FC2ブログ
『英国一家、日本を食べる』
- 2017/04/20(Thu) -
マイケル・ブース 『英国一家、日本を食べる』(亜紀書房)、読了。

フードジャーナリストが、初の来日&家族連れで
100日間日本の食を食べ歩くというもの。

来日最初の夜に、新宿のデパ地下を覗いて、
そこから思い出横丁に繰り出すというアグレッシブな展開を見せたので、
「日本人の庶民の味を、妻と幼い兄弟と一緒に楽しむとは凄い!」と感動しました。

しかし、東京に落ち着いて、本格的に活動し始めると、
超高級料理店に単独で行ったり、相撲部屋に押しかけてちゃんこを食べたり、
挙句の果てには『SMAP×SMAP』の「ビストロSMAP」を見学したり。
なんだか、日本人がイメージする「日本の料理」とのギャップが気になりました。

これは、日本側のコーディネーターの意図が強く反映されているのかな?と思いましたが、
しかし、著者は、コーディネーターは自分の意図を完璧に理解して
セッティングしてくれたというようなことを述べてますし、
やっぱり、著者が望んだ「日本の食」の世界観だったのですかね・・・・。
ま、もともと、料理学校に通っていた著者なので、
ターゲットは富裕層に向いているのでしょうけれど。

というわけで、登場してくる料理店や料理シーンの数々には
「これが日本の食の縮図なのか?」という疑問を持ってしまいますが、
しかし、やっぱりフードジャーナリストとして、文章は面白かったです。

初めて日本文化に触れる外国人ならではの素直な感想が描かれ、
ちょっと皮肉屋の英国人ならではの視点からのピリッとしたコメントもあり、
当然、料理を学んだ人としての分析もあり、面白かったです。
そして、日本の食文化をまっすぐ褒めているとことは気持ちよく読めます。
日本の食文化への変な予備知識とか、思い込みがないため、読みやすいです。

そして、個人的には、辻 vs 服部の東西料理学校対決が興味深かったです。
テレビに出てくる両者(特に服部先生)は、テレビ的演出に飾られていますので
単なる食通のおじさんのように見えてしまいますが、
本作に登場する両氏は、一流の料理人を輩出するための教育者として
自分の哲学を貫いた戦略と厳しい眼差しとを持った面が描かれていて
新しい職業の世界を垣間見れた面白さがありました。

著者には、できれば、日本の居酒屋文化や地方の郷土食文化を
是非体験してほしいなと感じました。
いわゆる、日本人が日常生活で楽しむ食や、旅行先で楽しむ食です。

続編も出ているようなので、読んでみたいと思います。


英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)
マイケル・ブース 寺西 のぶ子

亜紀書房 2013-04-09
売り上げランキング : 60309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中日×阪神
- 2017/04/20(Thu) -
3年ぶりにプロ野球観戦です!
ナゴヤドームで、中日×阪神戦を観てきました♪

早く着きずぎて、美術館に寄ったりしながらも、
結局は時間を持て余した結果、練習から眺めることに(苦笑)。

金本監督!

ナゴヤドーム 20170419 (3) (1024x576)

そして、連続試合出場記録が単独2位になる予定の鳥谷選手!

ナゴヤドーム 20170419 (10) (1024x576)

ドアラも居るよ~♪

ナゴヤドーム 20170419 (7) (1024x576)

てなわけで迎えた試合ですが、
今年は中日ドラゴンズの調子が低調なせいか、
ナゴヤドームは、ガラガラです・・・・・・。

ナゴヤドーム 20170419 (11) (1024x576)

阪神応援団は、いつもの調子で盛り上がってます♪

ナゴヤドーム 20170419 (1) (1024x576)

試合は、ジョーダン vs 秋山の先発。
ちょいちょいランナーは出るものの、お互いあと一発が出ずに
なんだか燻ぶった試合展開です。

気持ちよく点が獲れたのは、上本選手の2点タイムリーぐらい。
あとは両軍とも、ボテボテの内野ゴロの間に1点とか、
スカッとしない店の取り方でした。

折角、上本選手の2点タイムリーで逆転したのに直後に追い付かれ、
その後も1点勝ち越したのに直後に追い付かれ・・・・・。

そして、私の電車の時間が接近してきた9回表が終了した時点で同点。
延長になったら観ていけないなぁ・・・・残念、と思っていたら、
中日がポコポコとヒットを打ち、塁上にランナーが溜まります。

ここで、高橋投手がリリーフし、1人をショートフライにして2アウト。
そして、最後はサードゴロで、「あぁ延長戦!帰らないと(涙)」と思った瞬間、
鳥谷選手がファンブルしてサヨナラタイムリーエラー(爆)。

なんだか、私が見に行く試合では、
鳥谷選手のエラーが多いような・・・・・・・・。

終わり方が、どうにもつまらん試合でしたが、
まぁ、上本選手の気持ち良いタイムリーと、梅野捕手の盗塁阻止は楽しめたので
そこを収穫としましょうか。

この記事のURL | スポーツ観戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
徳川美術館
- 2017/04/19(Wed) -
ナゴヤドームに野球観戦に行ってきました。
お昼前に名古屋に着いて、まずはドーム近くの徳川美術館へ。

尾張徳川家2代目の隠居邸宅があった場所ということで、
門は残っているようですね。

徳川美術館 20170419 (2) (1024x576)

中の建物は新しくて立派です。
園内も広い!

徳川美術館 20170419 (3) (1024x576)

尾張徳川家に伝わる品々が展示されており、
国宝なども何点かありましたが、
基本的に武具や調度品などが多く、絵画は少なめ。
というわけで、私の好みからは少し外れてましたが、
長女の結婚祝いの調度品などを眺めてると
徳川家の威力というものが良く分かります。

徳川美術館 20170419 (5) (576x1024)

企画展として『金と銀の国ジパング』を蓬左文庫で開催しており、
こちらは、まさに、金銀が煌めく宝物の数々でした。
正直こちらも、あまりキンキラキンの世界は興味がないので
芸術面ではそれほど惹かれませんでしたが、徳川の財力が伝わってきました。

徳川美術館 20170419 (10) (1024x576)

最後に、徳川園の中を散策しました。
結婚式の写真撮影が何組も行われており、
快晴の庭園内は明るく賑わっていました。

この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』
- 2017/04/18(Tue) -
辻野晃一郎 『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(新潮文庫)、読了。

この手のタイトルの本、やたらと出てますね(苦笑)。
元ネタはここまで遡る感じでしょうか?
『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』

さて、22年間務めたSONYを辞めて、
少し間を置いてから、Googleに入社した著者。日本法人社長まで登り詰めた方ですが、
本作ではSONY時代の話が大半で、Googleの話は入社した時の
カルチャーショックの内容を紹介する程度にとどまっています。
なので、Googleに関しては情報の目新しさは無いです。

出だし、SONYを辞めた顛末を描いているくだりは、
個人的な視野の狭い話ばかりで、「このまま最後までこれだったら日記だよ」
と不安に思ってしまいましたが、さすがにSONYで精力的に仕事をしていた
時代の話になれば、企業人のエピソードとして面白く読みました。

ただ、全般的に、SONYという企業文化にどのようなことを学んだかというよりも
大企業病に陥ったSONYにおいて自分はどういう努力をしたのかという
ある種の自慢話と、それでも最後は梯子を外されたという恨み節が覆っており
タイトルから感じるようなSONYの風土への感謝の気持ちというのが
どうも感じ取ることができませんでした。

反対に、帯にあるように、これは敗北の物語、
それも、著者個人のではなく、SONYの敗北の物語だと思いました。
本作を通じて、SONYという企業に魅力を感じることができませんでした。


グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた (新潮文庫)グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた (新潮文庫)
辻野 晃一郎

新潮社 2013-03-28
売り上げランキング : 370712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  Google | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『これだけは知っておきたい独立・企業の基本と常識』
- 2017/04/17(Mon) -
高橋敏則 『これだけは知っておきたい独立・企業の基本と常識』(フォレスト出版)、読了。

ペラペラとページをめくりながら、
「この本を見て起業の準備をする人なんて居るのかしら?」と思ってしまうほど
超初級の内容が並んでいます。

というか、「事業コンセプトはどうする?」と聞かれて、
1ページの文章解説と、1ページの図だけで、
「あ、事業コンセプトってこう作ればいいんだ!」と理解できる読者は、
最初っから事業コンセプトとは何ぞやが分かってます(爆)。

前半は、本当に意味のない解説が続くのですが、
後半の開業に向けた実務の解説は、具体的だったので、
自分の準備状況に抜け・漏れがないかチェックするには便利かもしれません。

むしろ、全編にわたって、実務ばかりを徹底して書けばよいのに・・・・・
と思ってしまいました。


これだけは知っておきたい「独立・起業」の基本と常識これだけは知っておきたい「独立・起業」の基本と常識
高橋敏則

フォレスト出版 2012-09-08
売り上げランキング : 345129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ヒラリーとライス』
- 2017/04/16(Sun) -
岸本裕紀子 『ヒラリーとライス』(PHP新書)、読了。

トランプ vs ヒラリーの戦いをずっと見てきたため、
ヒラリー・クリントンを、「大統領候補」として眺めており、
あまり「女性」という視点で意識しなくなってしまいました。

もちろん、初の女性大統領誕生なるか?という要素はあるのですが、
私個人の判断軸として、「女性初」という部分にあまり価値は見いだせず、
「今のアメリカに必要な大統領か?」という観点で眺めていたので、
性別を超越してしまっていました。

が、懐かしいお名前「コンドリーザ・ライス」と並べられた途端に、
「あぁ、女性の政治家(または閣僚)としての哲学も多様なんだな」と気づき、
本作は、面白い読書となりました。

正直、両氏の政治思想については表面的にしかなぞっていないので、
政治家の解説本として読んでしまうと、非常に不満が残る浅さだと思います。

しかし、「女性のキャリア形成」とか、「女性の仕事哲学、人生哲学」といった
観点で見ると、この対極的な2人を見ることは、非常に興味深いです。

男性の中で紅一点、冷静に着々と仕事を進める独身のライス。
一方で、女性に囲まれ、女性に嫌われ、夫に従い、夫の女性問題に悩まされるヒラリー。

私自身は、ライス的な生き方を好んでいるなという自覚がありますが、
ヒラリー的な強さとしなやかさにも憧れはあります。
(女性問題に悩むのは嫌ですが・・・・・・)

果敢に上を目指す女性であっても、
様々なタイプがいるということを知るには、面白い本だなと思います。


ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 (PHP新書)
ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 (PHP新書)岸本 裕紀子

PHP研究所 2006-11-16
売り上げランキング : 906201


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『頭にガツンと一撃』
- 2017/04/15(Sat) -
ロジャー・フォン・イーク 『頭にガツンと一撃』(新潮文庫)、読了。

何かで本作が紹介されているのを読んでいたので買ってきました。

アメリカの企業で研修用に使われていたテキストを本にしたもの。
専門性を叩き込む日本の企業研修とは違って、
柔軟な思考方法を生み出すための様々なアプローチ方法を紹介しています。

正解は1つではない、様々な視点から回答は得られるし、
その中でどれを採用するかにより戦術は変わってくる。
ビジネス面では、正解が1つではないということを学ぶだけでは不十分で、
では、その選んだ解から、どうやって最大限の利得を生み出すのかという
そのアプローチが重要なのではないかなと感じました。

軟らかい思考を持つには、精神的に余裕がないといけないですし、
様々な経験を積んで視野の広さももっていないといけません。

まだまだ、やるべきことはたくさんあるなと感じた読書でした。


頭にガツンと一撃頭にガツンと一撃
ロジャー・フォン・イーク 城山 三郎

新潮社 1984-04
売り上げランキング : 212959

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  城山三郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ザ・ゴール2』
- 2017/04/14(Fri) -
エリヤフ・ゴールドラット 『ザ・ゴール2』(ダイヤモンド社)、読了。

ユニコ社再び!ということで、続編です。
前作では生産管理の改革がメインテーマでしたが、
今回は、営業戦略がメインテーマとなっています。

経営不振な多角事業グループを売却するという取締役会決議が下され、
そのトップである主人公は、対象グループ会社の売値の引き上げのため
経営改善に取り組むこととなります。

対象となるグループ会社が3つもあって、
頭を整理しながら読まなくてはいけないので混乱しますが、
親会社の株主代表たちと議論しているところが、
一番スッキリと読めたかな。

個々の解決策としては、印刷会社の話が分かりやすかったです。

マーケティングとは、新しい策を打ち出すことではなく、
マーケット・セグメンテーションのメリットを活かすことにある


この定義の仕方は、納得的でした。
新しい何かを持ってくるのではなく、今あるリソースを上手く使って利益を最大化するという感じで、
私の中にもやもやっとして存在していたものを、上手く言語化してくれたように思いました。

ただ、生産管理と違って、営業戦略は相手があることですから、
ここまで上手くいくのかしら?という感想も持ってしまいました。
小説だから・・・・・と思えてしまうというところがあります。

そして、私自身が、大企業から外に出てしまったため、
親会社とグループ会社、企業売却というような大きなテーマに
興味を持ちづらくなってしまっているという状況も影響してしまったかも。

サラリーマン時代に読んだら、もっと興奮して読んでいたかもしれません。


ザ・ゴール 2 ― 思考プロセスザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
エリヤフ・ゴールドラット 三本木 亮

ダイヤモンド社 2002-02-23
売り上げランキング : 7155

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  エリヤフ・ゴールドラット | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち』
- 2017/04/13(Thu) -
川口マーン恵美 『住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち』(講談社+α新書)、読了。

日本とドイツの比較文化論かぁ・・・・・・と思って買って来たら、
いきなり尖閣諸島の話が出てきて、
しかも著者はチャンネル桜の水島聡氏と一緒に尖閣諸島に行ったという。

ドイツ、どこ行ったん!?

というようなスタート、
その後も、福島原発の話など、非常に政治的な話題が続き、
8勝2敗の内訳はなんなのさ!?という不満が溜まる一方。

脱原発政策は、確かにドイツの先行事例が引き合いに出されることが多いですが、
しかし、タイトルから漂う日常生活臭と、原発問題という政治臭は
さすがに違い過ぎて読書しづらいです。

後半は、電車運行の正確性の話など、
かなり生活に密着した話題に落ちてきましたが、
結局、最後まで、何の勝負で8勝2敗だったのか分からないまま(苦笑)。

そして、肝心の日独文化比較の部分は、
著者の感覚的なというか、主観的なというか、手の届く範囲での検証というか、
ま、おばちゃんの日記程度の内容でした・・・・・。

トホホ。


住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社+α新書)住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社+α新書)
川口 マーン 惠美

講談社 2013-08-21
売り上げランキング : 92304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『売文生活』
- 2017/04/12(Wed) -
日垣隆 『売文生活』(ちくま新書)、読了。

タイトルで買ってみました。

冒頭こそ400字詰め原稿用紙の話でしたが、
それ以降は、延々と原稿料や印税の話。
まさにタイトル通り、書いた文字をいくらで売るかという話が続きます。

作家の収入というお話は、
高額納税者に登場してくるような人はともかくとして、
それ以外の人々の生活がどういう仕組みで成り立っているのか
確かに興味がある部分です。

原稿1枚の値段が雑誌によって異なるのはもちろん、
作家よりも、それ以外が本職の人に原稿を頼む方が高かったりとか、
取材費がかかるのでサラリーマンの3倍の収入がないとやっていけないとか
なかなか面白い情報がありました。

収入っていうと、ついサラリーマンの月給と比べたくなりますが、
作家さんから見れば、それは売上であって、利益ではないんですよね~。
書くという生産行為に対して、取材というものにどれだけの時間と体力を割いているのか、
その辺がもっと知りたかったです。

後半は、次第に、お金の話が延々と続くことに飽きてきちゃいます(苦笑)。
ちょっと長すぎ・・・・・。

あと、有名作家に対する著者の好みが前面に出てて、
立花隆氏とかケチョンケチョンだったのには、
思い切ったこと言うなぁ・・・・・と思いました。

ただ、著者の好みや文章の癖が前面に出てるので、
苦手意識を覚える読者も多いかも。
読む人を選ぶ本だと思います。


売文生活 (ちくま新書)売文生活 (ちくま新書)
日垣 隆

筑摩書房 2005-03-08
売り上げランキング : 122651

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  日垣隆 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ