『ショートショートの花束5』
- 2016/03/04(Fri) -
阿刀田高 『ショートショートの花束5』(講談社文庫)、読了。

『小説現代』誌上で行われている、ショートショートのコンテストの入賞作品をまとめたもの。
選者が、阿刀田高氏です。

面白い発想や着眼点の作品が多かったのですが、
しかし、アイデアだけでは、小説として読んで面白いとは限らないということを再認識しました。

やはり、読ませる文章力、読み手の想像力を掻き立てる文章運びというものが
小説としては大事なのだなと。

例えば、主人公が男性なのか女性なのか、途中まで誤解していた作品というものが結構ありました。
中には意図的に紛らわしく書いているものもあったのかもしれませんが、
大半は、性別はオチとは関係のないものであり、性別を誤解してしまうというのは、
リーダー・フレンドリーではない文章ということなのだろうと思います。

「あれ?この人、男性じゃなかったんだ!?」と戸惑っている間に、
ショートショートなので、オチが来てしまい、話が終わってしまいます。
これでは、せっかくのアイデアに意識が十分に届かないままです。

これを思うと、すらすらと読ませる阿刀田作品は、やはり文章力があり、
また、エヌ氏、エス氏により主人公の個性を極力排除した星新一の工夫は、
意味のあることなんだなとよく分かりました。


ショートショートの花束5 (講談社文庫)ショートショートの花束5 (講談社文庫)
阿刀田 高

講談社 2013-04-12
売り上げランキング : 109689

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『殺し文句の研究』
- 2015/07/23(Thu) -
阿刀田高 『殺し文句の研究』(新潮文庫)、読了。

久々に阿刀田作品をば。
短編集だと思って読み始めたら、エッセイ集だったという罠(爆)。

でも、センセイの半生だったり、創作の方法だったりを読めて、
結構面白かったです。

後半は、著者が文筆業となるきっかけとなった「殺し文句の研究」を
改めて行ってみたもの。

ウィットに飛んだ文章が短い中にまとまっていて、小気味よいです。
阿刀田エッセイの真髄ですね。


殺し文句の研究 (新潮文庫)殺し文句の研究 (新潮文庫)
阿刀田 高

新潮社 2004-12
売り上げランキング : 522987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『夜の旅人』
- 2013/04/20(Sat) -
阿刀田高 『夜の旅人』(文春文庫)、読了。

短編小説の名手が書いた初の長編小説とのこと。
直木賞受賞作『ナポレオン狂』のモデルとなった人物の半生を描いているということで、
わたくし、てっきり創作だと思っていたので、実在する人物の伝記だとわかり、
やや拍子抜け。

『ナポレオン狂』的なエンターテイメントを求めて読み始めてしまったので、
あら、残念、勘違い。

ゲーテ関係の品の蒐集に熱を上げる姿を描いていますが、
その熱意の割には淡々とした描き方なのが気になりました。
ゲーテを集める!という思いに至った瞬間の描写もあっさりしてますし、
その後、なぜ私が蒐集する意味があるのかという葛藤の部分も
もっとあったのではないかと思ってしまいました。

主人公の心理描写があっさりしている分、
著者が本編に登場してきて対話をするという構成は、
逆に凝りすぎて空回りしているような印象でした。

あとがきを読んで、著者とモデルの人との約束が分かり、
上記のような構成になった経緯は理解できましたが、
果たして成功していたのかは、私はやや疑問でした。

城山三郎作品などをいくつも読んでいると意識しなくなってしまうのですが、
伝記というものを生き生きと描くのは相当な技術が要ることなのだと再認識しました。


夜の旅人 (文春文庫)夜の旅人 (文春文庫)
阿刀田 高

文藝春秋 1986-10
売り上げランキング : 777064

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ナポレオン狂 (講談社文庫)ナポレオン狂 (講談社文庫)
阿刀田 高 尾崎 秀樹

講談社 1982-07-15
売り上げランキング : 22019

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『こんな話を聞いた』
- 2011/12/25(Sun) -
阿刀田高 『こんな話を聞いた』(新潮文庫)、読了。

「こんな話を聞いた・・・・」で始まる18編。

いずれも、「こんな話」という小話が冒頭にあり、
そのモチーフを生かした現実世界での話が語られます。
それは、落語のまくらのように、読むものを物語の世界へと導いてくれます。

阿刀田作品らしく、最後に冷んやりとした一行を投げ込んでくるものや、
意外とほのぼのとした終わり方をするものまで、
バラエティにとんだ短編集となっています。

冒頭の小話が「そうつながるのか!」と驚かしてくれるものもあれば、
「こういうオチになるんだろうな・・・」と読めてしまうものは、
みなまで言い切らない形でうまくフェードアウトさせます。
そのテクニックもお見事。

いろいろ詰まった一冊になっています。


こんな話を聞いた (新潮文庫)こんな話を聞いた (新潮文庫)
阿刀田 高

新潮社 2007-08
売り上げランキング : 264255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
『影絵の町』
- 2011/10/27(Thu) -
阿刀田高 『影絵の町』(角川文庫)、読了。

お手軽短編小説を・・・ということで、阿刀田作品です。

「影絵の町」と「銀座スクランブル」という大きく2つのテーマの下で、
短編がつづられていきます。

あまりパンチの効いた作品はなく、
むしろ、ゆるやかな気分で読めるお上品な掌編といったところでしょうか。

「影絵の町」では、日本各地の地方都市が舞台になっており、
ちょっとした小旅行気分が味わえます。

そんな中、気になってしまったのは、「観光地をタクシーを使って回る」という行為。
私は、こういう旅行の仕方をしたことが無いのですが、
結構一般的なものなのでしょうか?
それとも、例えば、一定の年齢以上の方に特徴的なものとか?!

どの人物も、みんなタクシーで巡っているので、
旅行者ってそんなものなの??と疑問に思ってしまいました。

地方のバスに乗るとか、電車に乗るとか、とにかく歩くとか、
そういう楽しみ方を選ぶ人も多いと思うんだけどなぁ。



影絵の町 (角川文庫)影絵の町 (角川文庫)
阿刀田 高

角川書店 1989-08
売り上げランキング : 1561729

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『お笑いを一席』
- 2011/07/11(Mon) -
阿刀田高 他 『お笑いを一席』(新潮文庫)、読了。

一流作家たちが創作落語に挑戦というので、買ってきました。

阿刀田高、井上ひさし、野坂昭如など、大御所揃いなので
期待して読み始めたのですが・・・・・・・
いやはや、結構お下劣なネタが続いて、しんどかったです。

当然、古典落語にも下ネタ系の噺はありますが、
そこには色気や粋が感じられて、洒落の中で笑えるんですよね。

でも、本作に収録されたネタは、
グロさの方が目に付いてしまって、あまり笑えず・・・。
噺家さんが演じれば、笑えるようになるのでしょうかね?

あと、落語の態をなしているのか、若干疑問な作品も。
そういう点では、阿刀田作品が、マクラからオチまで、
落語としての型をきちんと守っていて、噺家さんが演じている姿を想像しながら
読むことが出来ました。


お笑いを一席 (新潮文庫 あ 7-1)お笑いを一席 (新潮文庫 あ 7-1)
阿刀田 高

新潮社 1981-09
売り上げランキング : 1036305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『朱い旅』
- 2011/05/20(Fri) -
阿刀田高 『朱い旅』(幻冬舎文庫)、読了。

結構、長い間、積読にしていました。
裏表紙の紹介文に、自分探しの旅のような内容が書いてあり、
内向的で重い作品だといやだなぁ・・・・・と二の足を踏んでいました。

が、読み始めたら、一気読み!

メインストーリーは、自分の出自について両親を疑い、
そこに自動車事故や自殺が絡んでくるので、
たしかに重苦しい設定ではあるのですが、
その謎解きをしながら、主人公が各地を旅する様子が織り込まれ、
息苦しさは感じません。

また、妻とのウィットにとんだ会話が気分転換になり、
非常に構成がうまい作品だと思いました。

登場人物たちの配置もお見事。
阿刀田長編の中で、非常にできの良い作品のひとつだと思います。


朱(あか)い旅 (幻冬舎文庫)朱(あか)い旅 (幻冬舎文庫)
阿刀田 高

幻冬舎 1998-04
売り上げランキング : 1320595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジロドゥ戯曲全集〈1〉ジークフリート、アンフィトリオン38ジロドゥ戯曲全集〈1〉ジークフリート、アンフィトリオン38
ジロドゥ 内村 直也

白水社 2001-07
売り上げランキング : 1037075

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『黒い自画像』
- 2011/05/14(Sat) -
阿刀田高 『黒い自画像』(角川文庫)、読了。

久々に王道の阿刀田短編集。
これはレベルが高かったです。

主人公が、なんらかの形で自分の過去を振り返る。
しかし、その過去は、夢うつつの不思議な世界。
果たして本当に体験したことなのか・・・。
その真実が、現在起きた出来事によって明かされる。

どの短編も、基本構成はこんな感じでしょうか。
この夢うつつ感と、今の現実感のバランスが良かったです。

また、普段の阿刀田作品では、女性が主人公の場合、
その心情や言葉遣いの描写に古臭さを感じることが多かったのですが、
本作では、若い女性の心情描写も、ものすごく自然に読めました。

最後の数行でケリをつける得意の技術も
ますます磨きがかかったように感じました。


黒い自画像 (角川文庫)黒い自画像 (角川文庫)
阿刀田 高

角川書店 2006-08
売り上げランキング : 804269

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『頭の散歩道』
- 2011/04/19(Tue) -
阿刀田高 『頭の散歩道』(文春文庫)、読了。

数字遊びや言葉遊びについて、いろいろ紹介する本。

清水センセのこの手の本は面白く読めたのですが、
どうも、阿刀田センセの本は、理屈っぽく感じてしまいます。
阿刀田作品は、この本に限らず、結構、インテリ臭がキツイからでしょうか。
それとも、西原画伯のおかげなのかなぁ?

回文を自作してみるくだりでは、
よくまぁ、こんなことに時間をかけるなぁ・・・というぐらいに
力作が並んでいます。
でも、私の中では、回文の最高峰は「冷凍トイレ」(笑)。


頭の散歩道 (文春文庫 (278‐3))頭の散歩道 (文春文庫 (278‐3))
阿刀田 高

文藝春秋 1983-02
売り上げランキング : 937248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿刀田高 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『花惑い』
- 2010/03/24(Wed) -
阿刀田高 『花惑い』(角川文庫)、読了。

男女の機微を描いた作品は、
どうしてもソフトな印象になってしまって、
阿刀田作品の中では、私には刺さりにくいジャンルです。

本作も、然り。

最後の一行でのどんでん返しや、
ホラー系のゾクッとする感じからすると、
どうしても物足りなさを感じてしまいます。

私が、お子ちゃまなんでしょうかね。

でも、男性が女性をどのように見ているのか、
視点のアプローチがわかって、興味深かったです。


花惑い (角川文庫)
花惑い (角川文庫)
角川書店 1991-01
売り上げランキング : 1677080


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  阿刀田高 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ