『おんな飛脚人』
- 2017/04/28(Fri) -
出久根達郎 『おんな飛脚人』(講談社文庫)、読了。

久々に出久根さんです。

江戸時代末期、飛脚商売を営む商家が舞台です。
主人が肺病に倒れ、従業員が恐れて出て行ってしまった飛脚業の十六屋。
そこに新たに採用された清十郎とまどかの目線で語る飛脚業。

本作は、時代物というよりも、お仕事モノとして面白かったです。
飛脚という仕事が、庶民、特に商いに携わる人々の中で、
どれだけ重宝されていたかが活き活きと描かれています。

さらには、新しい飛脚業のあり方を模索していくという流れが
時代が変わる転換点を見ているようで、興味深かったです。
ま、ペリー来航の頃の時代を描いているので、
明治維新を経て、郵便業が始まるまで間もない頃ではありますが。

そして、サイドストーリーの、まどかの母親探しに関しては、
私としては予想外の結末になっており、新鮮な気持ちで読めました。
当時の時代背景からすると、そういうことも、まま起きたのでしょうね。

それほど大きな出来事が繰り広げられるわけではないですが、
幕末の江戸の商いの様子を知ることができ、
興味深い読書となりました。


おんな飛脚人 (講談社文庫)おんな飛脚人 (講談社文庫)
出久根 達郎

講談社 2001-08
売り上げランキング : 1135218

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『行蔵は我にあり』
- 2014/07/23(Wed) -
出久根達郎 『行蔵は我にあり』(文春新書)、読了。

タイトルの意味は良く分からないまま、
出久根さんが多数の先達を紹介している本のようだったので
とりあえず買ってきました。

先行して『百貌百言』という本が出ているようで、本作はシリーズ2作目。
というわけで、人選が輪をかけてマニアックです。
半分以上、知らない人でした。

ただ、新書2ページの分量の中で、
全く無駄な情報を加えず、その人の人物を表すエピソードや言葉、詩句で、
一気に描き上げます。

その力量たるや流石。
知らない人物でも、「へぇ、こんな日本人が居たのか」と興味をそそられます。

こりゃ、著者が紹介したい本命中の本命が載っているであろう
シリーズ1作目を読まねばなりませんね。


行蔵は我にあり―出頭の102人 (文春新書)行蔵は我にあり―出頭の102人 (文春新書)
出久根 達郎

文藝春秋 2004-10
売り上げランキング : 807166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『波のり舟の』
- 2012/05/16(Wed) -
出久根達郎 『波のり舟の』(文春文庫)、読了。

どうにも乗り切れないまま終わってしまいました。

まず、江戸っ子言葉が読みにくい(苦笑)。
時代小説を読みなれていないせいなのか、
それとも佃島という地域と特有のものなのか判断がつきませんが、
読んでいる側のテンポと文章のテンポが合わずに苦労しました。

そして、日常で起きる事件の解決を
渡し舟の守役・正太、もしくはその周囲の人々が担うのですが、
事件そのものの建て付けが何とも緩い感じがして、
小説としての物語展開も、甘甘な感じを受けました。

というわけで、なんだか締りの無いままに読み終わってしまった感じです。

どうも、この著者の時代小説は、あまり好みに合わないような気がしてきました。


波のり舟の―佃島渡波風秘帖 (文春文庫)波のり舟の―佃島渡波風秘帖 (文春文庫)
出久根 達郎

文藝春秋 1999-07
売り上げランキング : 1128280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『たとえばの楽しみ』
- 2011/11/26(Sat) -
出久根達郎 『たとえばの楽しみ』(講談社文庫)、読了。

難しい本の後は、お気楽エッセイをば。
古本、もしくは古本屋にまつわるエッセイです。

軽妙な語り口はさすがです。
そして、古本屋稼業ならではの視点が、やはり面白い。
本の評価の仕方とか、お客さんに対する人間観察とか。

後半は、書評のようなエッセイも多く、
いろいろ読みたい本リストの収穫にもなりました。

こんな本を読んでしまうと、また、ついつい古本屋に行ってしまって、
積読タワーが伸びたり増えたり、部屋の中で成長してしまうのですよねぇ・・・・。


たとえばの楽しみ (講談社文庫)たとえばの楽しみ (講談社文庫)
出久根 達郎

講談社 2000-01
売り上げランキング : 867133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『漱石を売る』
- 2011/07/22(Fri) -
出久根達郎 『漱石を売る』(文春文庫)、読了。

古本屋主人としてのエッセイ集。
オーソドックスな出久根エッセイで、楽しめました。

古本を売る人、古本を買う人
それぞれの視点で本を愛する人が描かれていて、
共感や憧れを抱いてしまいます。

一方で、時々、本とは縁の無さそうな人も登場し、
そういう人にとって古本はどのように見えているのかということも知ることが出来、
興味深かったです。

本作中で、安易に古本屋に憧れることをたしなめていますが、
でも、やっぱり、憧れてしまいます!


漱石を売る (文春文庫)漱石を売る (文春文庫)
出久根 達郎

文藝春秋 1995-09
売り上げランキング : 908511

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『御書物同心日記』
- 2010/10/28(Thu) -
出久根達郎 『御書物同心日記』(講談社文庫)、読了。

久々の出久根作品は時代もの。
でも、やっぱりテーマは「書物」ということで、
将軍様の大事な書庫を預かる御書物同心が主人公です。

裏表紙には「角一郎がやってきたときから、奇妙な事件が相次いだ」・・・
となっていますが、大した事件は起こりません。
そこは、屈指のストーリーテラー宮部作品のような展開を期待してはいけません(苦笑)。

御書物同心という職務や、江戸の風俗を紹介するような内容の作品で、
タイトル通り、「日記」を読んでいるような印象です。

万人受けする小説ではないと思いますが、
本好きには堪らないお話ですね。


御書物同心日記 (講談社文庫)
御書物同心日記 (講談社文庫)出久根 達郎

講談社 2002-12-13
売り上げランキング : 120762

おすすめ平均 star
star著者ならではの舞台設定
starううむ、この主人公は病気だ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元禄御畳奉行の日記―尾張藩士の見た浮世 (中公新書 (740))
元禄御畳奉行の日記―尾張藩士の見た浮世 (中公新書 (740))神坂 次郎

中央公論社 1984-09
売り上げランキング : 145091

おすすめ平均 star
star垣間見える普通の江戸の暮らし
star今から300年前の名古屋の風景
star生の江戸時代の文化に驚愕。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  出久根達郎 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
『今読みたい読めない本』
- 2009/05/16(Sat) -
出久根達郎 『今読めない読みたい本』(ポプラ社)、読了。

この方の本を読むたびに、
古本屋という商売に憧れます。

日々研鑽を求められる大変な職業だと思いますが、
値決めひとつで大儲け・大損という賭け事じみたところもあり、
知性と商売人魂がミックスされた面白い商売です。

本作でも様々な本が紹介されていますが、
「面白そうだな」と思った本は、どれも昭和20年代の発刊で、
見つけるのはなかなか大変そうです。
見つけられたとしても安くは無さそうだな・・・・という。

いつか神保町で出会えることを楽しみにしながら。


今読めない読みたい本
今読めない読みたい本出久根 達郎

ポプラ社 2003-03
売り上げランキング : 691813

おすすめ平均 star
star一行を見つける眼力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『粋で野暮天』
- 2006/06/15(Thu) -
出久根達郎 『粋で野暮天』(文春文庫)、読了。

「古書店の小僧時代から現在に至るまで、
筆者が出会った古今東西の名作珍本を一挙公開!」

裏表紙の言葉どおり、
面白そうな本が多数紹介されており、興味深く読みました。

『近代日本職業事典』なんて大そう心惹かれるのですが、
古本屋で安価で見つけるのは至難の業でしょうかね?


粋で野暮天
粋で野暮天出久根 達郎

文芸春秋 2001-07
売り上げランキング : 397779


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『思い出そっくり』
- 2006/03/11(Sat) -
出久根達郎『思い出そっくり』(文春文庫)、読了。

この作者の作品は5作目ですが、
やはり本のお話が多くて楽しく読めました。
古本好きには堪らないですね。
ちょっとした豆知識を挟んで話が急展開していき、
巡り巡って元のところに戻ってくるのが快感です。

思い出そっくり
思い出そっくり出久根 達郎

文藝春秋 1997-03
売り上げランキング : 1,111,721


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |