FC2ブログ
『「戦う組織」の作り方』
- 2013/09/23(Mon) -
渡邊美樹 『「戦う組織」の作り方』(PHPビジネス新書)、読了。

今や、渡邊センセイになられた著者ですが(苦笑)、
ワタミの社長から会長になった頃(4年前ぐらい)に書かれた一冊。

政治家としての力量は知りませんが、
経営者としては、やはりワタミグループをあれだけの規模にした人ですから、
才能があるのだと思います。

ただ、本作の第1章は、ワタミの決算説明会に出席しているかのような内容(苦笑)。
ワタミグループをどうするかではなく、経営者としての哲学を知りたいんですけど。

第2章からは、段々と経営哲学的な内容になりますが、
体系だっているかというと疑問。
個々のエピソードの紹介にとどまっている印象です。

それでも、自分が決めた経営のルールは徹底するという姿勢は見えてきます。
そのポジションに適さない(=成長しきれていない)人材は、
例え、ゼロからのスタート時の仲間であっても素直にそう伝え降格させるという姿勢。
これが徹底できる経営者は、なかなか居ないと思います。
「過去の経緯を知っているから・・・」などと適当な(しかも反論できない)理由を付けて、
それなりの立場に昇進させてしまうことが大半ではないでしょうか。

本作や、様々な媒体で見る著者のインタビューなどを通して、
自分にも他人にも厳しい経営スタイルが見えてきます。

最近は、ブラック企業の経営者として周知されてしまった感がありますが、
本人からしてみれば、「俺は昔からこのスタイルでやってきた」
「ついてこれる奴はついてこい、無理な奴は立ち去れば良い」という感じかなと想像。
で、ついてくる能力が無いのに無理するからあんなことになるんだ・・・
と思っているような気がします。(あくまで私の想像です)
「できる人」と「できない人」のギャップが埋まっていないようにも感じます。

組織がまだ大きくなかった頃は、
組織の末端に居ても、著者の経営スタイルが相応の実感を持って感じられたのだと思います。
だから、「この人とは合わない」と思った人は辞めていったのでしょう。
しかし、今のような大きな組織になってしまった時に、
末端の社員は、果たして著者の経営スタイルを肌で感じられていたでしょうか。
著者個人の経営哲学ではなく、組織による強制と感じて仕事をしていたのではないでしょうか。
個人への反感であれば、そこから抜け出すのは簡単ですが、
組織から抜け出すのは意外と難しいと思います。複雑な人間関係がありますから。

ま、入社「2か月」で過労「自殺」という原因と結果には、
アンバランス感が拭えないですが・・・・。
たった2か月の経験のために、人生を捨ててしまうなんて勿体ない。
そして、月140時間の残業は、私の経験的に珍しい数字でもない・・・。
心を病んでいて冷静な判断ができなかったのだと言われればそれまでですが、
要は、仕事と向き合う自分の姿勢を、本人が受け入れられるものではなかったのかなと。

いじめ自殺も、同じような経験をして自殺する人としない人がいますが、
いじめの内容云々ではなく、いじめを受けている自分の姿が自分自身で受け入れられるか、
今の自分の境遇と理想の自分のギャップに耐えられるか、というところが
自殺を選択するか否かの分かれ目のような気がしています。

いずれにしても、雇用のミスマッチというのは、
雇う側、雇われる側双方にとって不幸なことであり、
経験の蓄積という面で言うと、雇う側の適正人材を見極める能力を
是非とも引き上げてほしいものです。

とまぁ、いろんなところに考えが拡散した読書となりましたが、
まず、本作に関しては、看板が誇大広告でそれほど体系だった内容ではないです。
次に、著者の経営者としての能力は、私はあると思います。
ただ、中規模組織までは彼の哲学を組織内に徹底することが可能だったでしょうが、
大規模組織になった今は、「死ぬほど働け!俺はそうやって成長した!!」という
哲学では組織を動かすのは難しいと思います。

それこそ、別の哲学で組織を動かす後任に譲るか、
もしくは組織を小さく括ってプチ渡邊美樹とでも呼べる鬼軍曹タイプを置くかの
どちらかだと思います。

いずれにしても、このタイミングで選挙の候補者に掲げた自民党は、センスない!


「戦う組織」の作り方 (PHPビジネス新書)「戦う組織」の作り方 (PHPビジネス新書)
渡邉 美樹

PHP研究所 2009-06-19
売り上げランキング : 224834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  渡邊美樹 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『アルゴ』
- 2013/09/22(Sun) -
『アルゴ』

ジョージ・クルーニーさん、面白い映画を作りますなぁ。

1979年のイランで起きたアメリカ大使館人質事件で派生した
6名の逃亡大使館員の救出劇。

正直、この事件自体を知らなかったのですが、
冒頭に簡単に経緯説明があったので、意外とすんなり入っていけました。
(ま、アメリカ側の理屈で理解したというだけですが・・・)

私が知っている日本人が人質になった事件では、
最後は、軍隊などの突撃による奪還か、お金で解決(と思われる)しか
記憶にありません。
こんな、カナダ人映画クルーに扮装して脱出するなんて、映画の世界でも嘘っぽい作戦です。

意外とすんなり米国政府内で作戦が承認された流れは拍子抜けでしたが、
しかし、やはり脱出シーンの緊張感は半端ないですね。

カナダ大使館のイラン人お手伝いさんが6人の素上に気づいてしまったり、
脱出直前に米国政府から中止命令が下ったりと、
様々なトラブルが舞い込んできますが、
正直、「こんな状況下で脱出ゴーサインなんて有り得ないでしょう・・・」と思ってたら
やはり、そこは脚色だったみたいで(苦笑)。

ま、ただ、脱出劇として鑑賞すれば、十分に面白かったです。

イラン人的には、「こんなに間抜けに描くなよ!怒」てな感じでしょうけど。
ま、自分勝手に物語を作り上げ、しかもそれを本当だと信じ込んでしまうのは
アメリカ人のアメリカ人たるところですから大目に見るしかないですね(笑)。


アルゴ<エクステンデッド・バージョン> [Blu-ray]アルゴ<エクステンデッド・バージョン> [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-09-04
売り上げランキング : 856

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ジョージ・クルーニー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『この国の仇』
- 2013/09/22(Sun) -
福田和也 『この国の仇』(光文社)、読了。

この世の中、「正論」と言われるものほどタチの悪いものはないと思います。
「正論」と言われるものって、現実味ゼロなんですもの。
実行が難しいというレベルのものではなく、そんな状態は実現しえないというレベルです。
ハッキリ言って、思考停止と等しい主張だと思います。

なので、本作における著者の主張には、溜飲が下がりました。

「正論」を振りかざす人って、
今のこの瞬間におけることしか考えていないですよね。
その主張が実現できるかとか、実現すれば良い社会になるのかとか、
そういう長期的なスパンで考えるのではなく、
「今がダメだ!」と責め立てるための思考でしかないと感じます。

一体、日本という国をどうしたいのかが、さっぱり分かりません。

でも、彼らが言う「民主主義」の世の中では、
彼ら1人1人の主張にも意味があり、尊重せねばならないのです。
それこそ、2:6:2の法則で、上位20%の意見こそ真剣に検討すべきだと思うのですが。

こういう主張って、会社の経営などのテーマであれば、
それなりに大きな声で言っても大丈夫だと思いますが、
これが国家の運営というテーマになると、
「国民をバカにしているのか!」なーんてことになっちゃうんでしょうね。
なんとも残念。



この国の仇―「反論できない正論」を討つこの国の仇―「反論できない正論」を討つ
福田 和也

光文社 1998-06
売り上げランキング : 552170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  福田和也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神社めぐり
- 2013/09/22(Sun) -
3連休の中日ですが、予定がないので雑事の片づけ。
で、ふと、ホームセンターに行こうと思い、
いつもの東京ドームのドイトではなく、今回は早稲田方面に行ってみました。

通勤時に通りがかるだけだった穴八幡宮にお邪魔してみました。
「穴」八幡宮って、凄い名前だなぁとは思っていたのですが、
由来は、江戸時代に拡張工事をしていた際、横穴が見つかり御神像が見つかったからとか。
なんだか良く分からない物語です・・・。

いつもは下から眺めるだけ
M0017541 (800x600)
高田「馬場」の流鏑馬ですね
M0017540 (800x600)

朱塗りの門が美しいですね。やや近代的ではありますが。

M0017542 (800x600)
左大臣
M0017544 (800x600)
可愛い神馬
M0017547 (800x600)
境内の布袋さん・・・・?
M0017548 (800x600)

本殿も近代的な建物です。
東京大空襲でみんな焼けてしまったみたいですね。

M0017549 (800x600)
黒が基調ってモダンで格好いい
M0017552 (800x600)
迫力の狛犬
M0017553 (800x600)

さて、ホームセンターでは、目的のブツを購入。
ただ、まだ、少し時期が早いようなので、10月の連休明けぐらいに植えますか。

M0017563 (800x600)

家に帰る途中、今日は赤城神社の例大祭ということで
お参りに行ってきました。
都会の一角ではありますが、町のお祭りの雰囲気を残しています。

M0017555 (800x600)
ちょうど催事の合間の時間でやや閑散
M0017556 (800x600)
日々の安全をお願い
M0017559 (800x600)
境内に御囃子が響いています
M0017558 (800x600)

神楽坂の通りでは、地元の子供たちが神輿の準備をしてました。
古き良き祭りの姿を守っているコミュニティだなと思いました。

M0017562 (800x600)

この記事のURL | 旅行・おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『文明の憂鬱』
- 2013/09/21(Sat) -
平野啓一郎 『文明の憂鬱』(新潮文庫)、読了。

古本屋にて、「平野啓一郎って誰だっけ?聞いたことある名前だけど・・・」
というレベルで、とりあえず気になったので買ってきました。

読むのに再度手に取り、裏表紙裏の著作リストを見て、
「そうか、芥川賞作家か・・・・」と、ようやく気付く始末。
小説ではなく、エッセイがお初の読書と相成りました。
ま、芥川賞作品とは相性悪いので、意外とエッセイの方がいけるかもしれません。

京大法学部という経歴のせいか、文体に気取りがあり、また理屈っぽいです。
でも、言っている内容自体は面白いです。
世間の流れに異を唱える内容にも説得力があり、
また、こんな視点で考えるのかぁと、気づかされるものも多々ありました。

月刊誌に連載されたエッセイだったということですが、
それなりに企画のコンセプトがしっかりしていたので、
読んでいて面白かったです。

が、後半に併録されている「続・文明の憂鬱」と銘打った章は、
様々な雑誌に書かれたコラムの寄せ集めに過ぎず、
どうせなら、違うタイトルを付けて欲しかったです。


文明の憂鬱 (新潮文庫)文明の憂鬱 (新潮文庫)
平野 啓一郎

新潮社 2005-12-22
売り上げランキング : 167921

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『琳派・若冲と花鳥風月』
- 2013/09/21(Sat) -
『琳派・若冲と花鳥風月』

若冲を見に、千葉まで行ってきました。

DSC_0517 (960x1280)

「千葉まで」って書くと遠いようにも感じますが、
私の住んでいるところからは総武線で一本なので、
1時間の読書の旅としては、お手頃な感じです。

初めて千葉市美術館を訪れましたが、重厚な建物で素敵ですね。
区役所も同居している大きなビルの7階・8階が展示スペースでした。

DSC_0514 (960x1280) (768x1024)

DSC_0515 (1280x960)


様々な作品が並んでいましたが、
やっぱり、若冲の作品には、目を奪われます。
今回の展示では、ダイナミックな筆致の水墨画「海老図」が印象的でした。
また、大胆に黒を使った木版の絵巻物「乗興舟」には驚きました。
黒い空と、白い川、そして岸辺に点在する家々のシンボリックな描き方、
イラストレーションとしても面白さを併せ持っています。

若冲以外では、小原古邨の錦絵が面白かったです。
生き物を大胆に配置した構図は、躍動感があって、
輸出品として欧米で人気を博したというのも頷けます。

若冲をきっかけに日本画に描かれる生き物たちの姿にハマったのですが、
今日、様々な花鳥風月を眺めていて感じたのは、
特に「感情」を感じさせる「表情」をもった作品が好きなのだということ。
「鳥の感情」なんて、これまで考えたこともなかったのですが、
これらの作品を通して、鳥の表情の豊かさに気づきました。


最後に、旧川崎銀行千葉支店も、チラッと見学してきました。

DSC_0516 (1280x960)


この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『商法おもしろ事典』
- 2013/09/21(Sat) -
和久峻三 『商法おもしろ事典』(中公文庫)、読了。

弁護士作家が解説する裁判事例の商法編。

判決の内容を、商法の条文を紹介しながら解説するのですが、
基本的に、解説で話が終わってしまい、
それに対して著者がどんな感想を持っているかが書かれていないので、
なんとなく尻切れトンボな印象です。

紹介されている事例も、
例えば、最近のライブドア事件のような、知恵(もしくは悪知恵)の働かせ合いのような
高度なものの解説ではなく、
「社内不倫のゴタゴタ」「遅刻魔の解雇」「感情的なもつれで裁判に」といった
下世話な話が多く、「こんな人たちと仕事をしたくない・・・」と思ってしまう
残念な人がたくさん登場するので、だんだん食傷気味に・・・・。

残念な人との取引で損をしないことを学ぶよりも、
残念な人を見極めて関わらずに済む方法を学んだ方が
生産的なような気がしますが、世の中、そんなにきれいにはいかないのでしょうね。


商法おもしろ事典 (中公文庫)商法おもしろ事典 (中公文庫)
和久 峻三

中央公論社 1994-12
売り上げランキング : 951651

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  和久峻三 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『御社のトップがダメな理由』
- 2013/09/21(Sat) -
藤本篤志 『御社のトップがダメな理由』(新潮社新書)、読了。

先々週、勤め先の某役員と、会議で意見がぶつかりました。
どう考えてもその役員の意見は放言と言うか、暴論に近いものだと思うのですが、
なんとなく「お前の提言の仕方が悪い!」という雰囲気でウヤムヤのまま終わり・・・。

まぁ、確かに、事前に提案の作戦を十分に練っていなかったこちらも悪いのですが、
あまりの論理展開に、こちらは反論することもできずポカーン (゜_゜)
部長は戻ってから「経営者の立場であんな物言いは信じられん!」と怒り心頭。

一応、会議が終わってから、「失礼な言い方をしました」と謝りには行ったものの
当の役員とうちの部の間には変な空気が充満したまま(苦笑)。

で、手元に本作があったので、「なんでダメなんだろう・・・」と
半ばヤケクソな気分で読んでみました。

が、大半は、「成果主義」「360度評価」「フラット型組織」などの
制度設計の話に終始し、イマイチ求めていたものと違っていました。
制度を使いこなせない役員、もしくは、制度の本質を理解していない役員
という意味でのダメさの話でした。

最後の方に、「民主的ボトムアップ主義の無責任」が語られており、
これは正鵠を射ている!とヒザを打ちました。

まさに、うちの会社が、「こうなったらいいな」「あの会社いいな」と役員が
抽象的なイメージを思いつきで語り、下のスタッフが一生懸命に方法論を考え、
結果、ストーリーのない場当たり的な仕組みの導入となり失敗続きです。

具体的な制度設計を役員に考えてくれとは言いません。
それはスタッフが知恵を出すところです。
でも、事業全体を流れるストーリー、将来を見通した戦略を、
イメージで良いので役員には語って欲しいのです。

課長でもないクラスの私が中期経営計画のストーリーを考えて
部長と社長の間で詰めて、株主への説明に回ってもらっている一方で、
他の役員は我関せずで眺めているだけって、どーなのよ!(怒)


御社のトップがダメな理由 (新潮新書)御社のトップがダメな理由 (新潮新書)
藤本 篤志

新潮社 2008-04
売り上げランキング : 549656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『闇の日本史』
- 2013/09/20(Fri) -
中津文彦 『闇の日本史』(ワニ文庫)、読了。

父の知人の本シリーズ。

本作では、日本史に残る大きな謎を解いていきます。
有名な「義経北行伝説」なども登場しますが、
それよりも、「西郷隆盛は生涯写真を残さなかった」というような
ちょっと斜めの角度から歴史にスポットを当てた章が、新鮮で興味深かったです。

文章も、結構、読み手がワクワクするような流れになっており、
また、そのような推論をするにあたっての証拠も
それなりに挙げており、単なる謎と説の紹介にとどまらず、
読んでいて面白かったです。

「由比正雪の乱」の章に登場した紀州公など、
なかなかな大人物を新たに知ることができるというのも、
こういう歴史モノの醍醐味ですね。


闇の日本史―国民の知らない歴史〈3〉 (ワニ文庫)闇の日本史―国民の知らない歴史〈3〉 (ワニ文庫)
中津 文彦

ベストセラーズ 2003-06
売り上げランキング : 256556

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『白雪姫と鏡の女王』
- 2013/09/20(Fri) -
『白雪姫と鏡の女王』

最初に、女王様のジュリア・ロバーツを見て、
「この独特顔は、童話の世界の美悪女とは違ーう!」と思ってしまいました(苦笑)。
さらに、白雪姫は超極太眉だし、王子様は顔うっすー。
キャスティングに不満ブーブーです。

ところが、脚本が結構面白かったんですよね。
ちょっとした会話の妙で引き込まれたのですが、
ストーリー自体も、「毒りんご」「王子様のキス」という白雪姫2大要素を
かなり大胆にアレンジしているところが、成功してたと思います。

映像の見せ方や、衣装も、凝ってました。
後から調べたら、『落下の王国』の監督さんだったんですね。
納得。

そして、段々と、白雪姫が可愛く見えてくる不思議(爆)。

ジュリア・ロバーツは、初っ端は違和感を持ちましたが、
コメディタッチに女王様を見せるなら、
この人のコメディセンスに頼ったことに納得。
非常にテンポよく悪事を進めてくれます(笑)。

「子犬用」なんていうギャグも、
なかなか欧米のセンスでは出てこないのではないでしょうか?
恐るべし、インド文化の奥深さ。

いろいろ楽しめた作品でした。


白雪姫と鏡の女王 スタンダード・エディション [DVD]白雪姫と鏡の女王 スタンダード・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D) 2013-03-02
売り上げランキング : 4105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL |  ジュリア・ロバーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ