fc2ブログ
『切羽へ』
- 2011/06/24(Fri) -
井上荒野 『切羽へ』(新潮文庫)、読了。

直木賞受賞作。
著者の名前を知ったのは、この受賞のニュースででした。
他に2作品読んでから、いざ、受賞作へ。

まず、主人公夫婦の日常生活の描写に、少し驚いてしまいました。
いわゆる普通の夫婦なのですが、その情愛の細やかさに、
当てられてしまったのか、なんなのか、
不躾な性描写よりもドギツイ生々しさを感じてしまいました。

小説をたくさん読んでも、意外と、普通の夫婦の情愛という描写には出会わものだと
気づいてしまいました。そして、私は、あまりこの世界を好んでは見たくないと
感じていることも、わかってしまいました。

ストーリー的には、あまり大きな出来事は起こりません。
1年と少しの間に、とある島に起こる些細な出来事を書き連ねていきます。
しかし、そこに物足りなさを感じることはありませんでした。
エピソードの切り取り方がうまいです。

著者の小説書きとしての力量を実感できる作品です。
ただ、私個人の好みには合わない作品でした。


切羽へ (新潮文庫)切羽へ (新潮文庫)
井上 荒野

新潮社 2010-10
売り上げランキング : 14637

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  井上荒野 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ボーダー』
- 2011/06/24(Fri) -
『ボーダー』

デ・ニーロさんの映画だと思って録画したのですが、
アル・パチーノが格好いいんですよ!
この2人が刑事としてタッグを組んでいるなんて、
なんて素敵なんでしょう。

作品としては、最後のどんでん返しにやられました。
このオチを活かすために、デ・ニーロとアル・パチーノを、
あえて、この役に割り当てたのが分かりました。

ただ、後半の犯人が暴走し始めるまでが、
正直なところ退屈さを感じます。
見せ方が、まどろっこしい感じで、スピード感がありません。
意味ありげなシーンの挿入は、
たしかに最後に全てがつながるのですが、
見ている間は面白みにかけます。

あぁ、でも、デ・ニーロも、アル・パチーノも良かったなぁ。


ボーダー [DVD]ボーダー [DVD]

Happinet(SB)(D) 2010-09-03
売り上げランキング : 35102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  ロバート・デ・ニーロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『宴のあと』
- 2011/06/23(Thu) -
三島由紀夫 『宴のあと』(新潮文庫)、読了。

「プライバシー裁判」で教科書にも載ってしまうような作品ですが、
そんな下世話な話を抜きにして、小説として面白かったです。

まず、何よりも文章が読みやすい!

どうにも、私は、三島作品に対して心理的距離を感じているようで、
いつも作品を読むたびに「意外と読みやすかった」という変な印象を持ってしまうのですが、
本作でも右に同じくでした(苦笑)。

都知事選に打って出た、いわゆる「一昔前の偉人」が、
政治という世界の価値観を掴むことができずに、落選してしまいます。

そんな男の妻として選挙を戦い、料亭の女将として金銭的にも支援し、
選挙に敗れた後は、その敗戦処理をいかにも「政治的に」行う手腕を見せる主人公。

この対比が、非常に面白かったです。

そして、決して、政治の世界の理屈が分かっているわけではないのに、
女将としての肌感覚や、人間を見極める目を持っていることで、
いっぱしの政治感覚を本能的にもっているところが、興味深く感じられました。

特に、この女将の目を通して評価される「老人」や「男」というものの
冷静な分析は、非常に面白かったです。

やはり、一時代を築いただけあって、三島作品は面白いです。


宴のあと (新潮文庫)宴のあと (新潮文庫)
三島 由紀夫

新潮社 1969-07
売り上げランキング : 14982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  三島由紀夫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『古書店アゼリアの死体』
- 2011/06/20(Mon) -
若竹七海 『古書店アゼリアの死体』(光文社文庫)、読了。

ロマンス小説専門の古書店を舞台にした殺人事件。

ロマンス小説というと、少し色眼鏡で見ていたところがあり、
古書店の女主人・紅子さんのキップのよさに感嘆しつつ、
一冊使ってここまで熱心に語られると、その世界も奥深いんだなぁと
恐れ入ってしまいました。

一方、本題のミステリのほうは、イマイチな感じ。

まず、殺人の対象となった前田家の関係が複雑で、
なかなかすんなりと頭に入ってきません。
しかも、殺人事件自体も捻りが多過ぎて、
ちょっと物語に入っていけませんでした。

というわけで、物語の骨格よりも
味付けのほうを楽しんだ一冊となりました。


古書店アゼリアの死体 (光文社文庫)古書店アゼリアの死体 (光文社文庫)
若竹 七海

光文社 2003-09
売り上げランキング : 259719

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  若竹七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダイビング @獅子浜
- 2011/06/19(Sun) -
震災やら何やらで、4ヶ月ぶりとなってしまったダイビング。
肩慣らしに獅子浜で潜ってきました。

ベタ凪で、気温・水温とも穏やか、
透明度も深場では10mほどあって、
ブランクダイバーには優しい海でした。

本日は、カエルアンコウの大きくてきれいな固体を
自力で見つけられたので嬉しかったです。
ま、かなり難易度の低い状態でしたが(苦笑)。


こういう景色は良いですね~
ネンブツダイ
初心に帰って?
ミノカサゴ
輝く黄色
カエルアンコウ
思いのほかきれいに撮れた
ハナハゼ
お初でした
シマウシノシタ
パニックで飛び出し・・・
ダイナンウミヘビ
半狂乱で頭突っ込んで身動きとれず(苦笑)
ダイナンウミヘビ
もりもり産み付けてありました
アオリイカの卵
ふさふさ
スミゾメミノウミウシ
美しい固体
ヒロウミウシ
立派でした
ミスガイ
高速移動中
ウミフクロウ
あちこちに居ました
ガンガゼカクレエビ
細めの固体
イボイソバナガニ
なんとなく無防備でした
カザリイソギンチャクエビ
獅子浜と言えば
ムラサキハナギンチャク
べたべた
獅子浜

この記事のURL |  獅子浜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『教師の休日』
- 2011/06/18(Sat) -
吉岡忍 『教師の休日』(朝日文庫)、読了。

吉岡忍の名前と、教師というテーマの組み合わせで買ってきました。

著者の若い頃の話などが出てくるので、
一体どんな出自の人なんだろうと思い、読み終わってからwikiで調べたら、
べ平連などの活動をしていた人なんですね。

ちょっと印象が変わるとともに、
本作の内容からすると、なるほどなぁと思うくだりもあり。

若気の至りということで振り返っている部分もあるので、
今の著者の立場は、もっと視野が広がっているのだと感じたのですが、
やはり、当時の時代背景やその世代のもつ空気のようなものが感じられる
言論がところどころに登場し、私の価値観とは合わないなぁ・・・と思うこともしばしば。

ただ、登場する先生の中には、
学校という環境や、社会、世間について、面白い分析をしている方もいて、
音楽教師や夜学の教師の言葉には、重みと深みを感じました。

インタビューの時期が、かなり古い時代なので、
もし、今の教師たちに対して、著者が同じような取材を行ったら、
いったいどんな作品が出来上がるのだろうかと、気になりました。


ルポルタージュ 教師の休日 (朝日文庫)ルポルタージュ 教師の休日 (朝日文庫)
吉岡 忍

朝日新聞 1992-05
売り上げランキング : 1079540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉岡忍 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『シャドウ』
- 2011/06/16(Thu) -
道尾秀介 『シャドウ』(創元推理文庫)、読了。

「ちょっと体がだるいなぁ・・・今日は早く寝よう」と夜10時に布団に入り、
「でも、さすがにすぐには寝付けないよなぁ」と、本作を手に取ったのが最後、
一気に読み通して、結局、寝たのは2時でした(苦笑)。

ところどころに違和感を感じさせる一文が入っていて、
「あ、今、何かトラップが仕掛けられたぞ」と思うと、
その謎を解きたくて、いてもたってもいられなくなり、結局一気読み。

何人かの登場人物の目を通して、
あくまで主観的に物事が描写されていきます。
なので、「あれ、この展開おかしくない?」「この反応おかしくない?」というのは
ある程度気づくことが出来ます。
例えば、お父さんの置かれた状況は、途中で気づけました。

が、
がっ!
最後のどんでん返しまでは、とてもじゃないけど、予想できませんでした。

いろんな人が「行動を思い立つ」という機会が
ある数日の間に集中しているのは、若干、都合が良過ぎるかな・・・という気もしますが、
全ては、一人の女性の死から始まっているということで、
ま、なんとか納得できるラインに収まっています。

物理学における「重力」や「作用・反作用」の観点から、
この展開はありうるのかしら?と思ったシーンが一つありましたが、
ま、そこには目を瞑りましょう。

それよりも、人間の主観というものが、どれだけ偏ったものなのか、
この作家さんのどの作品を読んでも、その観点に驚く始末です。
今回は、叙述トリックではなく、登場人物たちの主観の頼りなさという点で、
そこを強く認識しました。

人間とは、不思議な生き物です。


シャドウ (創元推理文庫)シャドウ (創元推理文庫)
道尾 秀介

東京創元社 2009-08-20
売り上げランキング : 10849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  道尾秀介 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『ファースト・プライオリティ』
- 2011/06/15(Wed) -
山本文緒 『ファースト・プライオリティ』(角川文庫)、読了。

31歳の女性を主人公に、31通りの人生を切り取る。
これは、手の込んだ短編集です。

どれも、8ページ程度の作品なのですが、
「足りない」「わからない」と思うことがありませんでした。
それほどまでに、充実した短編集です。

ぎゅっと濃縮して書いたものもあれば、
淡々とした描写の中からイメージさせる作品もあり、
31通りを書き分ける力量は、素晴らしいです。

また、31歳の女性という設定が、
自分の等身大に近く、共感を持って読める作品が多かったです。

結婚願望に焦る主人公もいれば、独りを満喫する人もいて、
また、あまりそういう将来を描かずに今を生きてる人もいて、
様々な女性が登場してくるのですが、ところどころで見せる彼女たちの判断や感情が
立場は違えど、納得できるものが多かったです。

いやぁ、すごい作家さんだ。


ファースト・プライオリティー (角川文庫)ファースト・プライオリティー (角川文庫)
山本 文緒

角川書店 2005-06-25
売り上げランキング : 158137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  山本文緒 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
S革&Q&007
- 2011/06/14(Tue) -
『スクール革命!』(2010年7月25日放送)
上半期のニュースを振り返るということで、森永卓郎先生と水道橋博士先生。
森永先生も面白いんですけど、一度ガッツリと水道橋博士と組んでほしいです。
今見ると、1年以上前のニュースばかりなので、
「あぁ、そんなこともあったなぁ・・・」程度ですが、
当時はW杯とか、盛り上がってましたよね・・・。そうか、首相は鳩山サンだったのか・・・。
VTRは飛ばしながらでしたが、
スタジオでは、高知先生の無茶振りや、春日さんの激辛挑戦など、お笑い的には見所満載。
春日さんの挑戦の前に、内村先生、無駄に激辛を食べてむせてます(苦笑)。
地味にご飯食べてるだけなのに、笑いの神が降臨。
というか、進行ちゃんとしましょうね!
最後は、内村先生のお誕生日のお祝いということで、
プレゼントは娘さんへのアンパンマン変身グッズ。
もしかして、これが切っ掛けになって、娘っこはアンパンマンファンになったのかしら?
ま、小さい子は、みんな好きか。

『世界の果てまでイッテQ!』(2010年7月25日放送)
自由研究特集という名の総集編。
一度見たはずなのに、結局、また見てしまいました。
Qは、素材持ってますよねー。そして、編集上手いねぇ。

『しゃべくり007』(2010年7月26日放送)
お初でございます。
放送が始まったとき、「豪華な面々を揃えたなー」と思ったのですが、
いざ見てみると、やっぱり豪華。トーク番組なら2種類取れるんじゃないか?というぐらい。
さて、スペシャルでも宣伝でもないのに登場した内村さん。
理由は「お誕生日を祝ってほしいから」(笑)。出演の真相が気になる・・・。
前半はフリートーク。雛壇というより、トーク番組のゲストに慣れていないため(爆)
親しい面々なのに、時々敬語になってしまう内村さん(苦笑)。
でも、「24歳の時には売れっ子だった」という話から、ウンナンの歴史を感じてしまいました。
今も、若くして売れる人や、反対に大器晩成型の人もいますが、
20代前半のときから、ずーっとテレビに出続けてるって、凄いことですよね。
ウンナンさんって、あんまり「俺が!俺が!」タイプではないので気にならないのですが、
よくよく考えたらベテランさんで、大御所の域のちょい手前ぐらいまで行ってる感じ。
ある意味、若手との壁のなさというか、若手の中にすーっと入っていけるのが
素晴らしいことだと感じました。
お話としては、心音ちゃんの鼻ネタとか、早朝リモコンネタとか、彼氏ネタとか
新しい話も聞けて、面白かったです。
奥様ネタが出てもおかしくない振り方をしてくれたのに、やっぱり娘さんのほうが
内村さんも話しやすいのかな。徳ちゃん話は、南原さんがいないとダメね。
後半は、納涼グッズ紹介。内村さん自らが「お客さんみたいに見ちゃった」と言ってましたが
視聴者としては、そうなってしまった企画が残念でもありましたが、一方で、
「良いチームワークだなぁ」と感心している内村さんに同意してしまいました。
ネプ、くりーむ、チュートのトークの息の合い方がバッチリ。
内村さんの言い方だと、みんなの成長に感心するとともに、絡み足りなかったような
悔しいも思いもしていたのではないかと推測。
彼らともっと絡んで、トークで翻弄しあうぐらいのバトルを見せてほしいですね。
でも、リクライニングチェアーの紹介で、急に座れといわれ、リハ無しの状態で
椅子の操作を、体の動きと表情でコント風にもっていける力量はさすが!


アンパンマン へんしんセットアンパンマン へんしんセット

バンダイ 2010-06-19
売り上げランキング : 10818

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Travelling Without MovingTravelling Without Moving
ジャミロクワイ M-BEAT

エピックレコードジャパン 1996-11-21
売り上げランキング : 24925

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
RT&ラフ
- 2011/06/14(Tue) -
『THE RED THEATER』(2010年7月21日放送)
イヤヨイヤヨは、辻ちゃんがゲスト。
「平成あっぱれTV」とかで、「つじゅ」って呼ばれてたときが懐かしいですね。
もう、お母さんなんですよねー。
ネタ的には、辻ちゃんが安定してました。というか、芸人頑張れよ~。
3Tは、3Tではなくなりました(悲)。
出発点を捨てたような気がして、ちょっと淋しい気持ちになりました。
ま、シチュエーションを本当の意味で活用しているコントは少ないので(爆)、
あまり本質的な影響はなさそうです。
ただ、5本も取れるシチュエーションとなると、あまり斬新な設定に出来なくなるという点で、
良い化学反応が起きる可能性を潰しちゃったような気もしますね。
さてレギュラー陣では、しずるが良かったです。
この2人は、演技というか、息の合い方が、いかにもコンビっぽいんですよね。
ユニットはイケメン部に坪倉さんを登場させましたが、
ボケにボケを重ねることで、くどくなってしまった気がします。
ここまでボケがくどいと、杉山さんより池田さんのほうが捌くの上手いかも。
ゲストのバカリズムは金八先生ネタでしたが、
私があんまり金八先生に興味がないせいか、はまれず・・・。
ホワイトシアターは、村上春樹をネタにしたガシャャンが気になりました。
ただ、あんまり一般受けはしなさそう。本好きがクスリと笑う感じ。
アロハは、2度目の登場で、同じネタはいかんだろうに(怒)。
赤劇場はバナナボーイズでしたが、またまた辛そうな企画を持ち込んでましたね。
バナナボーイズは、笑いが予定調和すぎて、あんまり好きになれないんですよね。
池田さんがいるのに、勿体ないと感じてしまいます。

『ウンナンのラフな感じで。』(2010年7月22日放送)
新企画「それOUTですよ」。
なぜにVTRに逃げてしまうのか・・・・・小手先の演出では、盛り上がらないんですよねー。
内容的にも、あんまり目新しいネタがなく、雑学企画としてすでにOIT(苦笑)。
ただ、VTRに芸人さんを使っていたのは良かったです。
こういう芸人を上手く使った企画を、最初からやってほしかったです。
後半は、クイズに答えて、間違ったら恥ずかしいOUTな写真を公開させられるというもの。
ウンナン&千秋さんしか、公開処刑なし・・・・・よゐこはカット???
もっと、このコーナーを広げても良かったのでは?
というか、ゲスト多過ぎ。
ウンナン&よゐこ&千秋の5人で、
ウリナリの思い出話を延々させたほうが、お笑い的には面白かったかも・・・。


1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
村上 春樹

新潮社 2009-05-29
売り上げランキング : 1020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説 [DVD]ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説 [DVD]

バップ 2001-05-25
売り上げランキング : 95809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ