FC2ブログ
『これからの「正義」の話をしよう』
- 2012/09/23(Sun) -
マイケル・サンデル 『これからの「正義」の話をしよう』(早川書房)、読了。

これって「正義」の話なんだろうか?
読んでいて、ずーっと疑問でした。

正直、この本を買ってくるまで、戦争などをテーマにした本だと思い込んでました。
アメリカ的な「正義」について考察した本なのかなと。

読んでみて、「正しさ」について考えようとしている本なのだなと
自分なりに理解しました。

ところで、「正しさ」と「正義」って、同じことを指してますか?
私の日本語の理解力の問題なのかもしれませんが、
日本語の「正義」って言葉の使われ方って、もっと青臭いものをイメージしませんか?
もしくは、偽善的な香りが漂ってきませんか?

原題の通り、米語では“JUSTICE = What's the Right Thing to Do?”なのかもしれませんが
喧嘩両成敗の文化の日本では、唯一の真理としての「正義」は
存在しないような気がしてるんですよね~。
存在しないものを、まるであるかのごとく口にするから
青臭く感じてしまうのではないかと。

そんなことを考えてしまったのは、本作で取り上げられている米国での
諸問題での意見対立の様子が、日本とは文化的に違うなぁと感じたからです。

日本って、お互いに主張しあうことはあっても、
論点を整理して、本質的に何が対立しているのかという確認を
しないままに言いっ放しで終わることが多いですよね。
だから、問題が解決しないし、モヤモヤした気持ちが残ったまま、
なし崩し的に先へと進んでいってしまう感じがします。

本作で一番勉強になったのは、意見対立において、
「結局何が相容れないのか」という根本的な部分を掘り下げるアプローチの仕方でした。

「つまりこういうことでしょ!」と言い切る力。
これを身につけられたら、どんな論戦でも「正しさ」を強く主張できるように
なれるような気がします。


これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel

早川書房 2010-05-22
売り上げランキング : 899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  マイケル・サンデル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『たのしい仏像のみかた』
- 2012/09/23(Sun) -
村松哲文 『たのしい仏像のみかた』(日本文芸社)、読了。

昨日、神保町で叩き売られていたので買ってきました(笑)。

仏像関係の本と言えば、
見仏のたしなみについての本は読めども、
仏像そのものについての本は、読んだことがありませんでした。

ま、本作は相当初歩の入門書ですが、
でも、仏像の体系がわかりやすく解説されていて良かったです。

あと、いままで考えてみたことの無かった金銅仏の造り方を知り、
鋳造技術の高さに驚きました。
中国から学んだとはいえ、飛鳥時代に、ここまでの技術を持っていたのは驚きです。

奈良の大仏様にしても、
大仏様サイズの鋳型に銅を流し込んで、一気に作ったということに呆然。
信仰の力とは、とかく偉大な挑戦を可能にするものなんですね。



かわいい、キレイ、かっこいい たのしい仏像のみかたかわいい、キレイ、かっこいい たのしい仏像のみかた
村松 哲文

日本文芸社 2010-09
売り上げランキング : 428628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『座右のゲーテ』
- 2012/09/23(Sun) -
斎藤孝 『座右のゲーテ』(光文社新書)、読了。

ゲーテ・・・・あまりに凄過ぎて、私的にこれまで手付かずの偉人です。
「もっと光を!」ぐらいしか分かりません。
ま、この言葉は、「窓を開けてくれ」の意味だったらしいですが・・・。

さて、売れっ子・斎藤孝先生によるゲーテの解説本。
『ファウスト』などに行ってしまうのではなく、
ゲーテが書きとめた「生き方のヒント」を、易しく解きほぐします。
このあたりの目の付け所が、さすが売れっ子。

「ゲーテ」という高名な人の言葉に触れること自体が
なんだか自分が賢くなった気持ちにさせてくれるという錯覚(苦笑)を、
うまーく利用して本にしてますよね~。

誰か、「斎藤孝」という人物の活動を、
マーケティングの観点で分析してくれませんかねぇ。
とっても役に立つマーケティング本になると思います!

という余談ばかりで何ですが、
本作は、読みやすく、ゲーテの教えも、われわれ凡人の日常に適用しやすい
極めて普遍的なものに絞って解説されているので、分かりやすかったです。

ゲーテの作品よりも、人生哲学のほうに興味を持ちました。


座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)
齋藤 孝

光文社 2004-05-15
売り上げランキング : 31300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  ゲーテ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『恋とニュースのつくり方』
- 2012/09/23(Sun) -
『恋とニュースのつくり方』

実績ゼロの新米TVプロデューサーが
打ち切り寸前のモーニングショーの建て直しを図るというコメディ。

やる気の無いスタッフ、これ以上のリソース投下を認めない局、自虐的なキャスター、
そこへ世界で3番目に嫌な男が、新キャスターとして入ってくる
・・・・・もう、混乱必死。

ストーリーは王道でシンプルなので安心して見られます。
合間に入れてくるギャグは、そんなにドギツクないけど、テンポ良く畳み掛けてくるので
気持ちよく笑えます。

キャスティングも、ハマってました。
レイチェル・マクアダムスが中心でしっかりとコメディエンヌをしているのに対し、
さすがキレキレのダイアン・キートン、
そして、これは地じゃないかと思わせるハリソン・フォード(爆)。
脇役達も分かりやすいキャラ作りで、組み合わせが上手いです。

終盤の展開は、あまりに王道のベタ路線でしたが、
まぁ、そこは大目に見ましょうか。
視聴率が上がっていく過程で、コーナーの差し替えや司会者の罵り合いの発生など
番組側の変化はわかったのですが、それに対する視聴者の反応を少しは入れて欲しかったです。
今の時代、犬猿の中の司会者コンビ垂れ流しというのは、
結構、ネット的に流行ると思うんですよね~。
そのあたりのフォローが欲しかったです。

惜しむらくは放題。こりゃないわ。


恋とニュースのつくり方 [DVD]恋とニュースのつくり方 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2011-08-11
売り上げランキング : 56877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  ハリソン・フォード | CM(0) | TB(0) | ▲ top
増上寺~二条城展~神保町
- 2012/09/22(Sat) -
今日は彼岸の中日ということで、芝の増上寺にお参りに行ってきました。

増上寺

法要の前に法話があるということで、そこから参加してきました。
法話というものは初めてだったのですが、
中国における反日テロの話からはじまり、
思いのほかホットで政治的なネタを使うことに、少々驚きました。

話はそこから中国共産党による宗教弾圧、文化大革命の話へ。
ちなみに、ワタクシ、あの反日テロは、領土問題や外交問題、歴史問題などではなく、
中国における格差問題、経済問題、つまりは国内問題だと思ってます。
それらの鬱憤が、「反日」という態のよい看板を掲げて噴出してるだけで・・・。
文化大革命という活動により、自らの誇るべき文化を破壊しつくした現在の中国は、
一般市民が「みんなで破壊する」という意見表明の仕方しか知らないのではないでしょうか。
きっと、一昔前の中国の人々は、もっと文化と教養に溢れ、
建設的で意義のある意見表明の仕方や、国の造り方をしていたのではないかと想像します。
悲しいことです。中国の人々こそが最も悲しむべきことではないかと思います。

増上寺三門

話はそれましたが、後半は、「信仰」についてのお話。
あまり難しい講釈をするのではなく、日常の言葉で語られる「信仰」の話は
分かりやすいお話でした。

50分の法話の後、法主様による法要です。
知っているお経は、一緒に唱えさせていただきました。
南無阿弥陀仏。

観音様

境内では、猿回しが子供たちのハートをガッチリつかんでました。

猿回し

その足で両国へ行き、江戸東京博物館で二条城展を見学。
普段なら、さほど興味を持たなかった気がしますが、
先週の京都の名残りといいうことで(笑)。
ま、肝心の二条城は見学してこなかったのですが・・・。

二条城展

襖絵を至近距離でじっくり見られたのもよかったですが、
寛永行幸絵巻などの絵巻物が素晴らしかったです。
大名から従者の1人1人まで、表情豊かに活き活きと描かれており、
保存状態もよく、色彩鮮やかな情景に、当時の徳川幕府の権勢が伝わってきます。
我らが高虎さんも、どこかに描かれていたはず(笑)

江戸東京博物館

両国駅まで行ったら、
ちょうど国技館に幕内のお相撲さんたちが入ってくる時間帯だったみたいで、
大勢のお客さんが入り待ちをしてました。

お相撲は詳しくないので、誰だか分からないけど、見かけたお相撲さんをパチリ。
でも、応援の声が飛んでなかったので、お付の人だったのかな(苦笑)。

お相撲さん

一度、生で観戦してみたいです。

両国国技館

最後に、神保町で古本探し。
先日の講義の影響で、ミシェル・フーコーの『性の歴史Ⅰ』を探しに来たのですが
残念ながら見つからず。
ま、いざとなれば、新品で買えばよいのですが・・・・。

結局、いくつか目的外の本を買って帰途に着きました。

この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『舞え舞え蝸牛』
- 2012/09/22(Sat) -
田辺聖子 『舞え舞え蝸牛』(文春文庫)、読了。

おせいさんの「おちくぼ姫」。
以前、その名も『おちくぼ姫』を読みましたが、
本作では、一層、個々のキャラクターが立っているように感じました。

おちくぼ姫はしとやかに、
北の方は激烈に、
阿漕ははしこく。

おせいさんの、おちくぼ姫への愛情がひしひしと伝わってくる作品になっています。

それにしても、何度読んでも、
このストーリー構成は上手いですよね~。
ある意味、王道の物語展開なのですが、
人々に愛されるエンターテイメントをよく理解して作られているように思います。
10世紀にこんな作品を生み出す日本文化って、すごい!!


舞え舞え蝸牛―新・落窪物語 (文春文庫 た 3-13)舞え舞え蝸牛―新・落窪物語 (文春文庫 た 3-13)
田辺 聖子

文藝春秋 1979-10
売り上げランキング : 168455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  田辺聖子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『小さな海の仲間たち』
- 2012/09/20(Thu) -
『小さな海の仲間たち』(水中造形センター)、読了。

頂き物の写真集。

エビもカニもウミウシも好きなのですが、
いっぺんに扱われると、深堀りできずに何だか物足りない・・・。

写真も、コラムも、
「え、何コレ!?」「ふーん、そうなんだぁ」という感動が欲しいのです。

ま、頂き物なので、欲を丸出しにしてはいけませんが・・・。


小さな海の仲間たち―エビ・カニ・ウミウシ小さな海の仲間たち―エビ・カニ・ウミウシ
舘石 昭 石川 肇 松島 正二 北川 暢男 原田 雅章 水中造形センターマリンフォトライブラリー

水中造形センター 1999-04
売り上げランキング : 818327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『マイファミリー・ウェディング』
- 2012/09/19(Wed) -
『マイファミリー・ウェディング』

アフリカ系男性とメキシコ系女性の結婚話に、
双方の家族が大混乱を巻き起こすドタバタ恋愛コメディ。

フォレスト・ウィッテカーはもちろんですが、
他の出演者の面々も、なかなかのコメディアン&コメディエンヌ揃い。
あまり有名な人が出演していないのに、拾い物でした。
脚本も会話が面白く、演出もテンポが良かったです。

しかし、それにしても、人種の問題というのは根深いものですね。
白人と黒人という組み合わせではなく、
黒人とメキシコ人という組み合わせが新鮮でした。
文化の違いというものが、より鮮明に表現されているように感じました。

でも、現実でいうと、アメリカの人種比率としては、
ヒスパニックが一番多いんですよね~。
白人の比率が落ちていっていることを考えても、
「人種問題」が指す内容は、年々変わっていくんでしょうね。

なーんて、難しい問題も頭を掠める、
なかなか良い作品だったと思います。


マイファミリー・ウェディング [DVD]マイファミリー・ウェディング [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-08-03
売り上げランキング : 54837

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『真相』
- 2012/09/19(Wed) -
横山秀夫 『真相』(双葉文庫)、読了。

本作は、警察機構ではなく、
犯罪を犯してしまった市民の側が主人公の短編集。

罪を悔いているようにみせながら、
その裏側には、ずるい考えも見え隠れするような
人間の嫌らしさを上手く描いていると感じました。

ちょっと上手過ぎて、「不眠」でのいじめの描写は、気分が悪くなるほど。
こんな体育会もあるんですかねぇ・・・・。

作品としては、あまり奇をてらった展開ではない中で、
人間の感情の起伏を上手く描いていると感じた表題作「真相」が
一番面白かったです。



真相 (双葉文庫)真相 (双葉文庫)
横山 秀夫

双葉社 2006-10
売り上げランキング : 76864

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  横山秀夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京都 参拝旅行
- 2012/09/19(Wed) -
さてさて、2日目は、仁和寺で納骨をお願いしてきました。

納骨の前に、お坊様に境内を案内していただけ、
普段は閉じられている観音堂の中も拝観させていただきました。
薄明かりの中で仰ぎ見る観音様は神々しかったです。

納骨のお勤めは、金堂に上げさせていただき、
阿弥陀様の前で読経をしていただきました。

真言宗の方のお経までは、さすがに暗誦できないので、
心の中では、浄土宗徒として南無阿弥陀仏の気持ちで臨みました。

祖母と叔母の魂が、極楽浄土で安らかに過ごしてくれることを願うばかりです。

昼食後、まだ時間に余裕があったので、
京都を北西から南東にぶった切って、伏見稲荷へ行ってきました。
あの鳥居が見たかったから・・・。
思っていた以上に、延々と鳥居の列が続いていて驚きました。
京都の信仰心の奥深さを実感しました。



こちらの三門も立派です
仁和寺三門
仁王さん
仁和寺 仁王像
お庭が広々
仁和寺
この光景が仁和寺ですね
仁和寺
右近の橘
仁和寺
廊下をうろうろ
仁和寺
お坊様に案内いただきました
仁和寺 五重塔
観光客わんさか
伏見稲荷
天皇家の札がたくさん
伏見稲荷
まさに見たかった景色!
伏見稲荷
お守りを買ってきました
伏見稲荷
この記事のURL | 旅行・おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ