『第一阿房列車』
- 2007/09/30(Sun) -
内田百 『第一阿房列車』(新潮文庫)、読了。

以前、神田の古本屋で見つけた三笠書房の『阿房列車』は
三千円近い値が付いていて、手が出せませんでした。

ところが、新潮文庫で出ているのをブックオフで発見!
100円で読めることに感謝!!

紀行文の名作とされているようですが、
私には、なによりもヒマラヤ山系くんとの会話が面白くてたまりません。
ボケにボケを重ねるくせに広がらない会話・・・。
しかもそのやりとりを還暦のお爺ちゃんと、若い国鉄マンがやっているのですから、
何とも言えない味わいがあります。

そして、紀行文とされながらも、百先生、相当な毒舌。
観光は行き渋るわ、温泉は好きじゃないわ、宿の朝食は食べないわ、
食べたら食べたで8割がたは「まずい」のひと言。
褒めることがほとんどないのに、旅はなんだか楽しそうです。

「無用の旅」ができるほど、
どーんとした心構えの人間になりたいですが、
まだまだその境地には至れなさそうです。


第一阿房列車 (新潮文庫)
第一阿房列車 (新潮文庫)内田 百けん

おすすめ平均
stars国鉄1950年代
stars近代紀行文学の代表作?!
stars列車に乗る心
starsなぜか眠くなる本。
stars重厚且つ軽妙

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  内田百 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』
- 2007/09/29(Sat) -
中島らも 『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』(集英社文庫)、読了。

疲れた頭で読めるものを・・・
ということで、この1週間、この本を少しずつ読み進めていました。
無軌道な青春時代に、なぜか気持ちがホッコリする本でした。

灘高に入学する知識を持ちながら(しかも8番!)、
どんどん落ちこぼれていくらも少年。

でも、落ちこぼれても相当な知識はあるので
社会・世間を見る目はどこか皮肉で自虐的。

2ページずつ淡々とつづられた青春の日々。
その簡潔さが、二度と戻らない感じを出していて、味わい深いです。


僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)
僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)中島 らも

おすすめ平均
starsロックな青春記
stars中島らもの視点の原点
starsうらやましい青春
stars試験に落ちる夢
stars作家の自己批評能力って・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  中島らも | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いろいろやっちゃった・・・
- 2007/09/29(Sat) -

10月1日付で新会社を立ち上げるプロジェクトに関わっているのですが、
大詰めのこの一週間、相当疲れました。

朝6時出勤~夜12時退勤の18時間労働続きで
片道一時間かけて通勤しているのがバカみたい・・・・。
お昼もろくに食べられないし・・・。

てな状態でしたので、
ウンナンさん関連のテレビ、尽くフォロー失敗しました。

「イロモネア」録画逃した・・・。

番線番組も逃した・・・。

どなたかダビングしていただけませんか・・・哀願懇願。

この記事のURL | 日常 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
『南の島のティオ』
- 2007/09/24(Mon) -
池澤夏樹 『南の島のティオ』(文春文庫)、読了。

あんまり「児童文学」という区分けは好きではないのですが、
そう呼ばれているジャンルの作品を久々に。

冒頭の「絵はがき屋さん」から惹き込まれました。
「ナイスデイ絵はがき会社のピップさん」だなんて、
すでに名前からしてファンタジーです。
受け取る人が必ず訪ねてくるという魔法のような絵はがきを作る
ピップさんのお話は、おとぎ話のようでありながら、
どこかにそういう絵はがき屋さんがいるんじゃないかと期待させてくれる一編。

そして、結末にある重みは、この短編集全体の底辺を流れています。
カラッとした南の島の出来事の根底に流れる悲しみのようなもの。
自然を相手に島に生きる人々の試練のようなもの。

ところで、この冒頭の絵はがき屋さんの話をベースに
連作短編が展開されるのかと思いきや、
個々のお話は独立していたので、そこはちょいと肩透かし。

私が個人的に好きだったのは「帰りたくなかった二人」。
なんだか、小笠原を思い出しちゃいました
行くと帰りたくなくなる島・・・。
小笠原をはじめ、島には予定外の長期滞在をしている方も良くお会いします。
でも、私は、小笠原なら帰ってこなくなることは無いな。
遠くて行き来に時間がかかるとはいえ、
日本だし、東京のテレビが見られるし、携帯電話もつながるし、
やっぱり東京の一部。
本作の南の島ぐらい地政学的に離れてないと、
今の日常を捨てることなんて出来ないなぁ・・・。

南の島のティオ (文春文庫)
南の島のティオ (文春文庫)池澤 夏樹

おすすめ平均
stars
stars読者の想像力をちくちく、ぴくぴく刺激する。
stars魅力溢れる短編集
stars私にも1枚、絵葉書を下さい
stars読みたいけど読み終わりたくない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  池澤夏樹 | CM(0) | TB(3) | ▲ top
『汝みずからを笑え』
- 2007/09/24(Mon) -
土屋賢二 『汝みずからを笑え』(文春文庫)、読了。

朝早くに目が覚めて、
「眠いなぁ」と寝っ転がりながら読める本をば・・・ということで本作を。

いい加減、ギャグのくどさとワンパターンさに飽き飽きしてもいい頃なんですが、
ついつい助手との会話を読みたくて手を伸ばしてしまいます。

助手との会話だけで一冊作ってくれませんかねぇ。


汝みずからを笑え (文春文庫)
汝みずからを笑え (文春文庫)土屋 賢二

おすすめ平均
starsちょっとやりすぎ?
stars題名から「汝」を取れば、この本の内容を示す。
stars土屋ワールド
stars文庫本だから買ったのです
stars柴門ふみ の恩師

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  土屋賢二 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『トリプルX』
- 2007/09/23(Sun) -
『トリプルX』(2007年9月23日EX放送)

スカッと爽快アクション映画。
ストーリーなんてそっちのけ。
(たぶん、ストーリー考え始めたら疑問点だらけ)

オープニング~カフェに至る「テスト」における展開のテンポの良さが最高。
逆に、潜入本番になるに従って、アクションが冗長になっていったかも。
麻薬の拠点でのバイクシーンやスノボの雪崩のシーンとか。
それに、雪崩のシーンは、どんなにスノボ技術が優れていても
CGの雪崩に目が行っちゃうので、マイナスポイントか。

そして、ヴィン・ディーゼルの熊みたいな顔、意外と好きかも。
さらに、アーシア・アルジェント綺麗でした。
登場シーンでは、画面が暗かったせいか、
「肌の汚い女優さんだな(超失礼!)」と感じたのですが、
陽の当たるシーンが多くなるにつ入れて、美人だということが分かりました。
それとも、この変化は、彼女の素性が判るにつれての演出かな?

あと、何でもできちゃう武器の数々は、ちょっと興ざめ。
X-GAMESのノリで行くなら、『007』みたいに変な武器には頼らずに
肉体美で押して欲しかったです。
でも、あの武器マニアのエージェント良いキャラしてた。

トリプルX
トリプルXヴィン・ディーゼル アーシア・アルジェント サミュエル・L・ジャクソン

おすすめ平均
starsディーゼルの魅力
starsアクション好きならば観るべし!
starsスノボ野郎が007をやっちゃった。ヴァンディーゼルもよいけど、アーシアちゃんにぞっこん。
starsすごいアクションです
starsまあまあ・・かな・・面白くない、ことはないけど・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『プリンシプルのない日本』
- 2007/09/23(Sun) -
白洲次郎 『プリンシプルのない日本』(新潮文庫)、読了。

以前、明石家さんまさんが白洲次郎をテーマにした特番をやったことがあり、
「なんなのこの組み合わせは?」と奇怪に感じてから
白洲次郎氏が気になっておりました。
(結局さんまさんの番組は観ませんでしたが・・・)

で、偶然見つけたこの本で、どんな人物か勉強してみました。

やっぱりGHQの占領政策について語らせると、非常に興味深いです。
裏側までよく知っている人間が、歯に衣着せず批評するのですから。

しかし、戦後の政策についての話になると
同時代を生きていない私には、ちんぷんかんぷんな部分も多く、
そもそもの憤りの対象である出来事自体が分かりませんでした。

本人の手による文章よりも
第三者による白洲次郎伝のほうが、素人には理解しやすかったかもしれません。

戦中戦後における白洲次郎の活躍に限定した作品を
次は読んでみたいですね。

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)
プリンシプルのない日本 (新潮文庫)白洲 次郎

おすすめ平均
stars伝説になった男の残した諸稿
stars原則を貫く難しさ
stars本来の読み方は?
stars歯切れのよいプリンシプル
stars難しいけれど、面白い。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Something There
- 2007/09/23(Sun) -
「手ごろに読める本を2~3冊・・・」
というつもりでブックオフへ行ったのですが・・・・

いつものように105円棚を「あ」から順番に見ていたら
なんと有線で「Something There」が!!
ファンながら久々に聴きました(苦笑)。

で、「重みがあっていい曲よね~」なんて聞き入っていたら
いつの間にか選んだ本が手元に十数冊・・・。
結局、今日もたくさん買い込んでしまいました。

家に帰って、ただ今InterFM聴きながら本の整理してます。
Marvin最高~!


CODE NAME1.BROTHER SUN
CODE NAME1.BROTHER SUNCHAGE&ASKA

おすすめ平均
stars最高傑作!
stars1曲1曲は相当よいのだが
stars重厚な完成度
starsone of their masterpieces!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

The Joni LettersThe Joni Letters
Herbie Hancock

Verve 2007-09-25
売り上げランキング : 1188

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『阿修羅のごとく』
- 2007/09/22(Sat) -
向田邦子 『阿修羅のごとく』(文春文庫)、読了。

有名脚本家とは知りながら、
これまでドラマも映画も本も触れたことがありませんでした。
お初です。

年老いた父親に愛人がいたことが発覚し右往左往する四姉妹の物語。
会話のシーンにリズムがあってウィットに富んでいるので
楽しみながら読み進めることができました。
また、印象的な瞬間がところどころにあって、
パジャマに腹巻の夢とか、卵の黄身がどろりと流れるシーンとか
「さすが売れっ子テレビ脚本家!」と感じ入りました。

ただ、会話以外の地の文がト書きのようなそっけなさも感じられ、
「書き込みが足りないんじゃないの?」と不満に思うことも。
しかしそれは、表紙の「向田邦子『原作』」という文字を見つけて氷解。

要は、脚本起こしだったのね・・・。

本作は、数年前に、大竹しのぶ主演で映画化されていて、
公開当時も見に行きたいなと思っていたのですが、
これはやっぱり本でよりも映像で見るべきだったかな?
脚本家先生としては、映画で評価された方が本望かもしれませんね。


阿修羅のごとく (文春文庫)
阿修羅のごとく (文春文庫)
おすすめ平均
stars家族だから。
stars日常と背中合わせの非日常性。
stars女に生まれて良かったと思いました。
stars物語の全貌がわかりました
stars向田邦子“原作”ってとこが注意ですね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

阿修羅のごとく
阿修羅のごとく大竹しのぶ 黒木瞳 深津絵里

おすすめ平均
starsつづれ織りのごとく
stars女は阿修羅
stars原作世代ではないので
stars新しさがどこにあるのか
stars・・・的な

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  向田邦子 | CM(2) | TB(2) | ▲ top
『死因』
- 2007/09/17(Mon) -
パトリシア・コーンウェル 『死因』(講談社文庫)、読了。

久々の検屍官ケイ・シリーズをば。
見事に作品の順番を無視して読んでますが(苦笑)、
古本屋で見つけた順ですから、止む無し。
本作でも、いつの間にかウェズリーやルーシーの身に大きな変化が訪れてました。

さて、内容ですが、カルト教団ニュー・シオニストの影がちらつく
ケイの周辺人物が狙われた不審死事件。
物語の展開はいつもながらに面白いのですが、
カルト教団の描き方が薄っぺらい気がしてなりませんでした。
オウム真理教関連の本やカルト教団をテーマにした濃厚なフィクションを
これまでに読んだことがあったので、どうしても比較してしまうようです。

また、最後は、大規模なテロ行為につながっていくのですが、
正直なところ、検屍官が主人公である作品が手に負える規模を
超えてしまっているんじゃないかと苦笑。

登場してくるキャラクターや会話の応酬、捜査の進め方などは楽しめるのですが、
作品全体の仕上がりとしては、大味な気がしました。


死因 (講談社文庫)
死因 (講談社文庫)Patricia Daniels Cornwell 相原 真理子

講談社 1996-12
売り上げランキング : 20195

おすすめ平均 star
star宗教モノ
star現実みを小説に与える多発する事件

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アンダーグラウンド (講談社文庫)
アンダーグラウンド (講談社文庫)村上 春樹

おすすめ平均
stars「職業倫理」という言葉が心に残った
stars「本の厚さ」に隠された村上春樹の「したたか」な狙い・・・
stars家庭の幸福がカルトの敵
stars情景が伝わってくる
stars直接は関係ないけど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オウム帝国の正体
オウム帝国の正体一橋 文哉

おすすめ平均
stars結論なしの読む価値なし、低知性の著者
stars加筆が必要
starsオウム事件の背景、国際的陰謀と闇社会・政治家の利権
stars確かにオウムに存在する闇の深さが不気味。
stars村井刺殺犯・除受刑者は北のスパイだった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

慟哭 (創元推理文庫)
慟哭 (創元推理文庫)貫井 徳郎

おすすめ平均
starsおもしろいけど…
stars文章は上手いが、手法的な古さを感じる。
starsインパクトのあるタイトル
stars人間の内面
stars「慟哭」、表題を見ただけで買った。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  P.コーンウェル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ