、買おうか買うまいか・・・・」と悩んだものの
えいやっ、と買ってきました。
ま、50円だったし(笑)。

法令が構築する「理想の社会」と、現実社会が求める理想の社会にはギャップがあるので
法令をどれだけ一生懸命守っても、本当の理想の社会にはならない・・・・という話かなと
自分なりには解釈しました。
前に読んだ『思考停止社会』と、同じことを言っているのだと思います。

ライブドア事件、耐震偽装事件、パロマ事件など
世間を騒がせた事件を具体的に解説して、何が違法だったのか、何が社会的に反していたのかを
具体的に解説しているので、分かりやすいです。

ただ、これらの事件が起きた経緯と、
形式的なコンプライアンス(=法令順守)主義とは、根っこが別の話だと思うんですよね。
「とにかく法令を言われたとおりに守っていればよい」という思考停止のコンプライアンス信仰と、
先ほど挙げた事件を起こした人たちの意図的な脱法の発想は、
全く違う思考回路から出てきてると思うんです。

なので、タイトルでなされた問題提起に、この本は答えていないのではないかなと思います。
看板と中身にズレがるというか、違う方向を向いているというか。

腑に落ちた感が得られない読書となりました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  郷原信郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『勇気ある言葉』
- 2019/05/15(Wed) -
遠藤周作 『勇気ある言葉』(集英社文庫)、読了。

Blogを辿ってみたら、遠藤作品を読むのはなんと13年ぶり!
特に避けてたわけではないのですが、
今回、近所のおっちゃんにもらったので久々に読んでみました。

古今東西の名言について、狐狸庵山人が独自の解釈を
ユーモアを交えて行うという企画です。
『悪魔の辞典』的な皮肉の効いた解釈が披露されるのかなと思ったのですが、
名言に縛られず、ゆるやかなテーマ設定という感じでエッセイが進んでいきます。

社会に対して怒ったり茶化したり、
短いエッセイの中で詰め込まれてます。

どの文章にも、最後に編集部コメントがついていて、
これまた遠藤氏の文章を茶化したり同意したりしていますが、
ピリッとしたものから、ダラッとしたものまで、ちょっと出来不出来の波があって
オチとしては弱いものもあったのが残念。

遠藤周作氏のような大作家のエッセイのオチを担当するとは、
どの編集部さんか分かりませんが、これこそ勇気がありますね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  遠藤周作 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『向田邦子の青春』
- 2019/05/14(Tue) -
向田和子 『向田邦子の青春』(文春文庫)、読了。

脚本家・向田邦子は、私が物心つく前に亡くなっているので
同時代性は感じられない人物です。
なのに、その小説作品やエッセイを読むと、
女性の気持ちの描写が細やかでぴったり寄り添っている感じで、
自分自身を投影できるような印象を持ちます。
すごい才能ですね。

そんな向田邦子の若かりし頃を、末っ子の妹目線で綴ったのが本作。
邦子が10代~20代の頃がメインとなっており、
脚本家として売れていく直前までといった感じです。

まず何よりも、この和子さんの書く文章が非常に読みやすいです。
読みやすいだけでなく、テンポとリズムがあり、
簡潔な言葉で描写しているのに、その景色が目の前に立ち上がってくる感じです。
プロフィールを拝見すると、喫茶店経営の後小料理屋を経営ということで、
特に文筆業の方はされていないようですが、
これは向田家の血なのでしょうか、それとも姉の影響なのでしょうか。

邦子とは9歳年が離れているということで、
かなり面倒をみてもらったようで、その一つ一つが描かれていますが、
文章が書け、裁縫もでき、人への気遣いもでき、自分の人生を切り拓いていける、
なんて素敵な女性なんでしょう。
そして、妹の心に残る、それこそ何十年も大事に思っている言葉を
様々な場面で与えてくれた姉というのは、大きな存在ですよね。
私は第一子で近くに住んでいるいとこは皆年下だったので
お姉さん、お兄さんという存在とはどんなものなのだろうかと、妄想してしまいます。

そして本作でもう一つ特筆すべきは、たくさん収録された邦子の写真。
日常のスナップショットというより、カメラの前で着飾ってポーズを決めたものが多く、
「あれ?向田邦子のお父さんかお母さんって、有名人だったんだっけ?」と思ってしまうほど。
正直、自分が10代~20代の頃って、こんな気取った写真、1枚もないですわよ(爆)。
昭和の時代に、これだけ一般人の若い女の人でポートレートを撮っている人って、
珍しいのではないでしょうか。
それとも、今見たいに気軽に写真を撮れない環境だったから、いざ写真を撮るときは
こうやってキメキメでポーズをしたものなんですかね?よくわからん。

この写真があるだけで、向田邦子という女性の特異さが5割増しになっているような気がしました。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  向田邦子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『哀しい予感』
- 2019/05/13(Mon) -
吉本ばなな 『哀しい予感』(角川文庫)、読了。

ブックオフの50円ワゴンに、ばなな作品が入ってたので「おっ!」と思って即買い。

主人公の少女には、音楽教師の不思議な叔母が居る。
叔母は、学校に行くときは地味なスーツでバチっと身を固めて隙が無いのに
古い一軒家は汚く散らかってて、ゆるーい格好でダラダラしているというギャップ。
そんな叔母の家に、ある日、少女は家出してくる・・・・・。

叔母の存在感が凄くフワフワしてて不思議な感じ。
弟の哲生との距離感も近すぎて不思議だし、母親との距離感は離れているような。
登場人物たちの存在感や距離感に違和感満載なのに
その違和感がこの作品の面白さに繋がっていて、魅力的です。

私は、外ではきちんとしてるけど、家の中ではタガが外れたようにズボラという叔母に
非常に親近感を覚えました(笑)。
まぁ、ここまで現実感の無い生活ではないですけれど。

そして、タイトルの「哀しい予感」。
このタイトルのせいで、「この家族は一体どんな結末を迎えるのだろうか?」と
不安で仕方がなかったです。
ハッピーエンドになるとは思えなかったので。

最後のシーン、少女と叔母が立っていた場所は恐ろしい景色でしたが、
でも、なんだか前向きな終わり方で、「あぁ、こんな展開もあるのか」と
なんだか勉強になりました。

吉本ばなな作品では文章に苦手意識があったのですが、
本作ではそれほど気になりませんでした。
同じ作家さんでも、合う作品、合わない作品というのがあるものなんですねぇ。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本ばなな | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『ああ面白かったと言って死にたい』
- 2019/05/12(Sun) -
佐藤愛子 『ああ面白かったと言って死にたい』(海竜社)、読了。

徳ちゃんがラジオで何回か取り上げている作家さんだったので
ブックオフの50円ワゴンに入っていた本作を買ってみました。

私自身、過去に一冊しか著作を読んでいないので
どうというイメージが固まっていない作家さんです。

「箴言集」は、これまで何冊か読んだことがありますが、
「もっとまとまった文章で読みたい!」と、消化不良感で終わってしまうことが多く
相性が良くないジャンルだったのですが、
本作は素直に読めました。

多分、著者に対するイメージがない状態で読んだので、
その文章をすんなり読めたのかなと思います。

最初の印象は、読みやすいメリハリのある日本語を書く人だなということ。
数行の文章でも、すっと意味が通って、腑に落ちる感じです。
結局、「もっとまとまった文章で読みたい!」とは思ったのですが(笑)、
言いたいことはスッキリ伝わってきたので、消化不良感は少なめでした。

著者の人生観というか、判断基準は、結構クールで
「世の中こんなもんだから文句言ったってしょうがないじゃない」と
受け止めているような印象を受けました。
自分にも他人にも厳しいような。
でも、潔さを感じる厳しさのような気がします。

一度きちんとエッセイを読んでみたいなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『シアター!2』
- 2019/05/11(Sat) -
有川浩 『シアター!2』(メディアワークス文庫)、読了。

『シアター!』の続編です。

『シアター!』のあらすじというか設定とエンディングは覚えていたのですが、
具体的にどんな作品構成だったか忘れちゃってました(苦笑)。
債権者の司が鉄血宰相だったイメージはあったのですが、
劇団員の面々が、意外と印象に残ってなかった感じ。

続編では、劇団員1人1人(特に脇役メンバー)が主人公になる連作形式で
(もしかすると前作も連作形式だったのかもしれませんが、忘れた・・・・苦笑)
それぞれがどういう思いで劇団シアターフラッグに関わっているかが分かるので
読んでいて面白かったです。

それぞれの生計がほぼ成り立っていないという時点で
甘い人生だなぁとは思ってしまいますが、
それでも新しい作品を世に生み出すエネルギーは凄いなと思います。

それぞれが悩み苦しみ、それを乗り越えていく姿は清々しく読みました。
そして、やっぱり私にとってキーマンは司です。
演劇界という、そもそも産業として未熟というか
個々のプレイヤーの犠牲の上に成り立っている世界において、
損益管理とか契約管理とかの司の徹底したビジネス管理の手法や思考回路が
ある種、ビジネスマンとして勉強になります。
判断が早いのも、判断がブレないもの、素晴らしいプロデューサーぶりです。

司の言葉は、冷たいですが、芯が通っているので
真正面から言われた劇団員たちも、受け入れざるを得ないというか
最後は納得して腑に落ちているように思います。
こういう言葉力を持っている人物というのは、憧れます。
結構、ノートに書きだしたセリフがありました。

ちょっとスズと千歳の話は、2人とも子供過ぎて、ちょっと引いてしまいました。
ここまで強情を張り合ってどうやってオチを付けるのだろうかとハラハラしたのですが、
最後はうまーく丸めて劇団のエネルギーにもなっていて、さすが有川作品。

第3弾で話は完了したのかな?
早く100円で見つけて読まねば!




にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  有川浩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本人であるということ』
- 2019/05/10(Fri) -
福田和也 『日本人であるということ』(ハルキ文庫)、読了。

久々の福田センセ。

タイトルから、ガッツリと日本人論を語っているのだろうと思ったのに、
思いのほか前半は時事的な話題が多くて、ちょっと思っていたテイストと違ってました。

冒頭、平成の米騒動の話から始まりましたが、
「あぁ、そんなこともあったわね~」というぐらい、自分の中で過去の出来ごとになってました。
もう30年近く前ですね。

その後、東日本大震災のときに米不足というか、野菜なども含めて全般的に不足してました
それでも、この平成5年の米騒動ほどの混乱はなく、
「あれはいったい何だったのか」と思う一方で、
「主食となるものが、ほとんど不足することがない日本って、凄いよなぁ」と素直に感心してしまいました。

食料自給率自体は低下の一途を辿っているのでしょうけれど、
米に関しては、これだけ安定して生産・供給されているのって、
生活の安定度合いからすると、ものすごい貢献度だと思います。
日本人は、あんまりその有難味が分かっていないのではないかなと、
自分自身も反省。

著者の政治家評価(特に小沢一郎氏の評価)は興味深く読みました。
改元前のNHKの番組で、小沢一郎氏が仕掛けた小選挙区制による2大政党制の実現について
やっていたのをたまたま実家で見たのですが、その時も面白い政治家だなと思いました。
大局観をもって政治に当たり、自分が描いた理想の実現に邁進するという姿勢は
現役の他の政治家を見ても、そのレベルの人はごく僅かなように思います。

邁進する姿勢や剛腕なところは、好き嫌いが分かれるかと思いますが、
でも、批判されるのは、それだけブレずに筋が通ったことをやっている証拠だと思います。
今で言ったら、安倍首相がそんな感じ。
ブレブレヨレヨレで批判もままならない政治家よりも、
批判されるほど芯の通った主義主張を行う政治家の方が信用できると思いますね。

後半は、歴史を絡めた分析が続きましたが、
ちょっとニーズ違いだったので、また日を改めて読んでみますわ。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  福田和也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ラ・ラ・ランド』
- 2019/05/09(Thu) -
『ラ・ラ・ランド』

大ヒットしていましたね。
地上波で放送されていたのを録画してあったので
今更ながら見てみました。

正直な感想としては、
よくぞミュージカル映画で、日本であれだけヒットさせることができたものだ・・・・
つまりは、ガツンと来る理由が見当たらなかったというところです。

冒頭の渋滞のシーンで、ミュージカルの華やかさや、
特にこの映画で印象に残るカラフルな色使いが目に鮮やかで、
作品の特徴が出ています。

でも、ストーリーの面で、あんまり引き込まれなかったというのが正直なところ。
私の理解が足りないのかもしれませんが、ミュージカル映画って、
歌って踊ってしているシーンに時間を割かれるので、
ストーリーをじっくりと描く時間的余裕がなくなって、ざっくりと話が進んでいく印象があります。
本作も、反発し合ってたのに、すぐにお互いに好意を持ち始め、
デートを重ね、同棲までして、で、仕事の考え方でぶつかり合って・・・・・と
なんだか急激に展開していったような印象を受けました。

ミアとセバスチャン、それぞれに自分の夢を追いかけながら、
ミアは恐怖心でチャンスを拒否しようとしますし、
セバスチャンは安定した生活をミアが求めたと他人に理由を押し付けて現実的な道を選びます。

セバスチャンの方が大人に見え、ミアは子供っぽいなと思ってしまいました。
でも、エンタメの世界は、大人が評価されるわけではない。
ミア、セバスチャン、それぞれに自分の道を歩み、地位を築きますが、
ラストのジャズバーでのお互いの表情を見ていると、
セバスチャンの方が、過去に対して思いが強かったように感じました。

チャンスに怖気づいていたのに、いざチャンスをものにしたら、前を向いて生きていく。
女性は強いですね。

大ヒットしたのは、カラフルな映像美と、
女性優位なストーリーがポイントですかね。
レビューを読んでいると、様々な有名映画への思いも込められているようですが
映画素人なので、そこまでは分からず。
でも、ざっくりと、きれいな映画だなと思いました。




この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ