FC2ブログ
『レインレイン・ボウ』
- 2016/12/20(Tue) -
加納朋子 『レインレイン・ボウ』(集英社文庫)、読了。

高校時代の弱小ソフトボール部の面々が、
卒業以来に久々に一堂に会した。
理由は、チームメイトが亡くなったから・・・・・・。

20代で高校時代の仲間が亡くなるのって、
予想していないだけに、衝撃度は大きいですよね。
それが、事故死とかではなく、病死ならなおさら。

そんな衝撃の連絡を受けるところから書き始めて、
1年近い時間軸をもって順番に描いていきます。

心臓病の持病を持っていたのに、ソフトボール部に入部した女の子。
しかも運動神経が良いわけでもなく、むしろ頭が良くて文系イメージ。
部内では侍女のような御付の同級生がいる不思議な存在。
そんな子が職場の過労死で死んでしまう。
なぜ???

その謎を、直球に追いかけるのではなく、
チームメイト1人1人の日常生活を描くことで、少しずつ明らかにしていきます。
この辺の匙加減が上手いんですよね~。

個人的には、弱小ソフトボール部という設定が心惹かれます。
なぜなら、私も、中高ともに一回戦敗退の弱小ソフトボール部だったから。
そして、キャプテンという立場だったので、陶子さんに興味津々。
背負わなくても良い役割を背負いがちなところって、
多分あったと思うんですよねー。

弱小チームだから、入部動機の幅が広すぎて収拾付かないところも共感。
ソフトボールが好きだから・・・・という理由以外に入部する人って、
結構いるんですよね。
友達が入部したからとか・・・・・。

そうなると、厳しい練習で勝つための技術を磨くよりも、
毎日楽しく部活をすることの方が優先されて、
スポーツ派の部員とレクリエーション派の部員をまとめるのが難題!

ま、私自身、楽しく練習できれば良い派だったので、
結局、最後まで弱いままでしたけど。
高校のソフトボール部は、私たちの代で廃部にしちゃいましたし(苦笑)。

中学・高校時代の淡い思い出を浮かびあがらせつつも、
「今、チームメイトたちはどうしてるんだろう???」という思いに至った作品でした。
Facebookとかで繋がっているチームメイトは何人かいるけど、
全く音信不通の子もいます。

そんな子からの久しぶりの連絡が訃報とか、
やっぱり、やりきれないですよね。

古くからの友達とは、楽しく近況報告したいなぁと
呑気な感想になってしまいましたが、
本作は、そんな微妙な女子の友好関係や、
卒業後の仕事での奮闘ぶりを良く描いていて、佳作だと思います。

私は、栄養士の由美子の物語が、
「そんな上手く行かないよぉ~」と思いながらも、
勤め人として、スッキリ爽快に読ませてもらいました。


レインレイン・ボウ (集英社文庫)レインレイン・ボウ (集英社文庫)
加納 朋子

集英社 2006-10
売り上げランキング : 106943

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ





この記事のURL |  加納朋子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『会社は毎日つぶれている』
- 2016/12/18(Sun) -
西村英俊 『会社は毎日つぶれている』(日経プレミアシリーズ)、読了。

コンサルタントが書いたコラム的な本かな?と軽い気持ちで買って来たら、
双日の初代社長がつづった経営哲学の本でした。

とにかく冒頭から熱い言葉がほとばしっており、
経営者たるものの気概がヒシヒシと伝わってきます。
ここまでの熱い思いがなければ、
大企業、特に経営危機に瀕した大企業は背負っていけないのだと
実感できました・

一方で、双日クラスの大企業の経営者の視点で終始書かれており、
では、巷の中小企業の社長さんが読んだときに、
どのぐらい共感できるものなのだろうかというところは分かりませんでした。

気持ちの面では、大企業も中小企業も、
それを背負う経営者に差はあるべきではないと思いますが、
リスク管理だとか、コンプライアンス管理だとかいう具体的な話になったときに、
その対処方法や管理方法を、自分の会社のサイズに引き寄せて想定できるのかな
というところが、分かりませんでした。
ちょっと雲の上の話のような印象を、私は受けました。


会社は毎日つぶれている (日経プレミアシリーズ)会社は毎日つぶれている (日経プレミアシリーズ)
西村 英俊

日本経済新聞出版社 2009-01
売り上げランキング : 346070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ど真剣に生きる』
- 2016/12/17(Sat) -
稲盛和夫 『ど真剣に生きる』(生活人新書)、読了。

京セラの創業者による著作。
経営哲学という面もありますが、半生を振り返った本の色合いを強く感じました。

本編は、「私の履歴書」を読んでいるような感覚になったのですが、
間に挟まったインタビューがなかなか骨太な感じで、
読み応えがありました。

本作の最後にインタビュアーの方が当時を振り返って書かれていますが、
「経営理念を曲げなきゃいけない場面に直面したら、曲げざるを得ないのでは?」
というインタビュー内でのやりとりは、
インタビュアーの方が何度も繰り返し著者に質問を重ねており、
「かなり突っ込むなぁ」と読んでいて思ったのですが、
インタビューしている人も、された人も、同じところが印象に残っているようで、
そこが核心だったのだと、私自身も共有できたように思い、
ちょっと嬉しかったです。

「ど真剣経営」ということに、
それこそ真剣に取り組んでいるという姿を見ることができ、
思いの強さと思いを即行動に移すことの大切さを実感しました。


ど真剣に生きる (生活人新書 327)ど真剣に生きる (生活人新書 327)
稲盛 和夫

日本放送出版協会 2010-09-08
売り上げランキング : 20662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  稲盛和夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『1分で大切なことを伝える技術』
- 2016/12/16(Fri) -
齋藤孝 『1分で大切なことを伝える技術』(PHP新書)、通読。

齋藤センセイの本ですが、
本作はイマイチでした。

齋藤センセイじゃなくても書けるかな・・・・・という内容で、
既読感もありました。

あまり頭に残りませんでした。


1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)
齋藤 孝

PHP研究所 2009-01-16
売り上げランキング : 15628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  斎藤孝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『残念な人の仕事の習慣』
- 2016/12/14(Wed) -
山崎将志 『残念な人の仕事の習慣』(アスコムBOOKS)、読了。

残念な人シリーズですが、
本作も、いろいろ勉強になりました。

まず、具体的な経営努力のエピソードが散りばめられており、
分かりやすいです。
しかも、有名企業の知られた事例ではなく、
著者の身の回りで見つけた事例を解説しているので、
初めて知る情報が多く、興味深かったです。

で、本題の残念な仕事の習慣については、
こちらも、なぜ、その行為がダメなのかを具体的に指摘しており、
改善策や対策が述べられているので、
すぐに実行できる内容となっています。

また、自分が既にやっていることが紹介されていたりすると、
ちょっと気分が良かったり(笑)。

著者のバイタリティに習いたいと思わされる
刺激的な一冊です。


残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)
山崎将志

アスコム 2010-09-20
売り上げランキング : 352862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  山崎将志 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『ふるさと紀行』
- 2016/12/14(Wed) -
三浦哲郎 『ふるさと紀行』(毎日新聞社)、読了。

地方を旅する旅行記。
オーソドックスな旅程を組んでおり、一般人が目にすることができる田舎の様子を
小説家の目で描写している面白さがあります。

ま、ところどころ、閉まっている建物を開けさせたり
休業中の施設を動かさせたり、有名人風を吹かせているところもありますが・・・・(苦笑)。

基本、ふと思い立って旅に出てみた・・・・・という感じなので、
休館日とか下調べをしていない突撃レポートになっているのですが、
昭和51年という時代は、調べようにも情報がなかった時代なのでしょうかね?
今だと、ネットとか、るるぶとか、何なりと手段がある時代ですからね。
時代の流れを感じました。

あと、行く先行く先で、三浦さん、結構、田舎のダメなところを
はっきり指摘していて、そこも興味深いです。
田舎特有の緩さというか、怠慢さというか、自分勝手さというか。
「それはビジネスマナーに反するでしょ」とか、「そんな怠惰な接客じゃ不快ですよ」とか
ときどき感じてしまうような田舎の人の適当さってありますよね。
親しさと馴れ合いをはき違えていると言えばよいでしょうか。

そこをピシャッと指摘しているので、読んでいて気持ちよかったです。

我が町、三重県も、南部地域が取り上げられていましたが、
日本一雨の降る町・尾鷲は、著者はご存じなかったようで、
関東の人からすると、三重県の存在感って、そんな感じなんでしょうね。


ふるさと紀行 (旺文社文庫)ふるさと紀行 (旺文社文庫)
三浦 哲郎

旺文社 1983-01
売り上げランキング : 1423033

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」』
- 2016/12/12(Mon) -
高橋洋一 『霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」』(文春新書)、読了。

「お国の経済」というタイトルですが、
大きな国家経済のビジョンを描いた著作ではなく、
インタビューを書き起こしたものでした。
なので、ちょっと軽めです。

「埋蔵金」が騒がれた当時の時事ネタ満載ですが、今の時点から読むと、
アベノミクスの考え方は、上げ潮派の延長線上にあるのですね。
この方のインフレ・ターゲット論の解説を読むと、
今の金融政策の目標が理解しやすいです。

アベノミクスが、最終的に成功するのか失敗するのかそこは分かりませんが、
政策の目標を明確に打ち出したことで、PDCAが回せるようになり、
政策を強力に推し進められるようになりましたし、反対派との議論も
中見のあるものになっているのではないかと思います。

まさに、著者が本作で主張したようにアベノミクスは展開しており、
さすがの進言力と実行力ですね。


霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 (文春新書)霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 (文春新書)
高橋 洋一

文藝春秋 2008-05
売り上げランキング : 236957

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  高橋洋一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』
- 2016/12/11(Sun) -
相原孝夫 『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』(幻冬舎新書)、読了。

タイトルを見て、「その通りだ!」と思って買ってきたのですが、
タイトル以上の中身はないというか、
タイトルで全て言い尽くしてしまっている印象でした。

私自身、「よく働くね」とか「そこまで仕事しなくても・・・」と言われることがあるのですが、
何かに強制されてやっているというよりも、
やってみたいからやる!という思いが内側から湧いてくる感覚なんですよね。

まぁ、若干、著者の言う仕事依存症な面はあるかと自覚してますが。

昔、「社員のモチベーションアップ施策を打つ」というような仕事を
それこそ、やらされていた時代があったのですが(苦笑)、
正直、モチベーションが低いままという状況が自分自身理解できず、
手の打ちようがなかったというか、打ち手が全く分かりませんでした。
でも、一応、自分のやる気はあるので、本で調べたりして施策は打ちましたけど(爆)。

何事も、やる人はやる、やれない人はなれない、という
至ってシンプルな結論なのではないでしょうか。
そして、やる人に付加価値の高い仕事を割り当てることが解決策なのでは?

人間の心って、外からあれこれ働きかけても、
そう簡単には変わらないですよね。

そして、モチベーションを高く維持できること自体が
一つの能力というか才能なんだと思います。


仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか (幻冬舎新書)
相原 孝夫

幻冬舎 2013-03-29
売り上げランキング : 181984

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『続・世界の日本人ジョーク集』
- 2016/12/10(Sat) -
早坂隆 『続・世界の日本人ジョーク集』(中公新書ラクレ)、読了。

シリーズものの弱点として、
段々ネタの質が落ちていくという面はありますが、
このシリーズは、ジョークに対する解説が面白いので、
本作も楽しく読めました。

また、各国のトップリーダーが変わるたびに新たなジョークが生産されていきますし、
世界情勢の変化によって各国の役割や立ち位置も変わっていくので、
そこをきちんとフォローしていると、続編こその新鮮さが感じられますね。

あくまで日本人は脇役扱いのジョークが多いですが、
それだけ「まとも」な国民性というか、キャラクターがぶれないというか、
常軌を逸しない真面目さがあるのかなと思いました。
日本人は、それで良いですね。


続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)続・世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
早坂 隆

中央公論新社 2009-03
売り上げランキング : 87668

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  早坂隆 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『捜査一課長』
- 2016/12/08(Thu) -
清水一行 『捜査一課長』(祥伝社)、読了。

長らく読んでいなかった清水一行さんの作品
久々に。

心身障害児を受け入れる施設で、
重度の障害児2名が相次いで行方不明となり、数日後、浄化槽の中から見つかった・・・・。

心身障害児が被害者ということで、暗い気持ちにさせられる事件ですが、
さらに、施設の労働組合などが絡んできて、捜査への抵抗とか協力拒否とか
嫌らしい展開を見せていき、鬱々とした気分になります。

当初、会話文のところが、なんだか違和感を感じる返しが目について、
それが演出や伏線ならともかく、単純に会話の応酬が成り立っていないというか
読みづらいというか・・・・。
ちょっとしんどかったです。

でも、中盤あたりから捜査の様子がじっくり描かれるようになり、
そこから物語の世界に入っていけました。
大きなどんでん返しや、急展開があるわけではなく、
非常にコツコツと地道でオーソドックスな捜査が展開されていくのですが、
小さな成果から次の展開が開けてくる様子や、
取り調べで容疑者を追い込んでいく様子など、興味深く読みました。

ただ、動機って何なんだろう?という疑問には、
読み通しても、なんだか腑に落ちない感じで、
尻切れトンボで終わってしまいました。


捜査一課長 (集英社文庫)捜査一課長 (集英社文庫)
清水 一行

集英社 1983-07
売り上げランキング : 542270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  清水一行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ