FC2ブログ
『オイアウエ漂流記』
- 2019/03/14(Thu) -
荻原浩 『オイアウエ漂流記』(新潮文庫)、読了。

アハハと笑えるユーモア小説を・・・・と思って本作を手に取ったのですが、
ボリュームの割に内容が薄くて、面白くなかったです。

トンガ方面の単距離移動に使用した小型飛行機がトラブルで海面に不時着。
乗っていたのは日本のリゾート開発会社の社員と取引先のドラ息子、
そして新婚旅行の日本人夫婦と慰霊の旅に出た日本人おじいちゃんと孫、
1人だけ西洋人が混じってますが、ほぼほぼ日本人のグループです。

そんな団体が海に投げ出され、無人島に漂着しますが、
南国のテキトーな救助活動のせいか、何日も発見されずにサバイバルしていくことに。

基本的には、無人島でのサバイバルの過程を面白おかしく描いて、
サバイバルテクニックの披露と、グループ内での人間関係の衝突と和解が
ストーリーの大半を占めるのですが・・・・・・・とにかく長い!
そして、長いわりに話が進まず、同じところをずっとグルグルしているような感覚になります。

そもそも、南国のテキトーな救助が当てにならなければ、
ドラ息子の資産家家族が自費で捜索活動を行うんじゃないの?という疑問もあり、
これだけ長時間、見つからずに放置されるという展開が、あまりに非現実的。

そして、肝心のグループ内のやりとりについても、
リゾート開発会社の部長をはじめ、非常識の塊のような人間がゴロゴロしていて、
前半で読者のイライラを募らせておいて、後半で勧善懲悪でスカッとさせるという
著者が良く使う手法だと分かっていても、「こんなバカは居ないよ」と思ってしまい
正直なところ、作品から引いてしまいました。
著者のワンパターンさにも飽きが来ちゃったかな。

結局、最後、どんな風に物語が締まるのだろうか?という、
その一点のみの興味で読み続けましたが、
最後10ページ近くなっても状況に大きな変化がなく、
??????と思っていたら、唐突なエンディングでした。

えーっ、みたいな終わり方で、モヤモヤが残りました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  荻原浩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『夜の国のクーパー』
- 2019/03/13(Wed) -
伊坂幸太郎 『夜の国のクーパー』(創元推理文庫)、読了。

私があまり得意ではない第2期の作品ですが、
意外と面白く読めました。

戦争という陰惨なテーマを扱っていますが、
物語をクールな猫の視点で語っていくので、軽いタッチで読めてしまったのかもしれません。

しかし、描かれている内容は、裏切りや嘘、身代わり、格差というようなもので、
かなりしんどい事象がたくさん出てきます。

これを読んでいて思ったのは、
「知らない」ということが、どれだけその社会の持つ世界の広がりを制限してしまうのかということ。
例えば、北朝鮮の一般国民にとって、自分が住む世界の外の世界に対する認識って
本作で描かれたような感じなのかなと思ってしまいます。
本作に登場する国民は「馬」を知りませんでしたが、
北朝鮮国民は「キリン」を知っているのだろうか?とか。

冒頭シーンで、猫が人間に話しかけてきたり、
杉の木からクーパーという怪物が生まれるという伝説が語られたり、
クーパー退治に出かけた戦士たちは体が透明になってしまうという顛末など
ファンタジー満載な展開で、最初は置いてきぼり感を覚えたのですが、
猫の件は別として、クーパーに関する物語は、どうも伝聞情報ばっかりで信憑性がイマイチだな
と思い始めてからは、真相が気になって、一気に面白くなってきた感じです。

自分の目が見て頭が考えている世界は、どれだけ狭いのだろうかと
自分自身の視野について考えさせられるお話でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  伊坂幸太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『笑犬楼の逆襲』
- 2019/03/12(Tue) -
筒井康隆 『笑犬楼の逆襲』(新潮文庫)、読了。

何の気なしに買ってきた筒井作品でしたが、
断筆宣言事件後に書かれたエッセイ(『噂の真相』誌の連載)ということで、
思いのほか主張の強い内容でした。
筒井作品の中では、大きな意味を持つ作品なんだろうなと思いました。

そもそも断筆前言事件については、私は中学3年生だったので、
事件自体が話題になっていたのは知っていましたが、
まだ筒井作品には触れていない時期で(たぶん)、
しかも高校受験とかがあったので、ほぼスルーな状態でした。

その後、筒井作品は、父の本棚に何冊かあったことから、
古い作品を中心に読み始めましたが、
SF作品とかスプラッター作品とかナンセンス系とかのイメージがあるだけで、
そこまで著者自身に興味を持ってきませんでした。
まぁ、「日本人なら読んでおくべき作家」というぐらいの位置づけです。

そんな私が本作を読んで、一番驚いたのが、
「えっ!?筒井康隆って、こんなに俳優業をこなしてたの???」という驚き(爆)。

自分で作品を書いて、演出して、上演するというのは、
まぁ、作家としての名声があり、資金があればできてしまうと思うのですが、
思いのほか、テレビドラマや演劇の出演に声がかかっているようで、
これは、役者としての才能があるということなんでしょうか?
それとも客寄せパンダというか、マスコミ向けのネタなんでしょうか?
私自身、氏の演技を見たことがないので、何とも評価できないですが、
「文士劇」レベルと、カッコ書きで決めつけているのが良くないのかな(苦笑)。

エッセイの内容自体は、俳優としての活動の裏話以外に
作家としての断筆解除に関する解説とか、
グルメレポなり、書評なり、創作活動の成果物なり、多岐にわたりますが、
やっぱり、私の最も印象に残ったのは、俳優業に関することでした。

俳優・筒井康隆の出演作品で、今でも簡単に見ることができるもので、
お勧めのものとかってありますか?
ここまで俳優業を前面に押してるぐらいだから、ちょっと見てみたいわ。

あ、あと、断筆宣言事件に関しては、社会科学的な意味合いで興味がわいたので
もっときちんとした作品で追いかけたいと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  筒井康隆 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『暗黒星ネメシス』
- 2019/03/11(Mon) -
ドナルド・ゴールドスミス 『暗黒星ネメシス』(サンケイ出版)、読了。

祖父の本棚から。
「絶滅した生き物」を扱ったジャンルの本が好きな人だったので、
私も子供の頃、その手の図鑑的な本をよく見せてもらってました。
今から見ると「変な生きもの~」という面白さを感じてました。

本作は、恐竜が絶滅した原因を、太陽の伴星がもたらした彗星が
地球に衝突したことによるものだとする説を解説したもの。
この伴星をネメシスと名付けたことから、ネメシス説と言われているようです。

私が子供の頃には、すでに、恐竜が絶滅した原因は隕石の衝突という説が最有力だと
言われていたので、その説が世に出てきたときの本かな?と思ったのですが、
読んでみたら、この隕石説というのは非常に奥が深いんだなと分かりました。

そもそもの発端が、地層からイリジウムが突出して多い部分が発見されているという話と、
大量絶滅というのがある周期をもって発生しているという話が合体したことで、
イリジウムが大量に発生するような事象が周期的に発生しており、
それが生物の大量絶滅を引き起こしているという説に。
それが、周期的な隕石の飛来であり、周期性が発生するには、
伴星が関与しているということになっていきます。

この「周期性」という概念が、私には初耳で、興味深かったです。
そして、肝心の伴星については発見に至っていないということも。
周期性を説明するためには、伴星の存在が必要だということで、
ネメシスという伴星が「仮定」されているというものです。

この星が発見されたら、恐竜の絶滅に関して、諸説の中から正解が見つかるのだ
ということよりも、周期性があることが立証されるので、
次の生物絶滅の時期が現実のものとなってしまうという恐ろしさも孕んでおり
ドキドキする存在だなと思います。

明るい夢だけではない、ネメシス仮説、面白いですね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『四捨五入殺人事件』
- 2019/03/10(Sun) -
井上ひさし 『四捨五入殺人事件』(新潮文庫)、読了。

お気楽推理小説をば。

とある田舎での講演会に出席するため、山の中の温泉に宿泊した作家2名。
大雨の中、古びた旅館に到着すると、なんと増水で橋が流され
小さな温泉町に閉じ込められることに。
何の娯楽施設もなく、テレビすらない旅館の中で起こったのは、殺人事件!

というわけで、一応は推理小説風の展開になっていますが、
わがままな大作家と時代に取り残された古旅館、そして田舎の役場職員と地域住民という
まぁ、ドタバタコメディ系の井上ひさし作品らしい塩梅です。
温泉宿にまつわるエロティックな味付けで。

江戸時代に殿様に搾取された農民たちの歴史をベースにして
現代の農業問題を知らしめようというところが、
この作品の社会性ですかね。
取り残される田舎と、自分の都合だけ考える都会の人間との対比。

そういう重たい問題を、エロティックコメディで語るところが、
井上ひさし氏らしさですね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  井上ひさし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『君は、奇跡を起こす準備ができているか。』
- 2019/03/09(Sat) -
千田琢哉 『君は、奇跡を起こす準備ができているか。』(徳間書店)、読了。

なんとなく買ってきた本。
見開き2ページの右側にメッセージ、
左側に簡単な解説、そして大きく動物の写真という構成です。
ビジュアルブックというジャンルだそうで。

人生で成功することを「奇跡」と称し、
成功をつかむための心構えをメッセージとして発しています。

メッセージ自体は、シンプルで分かりやすいので、
なるほどなというものがありました。
ただ、解説の方は、イマイチよくわからず。
解説を読んだ方が、メッセージがぼやけてしまうような感じです。

動物の写真は、たぶん、それほど深い意味はなく配置されているように思いますが、
こういう本が好きな人は、
何度も読み返して気持ちを盛り上げるのかな。




にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ガーディアン』
- 2019/03/08(Fri) -
石持浅海 『ガーディアン』(光文社文庫)、読了。

幼い頃に父を病気で亡くした少女には、
少女が「ガーディアン」と呼ぶ不思議な力が働いており、
少女に害を与えようとする人間がいると、その加害者に攻撃をしかけて排除する。

設定は非常にSFチックというか、非現実的なものなので、
普段の自分なら引いてしまう可能性が高いのですが、
なぜか本作は面白く読めました。

この「ガーディアン」という存在そのものを主役にしたSFファンタジー作品ではなく、
前半は、そういう設定を生かした推理もの、後半はアクションサスペンスに仕上がっていて
それぞれに配置された謎や危機的状況をどう克服するかという点に軸を置いて
読むことができたからかなと思います。

あぁ、引っかかるところは多々ありましたよ。
例えば、いい年した大人達が「ガーディアン」の存在を素直に受け入れていることや、
受け入れた後も主人公との人間関係を基本的に維持しているところなど、
「こんな変なことが起こってるのに、良く付き合えるなぁ」と思ってしまいます。

前半では、とある企業の業務改善プロジェクトチームに招集された主人公が
チームメンバーと帰宅途中に、メンバーの一人が階段から転落死。
事故か自殺かでみんなが推理を働かせる中、主人公はガーディアンのせいだと思い、
亡くなったメンバーがなぜ自分に危害を加えようとしたのか悩みます。

石持作品なので、当然のことながら悩む姿が理屈っぽいですが、
まぁ、でも、当人としては悩むわなぁと共感できました。
ただ、真相については、ちょっと捻り過ぎじゃないの?という、いつもの石持作品への感想。

後半は、この少女の娘が主人公。
母と同じく「ガーディアン」に護られています。

で、遭遇するのはテロ資金を調達するために銀行強盗をしでかした一団。
逃走中の車両トラブルで郵便局に逃げ込み、そこに居合わせた少女ら客と職員が
立てこもりの人質となってしまいます。

ここで、少女と銀行強盗たちとの知恵比べになるのですが、
少女は「ガーディアン」の力を使って状況を好転させようと無暗な行動をするのではなく、
あくまで1人の人質として冷静に事態に立ち向かおうとします。
このキャラクターに好感を持ちました。

強盗側にも1人冷静な人物がいて、
こういう危機的状況でも冷静に観察して分析し行動できる人間になりたいなと思います。
テロリスト稼業には興味ないですが。

石持作品には、時々こういう変化球の作品があるので、
結局、文句言いながらも読んじゃうんですよね~。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  石持浅海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浅草演芸ホール 3月上席 昼~夜の部
- 2019/03/07(Thu) -
またまた寄席に行ってきました~。
超お久しぶりの浅草です。
浅草演芸ホールって、他の寄席よりもお客さんの出入りが激しいような印象を持っていて
なんだか落ち着きがないので、ちょっと足が遠のいていました。

さて、昼の部の最初の噺が終わったところで入場。
まずは、林家久蔵さん。この日は林家木久扇一門がたくさん出ていたので、
木久扇師匠をネタにした枕を何度か聞きましたが、
特に思い入れのない落語家さんの話を聞いても、内輪受け感が強くてあまり笑えず。
噺は何だったかな?「殿様の将棋」??

マジックはダーク広和さん。
こじんまりとした紐マジックでした。

三遊亭青森さんは、この前の鈴本でお初にお目にかかりまして、
バカバカしいシャンプーとリンスの恋話に大笑いしたのですが、
今回は、古典の「普段の袴」でした。
二つ目さんなのに堂々と演じるところはやっぱり凄いと思いましたが、
新作落語を期待していたので、ちょっと肩透かし。

続いて、三遊亭歌武蔵さん。初めて新作落語を聞きましたが、
「目の調子が悪くて眼医者に行ったら目玉を刳り抜かれて塩素で洗われる」という
何ともスプラッターな内容でビックリ。ちょっと心の闇を感じましたわ。

ギター漫談のぺぺ桜井さんは、たぶん2回目なのですが、
こんなに言葉が聞き取りにくかったかな?という感想です。

林家たけ平さんは、「大師の杵」。
初めて聞く噺だったのですが、川崎大師の縁起についての内容だったので、
「え、どこまでホント?」と興味津々で聞いていたのですが、後で調べたら全く嘘なのですね(笑)。

さて、ここで本日のお待ちかね、三遊亭圓丈師匠です。
ちょっとお歳を召しちゃったなぁ・・・・と思ってしまいましたが、
「新寿限無」が始まったら、一気に子供の名前をまくしたてるくだりなんぞ、さすがですね。

漫才は、すず風にゃん子・金魚さん。
ダンスを軸にしたネタなので、にゃん子さん途中から息が上がってます(苦笑)。
でも、踊りまくって、ゴリラの物まねでも舞台上を駆け巡った金魚さん、
10歳近く年上だろうに、あの軽やかな動きはすごいわ。
お客さんとの掛け合いも面白かったです。

林家彦いちさんは、新作落語の「にらみ合い」。
この方の落語は、天どんさんの真打昇進披露の時に聞いているのですが、
やっぱり圓丈一門、好きだなぁと思わせてくれる方です。
電車中で出会ったちょっと変な人たちとの一触即発の状況を描いているのですが、
場面の切り替わりのブリッジ的なところは、圓丈師匠の「悲しみは埼玉へ向けて」みたいで
独特の世界観ができあがってました。今後も要チェックの噺家さんですね。

春風亭一朝さんは「転失気」。
和尚さんの知ったかぶりを、小僧がバカにするという構成は、
落語の王道でありながらも、やっぱり面白いですね。

紙切りは林家正楽さん。
ミッキーマウスの繊細な線が見事でした。ミッキースマイルも最高。
そして、お囃子でミッキーマウスマーチが流れるとは、すごい!

桂文楽さんは、「六尺棒」。
お勝手の戸越しにやりとりされる道楽息子と怒れる父親の会話が面白かったです。

鈴々舎馬風さんは、お初にお目にかかりましたが、
落語ではなく、小話というか、枕?で終わってしまいました。
小話も面白かったですが、やっぱり噺が聞いてみたかったなぁ。

仲入り後は、春風亭三朝さんで「子ほめ」。
休憩明けで聞く側の集中力が途切れてしまったのか、あまり印象が残ってません。
すみません。

ロケット団の漫才は初めて聞きましたが、スピード感と安定感があって
とっても安心して笑える感じでした。

林家木久蔵さんですが、木久扇一門の掟でしょうか、ましてや息子さんですから、
もちろんネタにしております。いい加減、くどいですな。
噺は「勘定板」。尾籠な話ですが、東北もんの方言の伸びやかさと相まって
とっても笑えるお話になってます。
噺が面白かったので、なおさら父親ネタは要らないかと・・・・・。

橘家圓太郎さんは「親子酒」。
酒飲みの親父さんの奥さんに酒をねだる様子が可笑しかったです。

曲ごまの三増紋之助さんはお初でしたが、
お歳の割には若々しいというか初々しい感じでネタを見せる演出なのですね。

トリは林家ひろ木さんで「熊の皮」。
ちょっとタドタドシイ印象を受けてしまったのですが、そういう芸風なんですかね。
最後に津軽三味線を披露されてましたが、寄席って、自由なんですね。

さて、そのまま夜の部に突入。
まずは、林家きよひこさんで「狸の札」。
登場した時、「中学生?」って思ってしまうほど、若いというか幼い印象でした。
でも、演じる声は堂々としたハリのあるお声でした。
一体、おいくつの方なのでしょうか?

古今亭志ん松さんは「ざる屋」、そして、古今亭志ん輔さんは「宮戸川」。
このあたりからさすがに集中力が切れかかってきました。

そこまでして夜の部に残ったのは、米粒写経を見たかったから。
Youtube番組の『虎ノ門ニュース』で、居島さんのことはよく見ていたので、
本業の方も見てみたいなと思っていました。
ネタは、『虎の門ニュース』でも垣間見せる歴史好きとか、マニアック情報とか混ぜつつ、
大きなツッコミでぶっ叩くというものでした。
私はどちらかというと細やかな芸が好きなので、好みの王道ではありませんでしたが、
普段よく画面で見ている芸人さんを生で見られて思い出になりました。




この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『イスラーム国の衝撃』
- 2019/03/06(Wed) -
池内恵 『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、読了。

一時期、「ISIS」だとか「IS」だとか「イスラム国」だとか、
特に欧米人の人質を殺害する動画の件で、日本のニュースでも良く目にしましたが、
最近は、あんまり聞かなくなった気が。

相応に制圧されてしまったんでしたっけ?
中東情勢って、地理的や政治的な距離感もあって、なかなか理解が進まないです。
エネルギー問題とかに大きな影響を及ぼすから、ホントはちゃんと知っていないといけないんですけどね。

本作では、「IS」としてイラクの広い範囲を実効支配したことを受け、
それまでの「IS」の組成経緯と政治的位置づけ等を解説しています。
私みたいな超初心者でも読めるように、かなり丁寧に説明がなされています。

当時、ニュースを見ていた印象として、
アルカイーダの後継組織として一気に頭角を現してきたように思っていたのですが、
もっと長い歴史というか活動履歴のある組織だったんですね。

イスラム教という日本人には縁遠い宗教と、
その宗教観の影響を色濃く受けた独特の政治哲学が
これだけ丁寧に説明してもらっても、やっぱり複雑です。

自分にもっと中東の歴史についての知識があったら、
この本からは多くのことが学べただろうにと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『「みんなの意見」は案外正しい』
- 2019/03/05(Tue) -
ジェームズ・スロウィツキー 『「みんなの意見」は案外正しい』(角川文庫)、読了。

一時期話題になっていた本。
ようやく見つけたので、早速読んでみましたが、
結論的には、あんまり刺さってきませんでした。

「牛の重量当てゲームをやったら、全員の回答の平均値が実際の重量とほぼ一致した」
このエピソードから始まる、「みんなの意見の活かし方」みたいなテーマは
面白いと思います。

ただ、思いのほか、文章が硬いというか、読んでいてのワクワク感がないです。
「牛の重量当てゲーム」のエピソード自体は面白いので、
著者が紹介している各事例を研究した内容は面白く感じられるのですが、
著者による解説やストーリーテリングがあんまり滑らかではなくて、
個々の事例がブツ切れに並んでいるように感じてしまうからかなと思いました。

扱っている事例も、最初の「牛の重量当てゲーム」から始まって、
「みんなの意見」というものの集合体の定義があちこちに広がっていくので、
その収拾のつかない感じも、読みにくさの原因かもしれません。

もうちょっとネタを絞って、1つの事例について深く解説した方が
納得感が高かったように思います。

私なりの結論としては、重量当てのような、ただ測定するだけのようなものには
「みんなの意見」は意外と有効であっても、
思考や思想が絡んでくると、とたんに路頭に迷いだすという感じでしょうか。
結果、人間社会においては、ほとんど役に立たないように感じてしまったのですが、
私自身は「みんなの意見」をあまり信用しないにしても、
研究対象としては興味深いなと思います。

もうちょっとワクワクできる語り口の本で、このテーマをもう一度読んでみたいです。




にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ