fc2ブログ
『マジック・イン・ムーンライト』
- 2015/04/24(Fri) -
『マジック・イン・ムーンライト』

ウディ・アレン監督最新作を映画館で見てきました。

金曜の夜の回だというのに、30人ぐらいしか入っていませんでした。
映画業界、厳しいですなぁ・・・・・。

ただ、本作は、やや小粒感が否めないのも事実。

舞台は1920年代の南仏。
中国人マジシャンに変装してマジック・ショー・ツアーを行う主人公。
旧友の頼みで、富豪一族に取り入った美人霊媒師のトリックを暴こうとするが・・・・・・。

エマ・ストーンの独特な顔立ちが、勝気なヤンキー霊媒師に結構ハマッてます。
そして、嫌味をくどくど言い募る英国人マジシャン役がピッタリのコリン・ファース。
この人のコメディセンス、好きですわぁ。

この2人のテンポの良いやりとりが中心で話が進んでいくので、見やすいです。
そして、この2人に目を奪われがちですが、脇役の皆さんも揃いに揃ってちょっと変。
ウクレレを奏でながら自作のラブソングを謳いまくる御曹司、
甲高い声で亡くなった主人の霊と浮気問答を繰り広げる有閑マダム、
霊媒師の娘をネタに大金を引き出そうとする如何にも詐欺師然のステージママ・・・・。
南仏の景色と豪邸には惹かれるけど、こんな人たちとは一緒に住めないわ(苦笑)。

霊媒師が富豪一家に取り入ったトリックを、私自身も、どんなトリックなんだろうかと
考えながら見ていたのですが、意外にも私には盲点のトリックでした。
なるほどねぇ。

このトリックに主人公が気づくシーン~プロポーズのシーンまでの怒涛の流れが良かったです。
特にプロポーズシーン。
この台本は、さすがウディ・アレン、英国人をからかいすぎ(笑)。

やっぱりウディ・アレンは、国民性とか人種とか、
ちょっと取り扱い注意なジャンルを扱わせると、最高に上手いですね!

最後は上手くまとめてますが、
これは、皮肉を隠すための手法としか思えませんわ(笑)。


ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 マジック・イン・ムーンライト 光沢プリントポスター アクリルフォトスタンド入り A4 マジック・イン・ムーンライト 光沢プリント

写真フォトスタンド APOLLO
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この記事のURL |  ウディ・アレン | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『得する生活』
- 2015/04/23(Thu) -
橘玲 『得する生活』(幻冬舎)、読了。

最近、ブックオフでよく目にするようになった著者の本。
試しに一冊買ってみました。

まず、お名前の漢字から、著者のことを女性だと思い込んでたのですが、
男性だったのですね。
しかも、結構、毒のある文章を書くお方のようで(苦笑)。

のっけから、消費者金融業界やクレジットカード業界をチクチク。
金貸し業界に居る私としては、ちょっと居心地悪し。

タイトルのとおり、如何にお得にクレジットカード等の金融商品を活用するかということを、
やや経済学的な目線も入れつつ、しかし基本的にはお得感重視で解説します。
途中、ちょっと食傷気味になったかも。

クレジットカードとか、航空マイレージサービスとか、ブラック情報とか、
私個人としては、身近な業界の話が大半だったので、
結構、勉強になった面もあったのですが、
一般読者の方にとっては、どうなんでしょうかねぇ。

「クレジットカードのこんな裏技があったのか!」という気持ちになるのか、
「こんなマニアックなことを知っても仕方がないよ・・・」なのか、
どちらなのか、気になります。


得する生活 お金持ちになる人の考え方得する生活 お金持ちになる人の考え方
橘玲

幻冬舎 2013-07-05
売り上げランキング : 34596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  橘玲 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『裁判長!死刑に決めてもいいすか』
- 2015/04/23(Thu) -
北尾トロ 『裁判長!死刑に決めてもいいすか』(朝日文庫)、読了。

いつもの裁判傍聴シリーズかと思い、お気楽な気持ちで手に取ったら、
裁判員制度が始まる直前に、傍聴マニアの立場から、制度を考えてみようという
なかなか硬派な内容で、思わず襟を正して読んでしまいました。
ま、ウィットに富んだツッコミは健在なのですが。

裁判員制度が始まる前後は、メディアもいろいろ取り上げていたこともあり、
「もし自分が選らばれたら・・・・」なんて考えていましたが、
その後、自分はもちろん、周囲でも裁判員になったとか、候補になったとかいう人は居らず、
急激に関心は下がってしまいました。
ホントは周囲で経験者がいるのだけれど、本人が話してないだけなのかしら?

自分がなったら・・・・で考えていたときは、
裁判の内容が理解できるかしら、正しい判断ができるかしら、
自分の意見を他の裁判員に対して主張できるかしら・・・・・てなポイントだったのですが、
本作を読んでみて、著者は別の観点から裁判事案を捉えていました。

今回の判決で厳罰化のバーを下げることになると、それが前例となり今後の事案に影響する、
80歳の被告に懲役10年を課すべきなのか、
反省の弁、謝罪の言葉が無い被告を死刑にすべきか、無期懲役で反省を促す時間を与えるべきか、
このような、社会への影響などを勘案して、非常に幅広い見地から裁判を考えています。

しかも、幅広く考えた上で、判決を自分で下す際の判断ポイントは
非常にシンプルな形で絞り込んで、ほぼ1点に集中して裁判に臨んでいます。

うーん、これは並みの人間ではできない情報整理力と判断力です。

傍聴マニアという経験による部分も大きいのかとも思いますが、
それ以上に、著者の人間力といいますか、思考力により、
このような優れた整理ができているのではないかと思います。

もし、裁判員6人の中に、このような論点整理ができる人が1人も居なかったら・・・・・
被告も検察も弁護士も裁判官も、不運と嘆くしか無いのでしょうか・・・・。

そんな著者でさえ、自身が初めて模擬裁判を裁判員役として経験してみて
新たに気づいたところもあるようですし、人が人を裁く、そのために協議をするというのは
本当に難しいことなんだなと再認識しました。

良い本でした。


裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)裁判長! 死刑に決めてもいいすか (朝日文庫)
北尾トロ

朝日新聞出版 2010-08-06
売り上げランキング : 279301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  北尾トロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『東洋的な見方』
- 2015/04/21(Tue) -
鈴木大拙 『東洋的な見方』(岩波文庫)、通読。

鈴木大拙師の活動はさらっと読んだことがありましたが、
著作を読むのはこれが初めてです。

仏教思想の言葉を交えながらも、
日々を生きるための心構えのような哲学を語っているので、
なんとか読んでいくことができます。

しかし、内容の理解に至るには、何度も何度も読み返す必要がありそうです。

最初は、「よし!読むぞ」からスタートできたのですが、
途中で息切れしてしまいました。

もう一度、心身ともに健康なときに読み返してみたいです。


新編 東洋的な見方 (岩波文庫)新編 東洋的な見方 (岩波文庫)
鈴木 大拙 上田 閑照

岩波書店 1997-04-16
売り上げランキング : 46788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『バカにならない読書術』
- 2015/04/20(Mon) -
養老孟司、池田清彦、吉岡忍 『バカにならない読書術』(朝日新書)、読了。

前半は養老センセのエッセイ、後半は養老孟司、池田清彦、吉岡忍の鼎談です。

時々毒ッ気が重たく感じるときがある養老エッセイですが、
本作では読書がテーマなおかげか、興味深く読み通せました。

読書や、読書を通じた人間形成の話について
ご自身の趣味の昆虫採集や、専門の医学の観点でのトピックスを交えながら、
多面的に考察していくプロセスが面白かったです。

様々なオモシロ要素を盛り込みながらも、きちんと一つのところに収斂させていき、
なおかつ全体のストーリーが起承転結になっているというのは、さすがの筆捌きです。

後半の鼎談は、養老孟司池田清彦吉岡忍という、私の中ではあまり
繋がらなかった3人が、仲良さそうにワイワイしゃべっている姿が新鮮でした。

また、アベキン先生の世間の話が出てきたり、
福岡伸一センセの生物学のはなしが出てきたりと、
最近の自分の読書の流れからしても、偶々ヒットしててびっくり。

それにしても、みなさん、読書の幅が広く、また、テーマに沿って過去の読書録をきとんと話せるぐらい
本を読み込んでいるところが凄いなと・・・・・・・当たり前か!

最近、読み流す傾向が強くなってしまった私としては、反省ですな。


バカにならない読書術 (朝日新書 72)バカにならない読書術 (朝日新書 72)
養老 孟司 池田 清彦 吉岡 忍

朝日新聞社 2007-10-12
売り上げランキング : 37666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  養老孟司 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『生物と無生物のあいだ』
- 2015/04/19(Sun) -
福岡伸一 『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、読了。

やっぱり福岡センセの文章は、リズム感が心地よいですねぇ♪

そこに、最前線の生物学の研究成果と、生物とは何かというような哲学的な問いと
科学者としての倫理観のようなものとが絡み合い、非常に興味深い内容になっています。

冒頭の野口英世の業績についての話は、驚きました。
その業績の数々が、ひっくり返されているとは・・・・・。
日本人は、幼児の頃のやけどの話を聞いてしまっているので、
英雄化のバイアスが余計にかかってしまっているのでしょうね。

そして、生物と無生物は何が違うのか・・・・という本題の話。
ウィルスって、会話でも普通に使っているのに、自分は何も知らなかったことに気づきました。
細菌と同じように生物だと思っていたのですが、細胞を持たないのですね。
なるほどぉ。

日常生活で目に見えるものは、瞬時に生物か無生物かを判断していますが、
確かに、何をもって判断しているのかと問われると、難しいところです。
自動車を無生物と判断し、花粉を生物と判断し、AIBOを無生物と判断する。
これは結局、知識でもって判断をしているだけなのでしょうかね。

「自己生成システム」という観点は、なるほどねぇと、これまた納得。
それだけだと、ウィルスの扱いが難しいようですが、
しかし、私は、社会学の「再生産」の観点や、生物学の「利己的な遺伝子」の観点に興味があるので、
この指標は面白いなと感じました。

いろんな分野の概念が繋がっていくことも、学問の面白さですね。


生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
福岡 伸一

講談社 2007-05-18
売り上げランキング : 1512

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  福岡伸一 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『近代化と世間』
- 2015/04/18(Sat) -
阿部謹也 『近代化と世間』(朝日新書)、通読。

お、アベキン先生の新書だ!と思って
軽い気持ちで買ってきたら、かなり難解な内容でした・・・・。

なんだか、最近、「新書=サクッと読める」と思ってしまいがちですが、
私が大学生の頃は、新書は心して読まないと読み通せないものでした。
そういう意味では、骨のある昔ながらの新書です。

「世間」についての話は、
日本社会についての話が中心になるので、興味を持って読めるのですが、
ヨーロッパ社会の話となると、なかなか自分自身に引き寄せて読むことができず、
苦労してしまいました。というか、読み流してしまいました。

冒頭に、フーコーの「個人の成立」についての考え方を
アベキン先生なりに紹介しているパートがあり、そこは「なるほどぉ」と感じ入りました。
アベキン先生によるフーコー解説を読んでみたいなぁという気持ちになりました。


近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)
阿部 謹也

朝日新聞社 2006-12
売り上げランキング : 423275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿部謹也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ヤッさん』
- 2015/04/18(Sat) -
原宏一 『ヤッさん』(双葉文庫)、読了。

料理コンサルタント的な立場で
有名店の調理場を出入りするホームレスのヤッさん・・・・・・。

うーん、話は面白いのですが、設定に無理があるかなぁ。

築地市場の人々の人情話とか、
韓国料理屋のオモニとの昔話とか、
蕎麦屋での修行話とか、
料理人の世界の裏側が覗けるのは興味深かったのですが、
なにぶん、ヤッさんの存在にリアリティを感じられないというか・・・・・。

唐突に登場してきて、しかもその存在が当たり前の前提になっているというか、
読者が「なるほど、こういう存在もありえるのかぁ」と納得する間もなく
物語が展開していってしまうので、なんだかヤッさんの存在に疑問を覚えたままになってしまいます。

ちょっと焦りすぎな印象を受けました。


ヤッさん (双葉文庫)ヤッさん (双葉文庫)
原 宏一

双葉社 2012-10-11
売り上げランキング : 69810

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  原宏一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『いつかパラソルの下で』
- 2015/04/16(Thu) -
森絵都 『いつかパラソルの下で』(角川文庫)、読了。

厳格な父が交通事故で急死。
呆けてしまった母、厳格さに耐えかねて家を出ていた兄と姉、家に残った妹、
一周忌を前に再び顔を合わせる機会が増えて・・・・・。

他人の理解というのは、こうも難しいものかと思い知らせてくれる作品です。
それがたとえ肉親でも。

父のことを何も知らなかったと反省し、父の知人を訪ね、職場を訪ね、郷里を訪ね、
父という人間のことを事後的に調べる兄姉妹。
しかし、それぞれが語る父の姿は、全く違ったものであり、
父の人生の真実が見えてくる・・・・・いや、果たして見えたのでしょうか。

結局、それぞれの登場人物たちが、自分なりの納得をしたというか、
ストーリーを作ってみただけであり、真実に近づけたのかは誰にも分かりません。
というか、「真実」なるものが実在するのかさえも、怪しいものです。

こういう哲学的なテーマを、
ユーモアを交えた会話を通して読んでいくことができ、
楽しみながらも人生の奥深さを知ることができます。

絶妙なバランス感覚の上に描かれている物語であり、
著者の力量を実感できます。

面白い読書となりました。


いつかパラソルの下で (角川文庫 も 16-5)いつかパラソルの下で (角川文庫 も 16-5)
森 絵都

角川グループパブリッシング 2008-04-25
売り上げランキング : 349271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  森絵都 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『ラットマン』
- 2015/04/16(Thu) -
道尾秀介 『ラットマン』(光文社文庫)、読了。

上手く楽しめませんでした。

どんでん返しに次ぐどんでん返しを楽しむ作品なんだとは分かっているものの、
こんなストーリーにする必然性がないのではないかという疑問が
ずーっと付いて回ってしまい、作品の世界に入っていけませんでした。

なんでバンドなんだろうか、
なんで子供時代の不幸な思い出があるんだろうか、
なんで父親は出て行ったんだろうか、
なんで死のうとするのだろうか、死を作ろうとするのだろうか・・・・・・・

いろんな疑問が、読み終わっても、頭の中に残ってしまっている感じです。

こういう作風の著者なんだと思って読むしかないのかもしれませんが。


ラットマン (光文社文庫)ラットマン (光文社文庫)
道尾 秀介

光文社 2010-07-08
売り上げランキング : 113716

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  道尾秀介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ