FC2ブログ
『戦争童話集』
- 2007/12/11(Tue) -
野坂昭如 『戦争童話集』(中公文庫)、読了。

野坂作品の戦争ものは『火垂るの墓』に次いで2作目でした。

全ての作品が8月15日をキーにして描かれています。
そのため、戦争が持つある種の華やかさや勢いといったものは感じられず、
そこにあるのは「無」に向かってしまった世界に生きねばならない人々の姿でした。

「小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話」なんて、
タイトルからして哀しげなイメージが沸々と湧いてきますが、
結末も如何ともしがたい残酷さでした。
これが戦争と言わんばかりの筆致。

「凧になったお母さん」は、なんと国語の教科書に載っている(いた?)とのこと。
これも結末の場面は、情景をイメージすると相当残酷です。
まさか、柔らかめに修正して掲載していたわけじゃないですよね?
学校でのオカシナ思想教育に使用されていなければいいのですが・・・。


戦争童話集 (中公文庫)
戦争童話集 (中公文庫)野坂 昭如

中央公論新社 2003-02
売り上げランキング : 197895

おすすめ平均 star
star捕虜と女の子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)
アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)野坂 昭如

おすすめ平均
stars原作を先に読みました
stars63年前の現実・・・
starsこれが原作…?
stars悲しいお話
stars表題作は短いが傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  野坂昭如 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
内さま
- 2007/12/09(Sun) -
『内村さまぁ~ず #27』

「ハンブン東京」の思い出話から始まったオープニング。
収録時、まだ公演前というのに号泣話までする3人のしらっとした様子に笑。

さて、公演直前で本当に時間がなかった様子の御三方。
1時間のうち、大半を有吉さんのライブに頼ってます(苦笑)。

ライブ会場の狭い楽屋(というかステージ脇)で
キュッと肩寄せ合いながら舞台上の有吉さんにダメ出ししまくる3人。

私も、『内P』での有吉さんの大喜利は好きだったのですが、
単独ライブでMCも居ないまま、あのテイストを再現するのは相当難しいですよね・・・。
「人生折れ線グラフ」のところで、さまぁ~ずが「長い」と言ってましたが、
ボケもツッコミも進行も一人でやると、変化がつかなくて間延びするんでしょうね。
グラフも次の格言も、仕込んできたネタ自体は面白かったように思います。
ただ、それを一人でやる限界というようなものが見え隠れ・・・。
有吉ファンの皆さんも、若干戸惑いつつの歓声&笑だったような。

その点、3人が舞台に登場してからは、
内村さんに進行(というかアシスタント)、さまぁ~ずにツッコミの役を担わせ、
有吉さんのネタがテンポよく演出されたので、面白さ倍増でした。
さまぁ~ずの有吉メーカーが最高!(内村さんには遠慮がありましたね)

そして、最後のダジャレ大喜利。
一つ一つのネタも面白かったのですが、
最後、三村さんのラジオネタ+大竹さんの演劇人ネタがツボINしてしまった
有吉さん自身に爆笑。
やっぱり笑わない王・有吉は健在です。

有吉さんの笑い方って、
場の雰囲気をすごく活性化させるので、
ネタの面白さを何倍にもパワーアップさせる力を持っていると思います。
『内P』に呼ばれ続けたのも、その技の威力が番組に大きくプラスしたからだと思います。

また、有吉さんの出る『内P』が見たいあなぁ。

この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ジョゼと虎と魚たち』
- 2007/12/09(Sun) -
『ジョゼと虎と魚たち』

公開時、かなり気になっていたのですが、
妻夫木聡×池脇千鶴という人気俳優の組み合わせに気が引けて、
結局、観に行かなかったヒネクレ者です。

予告編では、妻夫木聡の爽やかさと、
池脇千鶴の壁を感じさせる表情の演技が印象に残っていたのですが、
本編を見てみたら、池脇千鶴演じるジョゼが相当の変わり者で、
予想以上に面白かったです。

舌足らずな低音ボイスでゆっくりと繰り出される毒舌と、
池脇千鶴の幼顔と、ボサボサの髪と、何とも言えないセンスのファッション、
この奇妙な組み合わせが、何とも言えない味を出してました。

そして、当時は、原作が田辺聖子であることを全然意識していなかったのですが、
恒夫の周囲に巻き起こっている会話は田辺ワールドそのもの。
恒夫とノリコの会話なんてサイコー。
ジョゼといるときだけ、不思議なテンポに包まれていますが、
それでもやっぱり田辺節でした。

オープニングの時点で、
ジョゼと恒夫が別れていることは知らされてはいるものの、
どういう過程をたどってそのような結論に至るのか、
とても気になっていたのですが、
別れは突然、至極あっさりと語られてしまいました。

一瞬、「えっ!?」と思ったのですが、
旅行のシーンから思い起こしてみると、
そんなものかもしれないな・・・と感じてしまいました。

恒夫が最後に帰って行った場所をとっても、
恒夫はボランティア精神溢れる若者でも何でもなく、
ただの大学生のおにいちゃんの一人なんだと気付かせてくれますし。

若者同士の恋愛の一つの物語でした・・・という展開に
爽やかさを感じました。

あと、妻夫木聡って、おいしそうにご飯を食べますね。


ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]田辺聖子 渡辺あや

おすすめ平均
stars若者の刹那さ、切なさをリアルに描いた作品。
stars買いです。
stars切ない
stars僕にとって
starsちょっと好きなになれない・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)
ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)田辺 聖子

おすすめ平均
stars人の心の深い海をのぞき込むような
stars大人の男女のいる光景のスケッチ。女の心情描写がきめ細かい。
stars買いです。
stars非常に醒めた目で、相手の男や自分自身について眺める女性視点が印象に残る。
stars原作も読んでほしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL |  妻夫木聡 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『光と影の誘惑』
- 2007/12/09(Sun) -
貫井徳郎 『光と影の誘惑』(集英社文庫)、読了。

中編4編が収められた作品。
安定した面白さでした。

「長く孤独な誘拐」
息子が誘拐され、その犯人からの要求はある子どもを誘拐すること・・・
なんとも斬新な設定にぐいぐい読めました。
誘拐犯に指示されて動きまわるくだりは、一つ一つの指示に意味があり、
また伏線の張り方も面白かったですが、
若干、『誘拐症候群』を思い出してしまうところもありました。
結末の持って行き方は、貫井作品らしい救いのないものでした。

「二十四羽の目撃者」
本作は、謎ときのテイストに絞った作品でしたが、
トリックの弱さが腑に落ちませんでした。
サンフランシスコを舞台に米国人の保険屋の主人公と日系人の被害者という設定が
なかなか面白そうな雰囲気を醸し出していただけに残念です。

「光と影の誘惑」
最後のどんでん返しを読んで、それまでの各場面は
いったい物語のどの部分を描写していたのだろうかと
確かめるために再読したくなりました。
競馬場で声をかけて近づくという話は、どこかで読んだ記憶があって
そこに引っかかりを覚えてしまったのは残念でしたが、
あの結末なら、それも帳消しで満足です。

「我が母の教えたまいし歌」
父の死により、家族の秘密を知ることになった主人公。
これも、結末に驚きました。まったく予想していませんでした。
冒頭、母の臨終の場面から始まったのも納得。
ただ、家族の秘密をたどっていく場面で、
「父と母が姉を殺したのではないか」という推測をするシーンだけは、
リアリティがないように思えました。
いくら自分が知らなかった姉のことであり、姉と両親の関係に疑念があったとしても
自分の両親が殺人に関与しているなんてことを
何の証拠も無しに思ったりするのかな?と。
ミステリおたくならともかく、普通の大学生はそんな想像しないんじゃないでしょうか。
ま、それはともかく、家族の真実を知ってしまってから母の死までの間、
この主人公がどんな日々を送ったのか、知りたいと思いつつも、
想像するのは恐ろしいことです。


光と影の誘惑 (集英社文庫)
光と影の誘惑 (集英社文庫)貫井 徳郎

おすすめ平均
stars期待を込めて
starsあくまでも個人的な好みで星3つ
starsサプライズエンドだけが魅力じゃない
starsなるほどー。
stars地味な一冊だが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


誘拐症候群
誘拐症候群貫井 徳郎

おすすめ平均
starsキャラクター
starsスリリングな展開♪
stars第1弾よりパワーアップ
stars匿名性
starsシリーズ第2弾もなかなか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  貫井徳郎 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『ドラマチックチルドレン』
- 2007/12/08(Sat) -
乃南アサ 『ドラマチックチルドレン』(新潮文庫)、読了。

作家の名前だけで買ってきたら、なんとノンフィクション。
こんなジャンルに手を広げているとは知りませんでした。

非行や引きこもりの子供たちを預かる施設での毎日を記録した作品。

まずは、施設の主宰者・川又夫妻の働きぶりに驚くばかり。
そして、その献身はどこからやってくるのだろうと思うのですが、
そのあたりは詳らかにはされていません。

多くの少年少女が登場し、
生きるということはどれほど多様なことなのかを知らされます。

ただ、ノンフィクション作家の作品を読み慣れた身としては、
語り手がどこに視点・重点を置こうとしていたのかがイマイチ分かりづらかったです。
主宰者・川又の情熱を伝えたかったのか、
中心となる非常少女・恵を通して一人の人間が自分を掴む過程を伝えたかったのか、
世の中にはこんなにたくさんの課題を抱えた少年少女が居ることを伝えたかったのか・・・。

作家の問題意識がどこにあったのか、
そこが知れると、もっと考えさせる力を持った作品になったのではないかと思います。


ドラマチック・チルドレン (新潮文庫)
ドラマチック・チルドレン (新潮文庫)乃南 アサ

新潮社 1999-04
売り上げランキング : 367704

おすすめ平均 star
starノンフィクションも
star生きている心地

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  乃南アサ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『N・P』
- 2007/12/06(Thu) -
吉本ばなな 『N・P』(角川文庫)、読了。

ばななさん、お初です。

前半、なんだかとても読み難さを感じてしまいました。
一文一文は明快だし、リズムもあるし、なんでだろ?と思っていたのですが、
一文一文の距離感(行間というのでしょうか?)が
自分の感覚よりも離れているような感じだと思い到りました。
この一文の次にこれが来るの?と戸惑ってしまうというか・・・・。

次に来そうな文章や描写や登場人物を、なんとなく想像しながら読んでいると
その予想からちょっとズレたところから次の文章がやってくるような・・・・・。

そして、そのズレというのは、
登場人物たちの年齢関係をよく頭に入れないまま読み進めてしまっていた点にも
原因がありました。
庄司が40代で、風見は庄司と付き合っていた当時高校生で、でもって翠は??
というわけで、場面が頭の中に描き切れずに、
次の展開を迎えては、前のページをめくりまくるという、
なんとも忙しない読書でした。

キャラクター達は、非常にユニークで、
面白い行動を重ねていたのに、
なんだか落ち着いて読めずに残念でした。
また、いつか読みなおします。


N・P (角川文庫)
N・P (角川文庫)吉本 ばなな

おすすめ平均
stars初期の傑作
stars今はまだ。
starsN・P
stars書物をめぐる双子と異母妹の幻想世界へ
stars予感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  吉本ばなな | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『何用あって月世界へ』
- 2007/12/05(Wed) -
山本夏彦 『何用あって月世界へ』(文春文庫)、読了。

相当お久しぶりの山本夏彦翁。
なかなかブックオフでは出会えません。

で、やっと見つけた本作は、コラム集ではなく「名言集」。
一つの文章の中で毒舌を味わいたかったなぁと思いながらも、

「馬鹿は百人集まると百倍馬鹿になる」

なんて台詞を突きつけられたら、やっぱり「フフフ」と笑ってしまうのです。


何用あって月世界へ―山本夏彦名言集 (文春文庫)何用あって月世界へ―山本夏彦名言集 (文春文庫)
山本 夏彦 植田 康夫

文藝春秋 2003-07
売り上げランキング : 178842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  山本夏彦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『キンキーブーツ』
- 2007/12/02(Sun) -
『キンキーブーツ』

かつて内村さんが映画館へ見に行ったという話をしていたような・・・
WOWOWで放送されていたので、観てみました。

私の好きな英国コメディ。
舞台はやっぱり、さびれた片田舎(苦笑)。
そこに物語を動かす活性剤として投入されるのはドラァグクイーン・ローラ。

ローラ、良いキャラクターしてますわ。
言葉遣いのセンスと緩急をつけたしゃべり方、それに大振りの身振り手振りが最高。
また、強烈な視線がとても印象に残りました。
ショーでの表情のメリハリが完璧です。
音楽も良かった!

一方で、ストーリー展開では、ちょっと不服。
登場人物たちの思いが変化する転機となる出来事の描き方が
分かりにくかった気がします。
転機となった事象は画面に出ていても、
特にどの台詞、どの態度、どのオーラに、どのように、どの程度、突き動かされたのか、
「これ!」というポイントが絞れていないように感じました。

でもって、結末は予想できましたが、それでもショーのシーンはお見事。
楽しく見られました。
サントラ、欲しいかも。


キンキーブーツ
キンキーブーツジョエル・エドガートン キウェテル・イジョフォー ジェーン・ポッツ

おすすめ平均
starsブーツがsex1?
starsキンキーブーツって
starsいい映画でした〜
stars観れば無言でMY永久保存棚直行!
starsThree cheers for the Diva

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キンキー・ブーツ・オリジナルサウンドトラック
キンキー・ブーツ・オリジナルサウンドトラックサントラ キウェテル・イジョフォー ニーナ・シモン

カッティング・エッジ 2006-08-16
売り上げランキング : 13211

おすすめ平均 star
starセンスピカピカ!! 映画も音楽もすごくイイ。
star工場と職人たちが実にいい味を出しています
star素敵な音楽が満載です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『なぜ社員の意識は変わらないのか』
- 2007/12/02(Sun) -
酒井英之 『なぜ社員の意識は変わらないのか』(PHP研究所)、読了。

具体的な事例が豊富で、
イメージがつかみやすい構成になっていました。

ただ、事例として挙げられているのは、中小企業が多かったように感じました。
創業者の鶴の一声でユニークな施策が実施でき、
上意下達の進度も速いような印象です。

同じことを、1000人規模の会社、
しかも企業グループ内のある一企業で行おうとした場合、
どのようなアプローチの方法があるのか、
そこまではイメージできませんでした。

そこは、じっくり研究します。

なぜ社員の意識は変わらないのか―「勝ち組」企業の現場に学ぶ6つの人材育成法則
なぜ社員の意識は変わらないのか―「勝ち組」企業の現場に学ぶ6つの人材育成法則酒井 英之

PHP研究所 2003-05
売り上げランキング : 117505

おすすめ平均 star
star成功事例が多く、わかりやすい
star本書のレビュー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『飼猫ボタ子の生活と意見』
- 2007/12/01(Sat) -
曽野綾子 『飼猫ボタ子の生活と意見』(河出文庫)、読了。

曽野綾子のネコシリーズ。

『ボクは猫よ』
は面白く読んだのですが、
本作は、いまいち乗りきれず・・・。

猫になんだかんだ言わせることが
ちょっとくどいように感じました。

雌だったのが良くなかったのかな?


飼猫ボタ子の生活と意見 (河出文庫―文芸コレクション)
飼猫ボタ子の生活と意見 (河出文庫―文芸コレクション)曽野 綾子

河出書房新社 1997-04
売り上げランキング : 49524

おすすめ平均 star
starボタ子から言わせれば人間なんて何にもわかっていないのです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボクは猫よ
ボクは猫よ曽野 綾子

文芸春秋 1985-04
売り上げランキング : 133228


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  曽野綾子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |